新型フィット4のクロスターって良い車!?魅力とデメリットを包み隠さず紹介

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の注目のモデルとなっているのが、他のグレードと異なる専用デザインとなっているクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)です。

他のグレードと異なる雰囲気を漂わせているクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、他のグレードには無い魅力もありますが、その一方で欠点&デメリットも…。

他のグレードにはないクロスター(CROSSTAR)ならではの魅力&メリットは、何だったのでしょうか?逆にこのモデルならではの欠点&デメリットとは、何だったのでしょうか?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSTAR)”の魅力&欠点を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 クロスターのメリット【他のグレードにはない魅力とは?】

他のグレードとは一線を画したアクティブさを強調した新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)では、次のような魅力&メリットがありました。

迫力のあるフロントマスク【クロスターの魅力1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の魅力&メリットと言えば、迫力のあるフロントマスクです。

この新型モデルは、フロントグリルのエリアを小さくし、”親しみやすさ”を強調したデザインに生まれ変わりました。

■新型フィットの標準仕様のフロントマスク

しかし、クロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”のブラック塗装を施したフロントグリルを採用。迫力のあるフロントマスクになっていました。

■クロスターのフロントマスク

また、このクロスター(CROSSTAR)のフロントオーバーハング(ボンネット)は、他のグレードよりも長くなっており、どっしりと安定感のある見た目になっているのも好印象でした。

SUVらしいどっしりとした足回り【クロスターの魅力2】

また、クロスオーバーSUVらしいどっしりとした迫力のある足回りになっているのも、新型フィット4(Fit4)のクロスター(CROSSTAR)の魅力の一つです。

このクロスター(CROSSTAR)では、16インチサイズの専用タイヤ&ホイールを標準装備しています。

■クロスターのタイヤ&ホイール

このクロスター(CROSSTAR)のタイヤ&ホイールのサイズは、最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”と同じになっています。

ただ、大きくサイドに張り出した樹脂製のホイールアーチプロテクターのおかげで、他のグレードよりも迫力のある足回りに…。

また、メーカーオプションで装着することができるルーフレールも、クロスオーバーSUVらしさを強調しています。

■クロスター専用オプションのルーフレール

他のグレードとは印象が異なる迫力のあるサイドスタイルも、クロスター(CROSSTAR)の魅力&一つなのかなと思いました。

専用カラーを用意【クロスターの魅力3】

また、新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)の魅力の一つは、専用カラー”サーフブルー”を用意していたことですl。

■クロスター専用カラーのサーフブルー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスターに用意されている”サーフブルー”は、このクルマに用意されている”エアーライトブルー メタリック”に近い爽やかなカラーになっています。

■新型フィット4のサーフブルー

■新型フィット4のエアーライトブルー メタリック

ただ、”クロスター(CROSSTAR)”に用意されているサーフブルーは、エアライトブルー メタリックよりも灰色がかった(グレーイッシュ)なカラーに…。

また、メタリックを抑えたソリッドなカラーになっており、ラフに使いこなすSUVっぽい色使いになっていました。

新型フィット4 クロスターのデメリット【購入前にココは要注意】

他のグレードでは味わえない迫力のある外装・エクステリアが魅力の新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)ですが、次のような欠点&デメリットがありました。

ボディサイズの大きさ【クロスターの欠点1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様の”クロスタークロスター(CROSSTAR)”の欠点&デメリットの一つは、ボディサイズの大きさです。

“クロスター(CROSSTAR)”は、専用デザインのフロントグリルやホイールアーチモールなどを採用していることもあり、他のグレードよりもボディサイズがひと回り大きく、3ナンバーサイズにとなっています。

■新型フィット4のボディサイズ比較

ホーム(FF車) クロスター(FF車)
全長 3,995mm 4,090mm
全幅 1,695mm 1,725mm
全高 1,540mm 1,570mm

※ホームはボディサイズ、ナビ装着用スペシャルパッケージ装着時の値です。
※クロスターのボディサイズは、ルーフレール装着した時の値です。

また、クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、他のグレードよりもボンネット(フロントオーバーハング)が長くなっています。

なので、このクロスター(CROSSTAR)は、他のグレードよりも若干ですが、前方の見切りが劣ります。

このクロスター(CROSSTAR)は、他のグレードよりもボディサイズが大きく、迫力のあるデザインになっていますが、その分、前方の見切りが劣るという欠点&デメリットがあるので、ご注意くださいね。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ディーラーオプションで前方の視界&見切りをサポートするアイテムとして、”フロントカメラシステム”を用意しています。

■新型フィット4のフロントカメラシステム

オプション価格は、36,850円~37,950円と少しお高めですが、前方の見切りに不安がある方は、購入を検討しても良いかもしれませんね。

内装・インテリアの上質感【クロスターの欠点2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の欠点&デメリットの一つが、内装・インテリアの高級感です。

クロスター(CROSSTAR)は、この新型モデルの中で上位モデルに位置をしているのにも関わらず、内装・インテリアは、思った以上にシンプルな作りになっています。

例えば、ハンドル&シフトレバー。

中間モデルのホーム(HOME)では、本革巻きのハンドル&シフトレバーを採用しているのにも関わらず、このクロスター(CROSSTAR)では、シンプルなウレタン製になっています。

■クロスターのハンドル

■クロスターのシフトレバー

また、シートもシンプルなファブリック素材となっており、シートサイドに合成レザーのような肌触りを楽しめるホームよりも見劣りします。

■クロスターのシート

■ホームのシート

なので、中間モデルのホーム(HOME)の後にクロスター(CROSSTAR)に乗り込むと、内装・インテリアの質感に物足りなさを感じます。

このクロスター(CROSSTAR)は本格的なSUVではなく、街中で乗ることを意識した”なんちゃってSUV”なので、内装・インテリアの質感にももう少し気を配っても良かったのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのクロスター(CROSSTAR)とホーム(HOME)の内装・インテリアをもっと詳しく確認したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

写真イッパイでこの新型モデルの内装・インテリアを詳しく紹介していますよ。

まとめ:新型フィット4クロスターは、他のグレードにはない魅力が詰まった一台

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”は、内装・インテリアの質感など他のグレードよりも見劣りする部分も多々あります。

ただ、他のグレードと一線を画したタフでアグレッシブな外装・エクステリアは、何ものにも代えがたいクロスター(CROSSTAR)ならではの最大の魅力だなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする