新型フィット4のボディカラーは要注意!選べる色と特徴をグレード別に紹介

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、モノトーン/2トーンカラーあわせて21色ものボディカラーを用意しています。

ただ、この新型モデルでは、グレードによって選べるボディカラーに違いがあります。

なので、選ぶグレードによっては、欲しいボディカラーがない事も…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、どのようなボディカラーをラインナップしていたのでしょか?また、グレードによって、選べるボディカラーにどんな違いがあったのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)に用意されているボディカラーを、グレード別に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ベーシックで選べるボディカラー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最廉価モデルに位置をする”ベーシック(BASIC)”では、次のようなボディカラーを選べるようになっていました。

■ベーシックで選べるボディカラー

・プレミアムサンライトホワイト パール(※55,000円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック(※55,000円高)
・プラチナホワイト パール(※33,000円高)
・ルナシルバー メタリック
・シャイニンググレー メタリック
・エアーライトブルー メタリック
・ミッドナイブルービーム メタリック(※33,000円高)
・クリスタルブラック パール
・プレミアムグラマラスブロンズ パール(※33,000円高)

ベーシックで選べるのはモノトーンのみ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”では、”9色のボディーカラーから選べるようになっています。

ただ、最廉価モデルで選べるのはモノトーン(単色)のみ。

ルーフのカラーが異なるツートンカラーは、遭い廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”では選ぶことができないので、ご注意くださいね。

ベーシックのみの専用色はなし

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”のみに用意された専用色はありません。

ただ、この”ベーシック(BASIC)”は最廉価モデルのわりには、選べるボディカラーがバリエーションは比較的多め。

定番の白/黒/シルバーだけではなく、インパクトのあるブルー系やレッド系のカラーも用意されているため、自分好みのボディカラーを見つけることができると思いますよ。

また、このクルマのために開発された新色”プレミアムサンライトホワイト パール”や”エアーライトブルー メタリック”が、選べるようになっていたのも好印象でした。

新型フィット4 ホームで選べるボディカラー

新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”では、次のようなボディカラーを用意していました。

■ホームで選べるボディカラー:モノトーン

・プレミアムサンライトホワイト パール(※55,000円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック(※55,000円高)
・プラチナホワイト パール(※33,000円高)
・ルナシルバー メタリック
・シャイニンググレー メタリック
・エアーライトブルー メタリック
・ミッドナイブルービーム メタリック(※33,000円高)
・クリスタルブラック パール
・プレミアムグラマラスブロンズ パール(※33,000円高)

■ホームで選べるボディカラー:2トーンカラー

・プレミアムサンライトホワイトパール&ブラック(104,500円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック&ブラック(104,500円高)
・プラチナホワイト パール&ブラック(82,500円高)
・ルナシルバー メタリック&ブラック(65,000円高)
・シャイニンググレー メタリック&ブラック(65,000円高)
・エアーライトブルー メタリック&ブラック(65,000円高) ★専用色★
・ミッドナイブルビーム メタリック&シルバー(82,500円高) ★専用色★
・クリスタルブラック パール&シルバー(65,000円高) ★専用色★
・プレミアムグラマラスブロンズ パール&シルバー(82,500円高)★専用色★

選べるボディカラーの種類は新型フィット4の中でトップ

新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”は、モノトーン/2トーンカラーそれぞれ9色ずつ、合計18色のカラーラインナップを用意。

これだけ多く用意されていると、どのカラーにしようか迷っちゃいそうですね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、中間モデルの”ホーム(HOME)”が圧倒的に人気が高くなっていますが、この選べるボディーカラーの多さも、このグレードの魅力の一つかもしれませんね。

シルバールーフの2トーンカラーが選べるのは、ホームのみ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、天井を黒で塗装したブラックルーフだけではなく、銀色であしらったシルバールーフを3種類用意しています。

ただ、オシャレなシルバールーフを用意しているのは、この”ホーム(HOME)”のみ。

ネス(NESS)やホーム(HOME)など他のグレードでは、シルバールーフの2トーンカラーを選ぶ事ができないので、ご注意くださいね。

新型フィット4 ネスで選べるボディカラー

アクティブさを強調した新型フィット4(Fit4)の上位モデル”ネス(NESS)”に用意されているボディーカラーを確認してみたところ、このようになっていました。

■ネスで選べるボディカラー:モノトーン

・プレミアムサンライトホワイト パール(※55,000円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック(※55,000円高)
・プラチナホワイト パール(※33,000円高)
・ルナシルバー メタリック
・シャイニンググレー メタリック
・エアーライトブルー メタリック
・ミッドナイブルービーム メタリック(※33,000円高)
・クリスタルブラック パール
・プレミアムグラマラスブロンズ パール(※33,000円高)

■ネスで選べるボディカラー:2トーンカラー

・プレミアムサンライトホワイトパール&ブラック(104,500円高)
・プラチナホワイト パール&ブラック(82,500円高)
・プレミアムサンライトホワイト パール&ライムグリーン(99,000円高)★専用色★
・プラチナホワイト パール&ライムグリーン(77,000円高)★専用色★
・ルナシルバー メタリック&ライムグリーン(※55,000円高)★専用色★
・シャイニンググレー メタリック&ライムグリーン(※55,000円高)★専用色★
・クリスタルブラック パール&ライムグリーン(※55,000円高)★専用色★

専用デザイン”アクセント ツートンカラー”を用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたネス(NESS)の注目ポイントの一つは、何といってもライムグリーンカラーをあしらった専用色”アクセント ツートンカラー”を用意していることです。

■ネスのアクセント 2トーンカラー

ネス(NESS)のみに用意されているアクセント ツートンカラーは、フロントガラス横のAピラーがライムグリーンカラーになるなど、他の2トーンカラーとは配色が異なるので、要注目ですよ。

オーソドックスな2トーンカラーの用意は少なめ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)は、専用デザインの”アクセント ツートンカラー”を用意している一方、ブラックルーフのツートンカラーは、ホワイト系のカラーの2色のみと少なめ。

ブラックルーフの2トーンカラーの購入を検討している方は、ホーム(HOME)やクロスター(CROSSTAR)などの他のグレードの方が良いかもしれませんね。

新型フィット4 クロスターで選べるボディカラー

他のグレードとは異なる専用デザインのフロントマスクとなっている新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)に用意されているボディカラーは、このようになっています。

■クロスターで選べるボディカラー:モノトーン

・プレミアムサンライトホワイト パール(※55,000円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック(※55,000円高)
・プラチナホワイト パール(※33,000円高)
・ルナシルバー メタリック
・シャイニンググレー メタリック
・ミッドナイブルービーム メタリック(※33,000円高)
・クリスタルブラック パール
・サーフブルー★専用色★

■クロスターで選べるボディカラー:2トーンカラー

・プレミアムサンライトホワイトパール&ブラック(104,500円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック&ブラック(104,500円高)
・プラチナホワイト パール&ブラック(82,500円高)
・ルナシルバー メタリック&ブラック(65,000円高)
・シャイニンググレー メタリック&ブラック(65,000円高)
・サーフブルー&ブラック(65,000円高)★専用色★

専用カラーのサンブルーを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)では、専用カラーのサーフブルーを用意。

■サーフブルーカラーのクロスター

このサーフブルーは、若干グレーがかった感じのカラーに…。

また、光沢感がなくソリッドな色になっており、クロスオーバーSUVらしいラフさのあるカラーになっていました。

ブラックルーフを採用した2トンカラーを多数用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、天井を黒く塗装した”ブラックルーフ”の2トンカラーを多数用意。

やはりモノトーンとブラックルーフの2トーンカラーでは、見た目の印象が全然違う感じが…。

■クロスターのモノトーン

■クロスターの2トーンカラー

せっかく専用デザインのクロスター(CROSSTAR)を購入するのなら、SUVらしい力強さを強調するブラックルーフの2トーンカラーの方が良いのかなと思いました。

新型フィット4 リュクスで選べるボディカラー

高級感のある見た目が特徴の新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、このようなボディカラーを用意していました。

■リュクスのボディカラー

・プレミアムサンライトホワイト パール(※55,000円高)
・プレミアムクリスタルレッド メタリック(※55,000円高)
・プラチナホワイト パール(※33,000円高)
・ルナシルバー メタリック
・シャイニンググレー メタリック
・エアーライトブルー メタリック
・ミッドナイブルービーム メタリック(※33,000円高)
・クリスタルブラック パール
・プレミアムグラマラスブロンズ パール(※33,000円高)

専用カラーの用意は無し

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、このグレードのみの専用カラーの用意はなし。

ちょっとコレは残念ですよね。

個人的には、プラチナ調のサテンメッキ加飾を配したリュクスと相性が良い”プレミアムグラマラスブロンズ・パール”は、このグレードの専用色にしても良かったのかなと思いました。

■リュクスのプレミアムグラマラスブロンズ パール

2トーンカラーの用意もなし

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、ボディとルーフのカラーが異なる2トーンカラーの用意もありません。

なので、このグレードでは、最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と同様にモノトーンしか選べません。

ちょっとこれは、残念ですよね。

個人的には、専用デザインになっている”プラチナ調クロームメッキカラー”のサイドミラーがキレイ映えるような2トーンカラーを設定しても、面白かったのかなと思いました。

まとめ:種類が沢山あって悩ましい新型フィット4のボディカラー

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)では、25種類ものボディカラーをラインナップしています。

ただ、グレードによって、選べるボディカラーの種類や数に大きな差が…。

また、アクセント2トーンカラーなど、特定のグレードでしか選べない専用カラーも多数用意されているので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02