ココが残念!新型フィット4のホームの欠点&デメリットを包み隠さず紹介

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で一番人気が高いグレードになっているは、中間モデルの”ホーム(HOME)”です。

この新型モデルのホーム(HOME)は、中間モデルとは思えないほど機能や装備が充実しており、満足度の高いグレードに仕上がっています。私もこのモデルを見た際、「絶対に売れるだろうな~」と、思いました。

ただ、このホーム(HOME)にも、欠点&デメリットが…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?また、購入する際に注意をした方がよいところは、どこだったのでしょうか?

私がこの”ホーム(HOME)”を見た際に気になったこと&残念に感じたところを、包み隠さず紹介したいと思います。

ちなみに、この新型モデルの”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの実車画像は、コチラの記事で確認をすることができますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ナビ装着用スペシャル用パッケージ【新型フィット4ホームの欠点1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”を確認して残念におこったことの一つが、様々な便利なアイテムが装着される【ナビ装着用スペシャルパッケージ】が標準装備されていなかったことです。

■ナビ装着用スペシャルパッケージで備わる主なアイテム

・緊急通報スイッチ
・オーディオ操作用ステアリングスイッチ
・リヤワイドカメラ
・USBポート
・4スピーカー
・シャークフィンアンテナ

上位モデルにあたる”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、ナビ装着用スペシャルパッケージが標準装備されていました。

しかし、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、ナビ装着用スペシャルパッケージがオプション設定になっていました。

ナビ装着用スペシャルパッケージがないと普段使いでも不便に…

“ナビ装着用スペシャルパッケージ”は、その名の通り、ホンダの純正ナビ”ギャザーズ(Gathers)”を有効活用する便利なアイテムがセットになったオプションです。

なので、”オーディオ操作用のステアリングスイッチ”や”リアワイドカメラ”など、純正ナビを便利に使うアイテム&機能も含まれます。

ただ、このナビ装着用スペシャルパッケージには、純正ナビに直接関係ない機能や装備も含まれています。

その一つが、スピーカーです。

新型フィット4(Fit4)の中間モデルの”ホーム(HOME)”の標準仕様では、フロントシート横のドアの下部にスピーカー2個用意されるのみとなっています。

■ホームのドア内側パネル

しかし、このナビ装着用スペシャルパッケージを装着すると、スピーカーの数が2個増えて、4スピーカーに…。

また、事故にあった時など、専用のオペレーターに接続をして色々なサポートを受けられる”緊急通報サービス(ヘルプネット)”も、このナビ装着用スペシャルパッケージの一部です。

■新型フィット4の緊急通報サービススイッチ

なので、ナビ装着用スペシャルパッケージが装着していないと、色々と不都合が…。

このように普段使いやイザという時にも重宝する”ナビ装着用スペシャルパッケージ”が標準装備されていないのは、このホーム(HOME)の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、”ホーム(HOME)”にオプションとして用意されている”ナビ装着用スペシャルパッケージ”のオプション価格は、4万9500円となっています。

決して安い金額ではありませんが、ナビ装着用スペシャルパッケージに含まれるアイテムや装備を考えると、装着を検討しても良いのかもしれませんね。

車内を快適にしてくれるアイテム&装備【新型フィット4ホームの欠点2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”は、本革巻きのハンドルやシフトレバーなどを採用しており、見た目のデザイン性や高級感は、上位モデルに負けていません。

ただ、車内の快適性に関しては、上位モデルと比較すると、この”ホーム(HOME)”は少し劣るのかなと思いました。

シートヒーターの用意はなし

新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の機能や装備で残念だったことの一つが、シートヒーターです。

最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”では、3段階から調整することができるシートヒーターが備わっていました。

■リュクスのシートヒーター

しかし、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、シートヒーターの用意はありません。また、オプションの用意もないため、追加装着をすることもできません。

プラズマクラスター機能もなし

また、新型フィット4(Fit4)の上位モデルの一つ”ネス(NESS)”では、除菌・消臭だけではなく、肌の保湿などにも効果があると言われている”プラズマクラスター機能”が備わっています。

しかし、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、このような機能もなし。

最近は軽自動車でも、プラズマクラスターやナノイーを備えていることを考えると、ちょっとこれは残念ですよね。

上位モデルに勝るとも劣らない内装・インテリアを備えている”ホーム(HOME)”ですが、車内で快適に過ごすためのアイテムが少ないのは、少々残念でした。

外装の高級感【新型フィット4ホームの欠点3】

また、外装・エクステリアの高級感&上質感が上位モデルよりも劣ることも、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の欠点&デメリットの一つです。

フロントマスクの迫力はイマイチ

新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と上位モデルを見比べて見劣りするのが、フロントマスクの迫力&高級感です。

上位モデルの”ネス(NESS)”や最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、LEDのヘッドライトやフロントフォグランプを標準装備しており、スタイリッシュな顔つきに…。

■リュクスのフロントマスク

一方、中間モデルの”ホーム(HOME)”は、LEDヘッドライトは用意されているものの、フロントフォグランプの用意はなし。

■ホームのフロントマスク

そのため、フロントマスクの迫力や高級感に関しては、上位モデルよりもワンランク劣るのかなと感じました。

タイヤ&ホイールのデザインにも違いが…

また、新型フィット4(Fit4)を横から見た時の迫力&スタイリッシュさも、上位モデルと中間モデルの”ホーム(HOME)”では歴然たる差があります。

上位モデルでは、スタイリッシュな切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのアルミホイールを装着しています。また、16インチサイズのタイヤ&ホイールを装着しており、迫力のあるサイドスタイルを演出しています。

■リュクスのサイドスタイル

一方、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、上位モデルよりもひと回り小さい15インチサイズのタイヤ&ホイールとなっています。また、アルミホイールではなく、ホイールキャップ付きのスチールホイールに…。

■ホームのサイドスタイル

良く言えば、ホーム(HOME)のサイドスタイルは、カジュアルで親しみやすいデザインになっています。ただ、見た目の高級感や迫力に関しては、ちょっと物足りないかなと、実車を見て思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデルの”ホーム(HOME)”では、メーカーオプションでネス(NESS)と同じデザインのタイヤ&ホイールに変更することができます。

迫力のある見た目にこだわるのなら、シンプルなスチールホイールをスタイリッシュなアルミホイールに変更してみても良いかもしれませんね。

まとめ:ホームの欠点は、オプションで補うことが十分に可能

新型フィット4(Fit4)の中で圧倒的人気を誇る中間モデルの”ホーム(HOME)”ですが、このような欠点&デメリットが気になりました。

ただ、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、メーカーオプションで見た目のスタイリッシュさを高めるアルミホイールを用意。オプションで、上位モデルに勝るとも劣らない見た目にすることが可能です。

また、ナビ装着用スペシャルパッケージを装着することによって、上位モデルに匹敵をする快適な車内空間にすることもできます。

新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の購入を検討している方は、このようなオプションを上手に活用して、上位モデルに負けない見た目や使い勝手にすることを検討してみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする