こんなところも進化!便利さがアップした新型フィット4の注目装備&アイテム

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが備わるなど、先代モデルよりも使い勝手の良いクルマに仕上がっていました。

また、新しく生まれ変わったこの新型モデルを隅々まで見てみると、「えっ!?こんな機能&アイテムも進化をしたの!?」と、ビックリ!

先代モデルとは比べ物にならないほど、使い勝手の良いクルマになっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)を確認して、先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなったと感じた注目のアイテムは、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、新しく生まれ変わった新型モデルの注目のアイテム&装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

サンバイザー【新型フィット4の注目の装備1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)で良い意味でビックリしたアイテム&装備の一つが、太陽の光が眩しい時に使用をするサンバイザーです。

■新型フィット4のサンバイザー

この新型モデルのサンバイザーで良いと思ったのが、裏側に備わってるミラー(バニティミラー)の使い勝手の良さです。

先代モデルでもサンバイザーの裏側にミラー(バニティミラー)が備わっていました。

■先代モデルのサンバイザー

しかし、先代モデルのミラー(バニティミラー)には、ライトが用意されていなかったんですよね。なので、暗くなると、ミラーを使うことができなかったんですよね。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ミラー(バニティミラー)にライトが組み込まれました。そして、カバーを横にスライドすると、ライトが点灯。

■ライトを点灯時のバニティミラー

コンパクトカークラスだと、ライト付きのバニティミラーを備えているクルマって、意外と少ないんですよね。

このように上位モデルのクルマに備わっている機能や装備が備わっているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の良いところの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ライト付きのバニティミラーが備わっているのは、中間モデルの”ホーム(HOME)”以上のグレードです。最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”では、ライト付きのバニティミラーの用意はないので、ご注意くださいね。

シートバックポケット【新型フィット4の注目の装備2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の装備&アイテムで良いと思ったのが、フロントシートの裏側に備わるシートバックポケットです。

■新型フィット4のシートバックポケット

この新型モデルでは、センターコンソールの後方にUSBポートが備わったこともあり、スマホやiPhoneを収納するための小型ポケットをシートバックの上部に用意。

■新型フィット4のスマホ収納用のシートバックポケット

実際にこのスペースにiPhoneを収納してみると、このような感じに…。

■シートバックポケットにiPhoneを収納した時の様子

サイズもちょうど良く、使い勝手も良いです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、後部座席まわりの収納スペースが少ないため、アイテム・小物の置き場所に困るのが欠点・デメリットです。

そんな中、スマホやiPhoneをサッと手軽に収納することができるこの小さなポケットは、後部座席に座る人にとって、ありがたいアイテムなのかなと思いました。

ルームランプ【新型フィット4の注目の装備3】

車内を明るく照らすルームランプも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)で進化を遂げたアイテム&装備の一つです。

先代モデルのルームランプは、オーソドックスなハロゲンタイプを採用していました。

■先代モデルのルームランプ

なので、スタイリッシュさはイマイチで、コンパクトカーの域を越えない内装・インテリアになっていました。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、フロント/リヤどちらも青白く光るLEDタイプのルームランプに進化。

■新型フィット4のルームランプ

見た目のデザイン性やスタイリッシュさが全然違いますよね。

また、この新型モデルのルームランプの点灯方法はスイッチタイプとなっており、ON/OFFがしやすくなっているのも好印象でした。

給油口【新型フィット4の注目の装備3】

また、先代モデルと比較して、フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の方が使い勝手が良くなった装備&アイテムの一つが、給油口です。

■新型フィット4の給油口

先代モデルは、運転席の足元に用意されているレバーを操作して、給油口を開けていました。

ただ、レバーが足元にあるため、ちょっと操作がしにくいのが難点でした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、給油口のリッド(蓋)部分を押して開けるタイプに変更。

そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の給油口は、スムーズに開け閉めをできるようになっていました。

ちなみに、この新型モデルの給油口のリッド(蓋)は、ドアロックに連動しています。

ドアが施錠中は、この給油口のリッド(蓋)も開かないようになっているため、安全対策もバッチリですよ。

まとめ:細かい部分までしっかりと作り上げられた新型フィット4

見た目のデザイン性や走りが良くなったハイブリッドシステムが注目を集めているホンダに人気コンパクトカー”新型フィット4(Fit4)”ですが、細かい部分もしっかりと進化。

そのおかげもあり、見た目のデザイン性だけではなく、使い勝手も格段にアップ。

ライト付きのミラー(バニティミラー)や開け閉めがしやすいプッシュオープン式の給油口など便利な装備が充実しており、先代モデルのオーナーさんが見たら羨ましがるだろうなと思ってしまいました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、このような便利機能&アイテムにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする