【フォレスターやCRVと比較】新型RAV4の床下収納のサイズは広い?

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つは、床下収納(サブトランク)です。

このクルマの床下収納(サブトランク)は奥行きがないため、収納する事ができるアイテムが限られてしまう感じが…。

そんな新型モデルの床下収納(サブトランク)のサイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、また、スバルの新型フォレスターやホンダのCRV/CR-Vなどの競合車とこのクルマの床下収納は、どちらの広くて、使い勝手が良かったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型RAV4の床下収納(サブトランク)のサイズを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4の床下収納のサイズを確認

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型RAV4の荷室・ラゲッジスペース

>>> 面白い工夫が盛り沢山!?競合車には無い新型RAV4の荷室のアレンジを徹底解剖

このクルマの特徴でもあるリバーシブルになっているデッキボードを持ち上げると登場するのが、床下収納(サブトランク)です。

■新型RAV4の床下収納(サブトランク)

このクルマの床下収納(サブトランク)には、車載工具やパンク修理キット、三角表示板などを収容。そのため、こものアイテムなどを収納する事ができるスペースは、若干小さめ…。

そんな新型モデルの床下収納の広さを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型RAV4の床下収納のサイズ

奥行き 約210mm
横幅 約750mm
深さ 約235mm

この新型モデルに用意されている床下収納(サブトランク)の横幅と深さは、十分です。

ただ、このクルマの床下収納の奥行きは壁に近い位置で約210mmと小さめ。(中央の一番広い部分では、奥行きは約390mmほどありますが…)

個人的には、車載工具やパンク修理キットなどを置く位置を工夫して、全体的な奥行きをもう一回り広くして貰いたかったです。

また、このクルマの床下収納(サブトランク)は横幅が広いので、仕切りを備えて、床下収納(サブトランク)を分けても良いのかなと思いました。

新型RAV4の床下収納は競合車よりも広い!?【サイズを比較】

このように細長いデザインになっていた新型RAV4の床下収納(サブトランク)ですが、スバルの新型フォレスター(Forester)やホンダのCRV/CR-Vなど競合車にも床下収納は、用意されています。

競合車・ライバル車のクルマと比較して、新型RAV4の床下収納(サブトランク)は、サイズが大きく使い勝手は良かったのでしょうか?実車画像を使って、このクルマと競合車・ライバル車の床下収納の広さや使い勝手を確認してみたいと思います。

こちらは、スバルから発売されているミドルクラスSUV新型フォレスター(Foresture)の床下収納のデザインとサイズです。

■スバル新型フォレスターの床下収納

■スバル新型フォレスターの床下収納のサイズ

前方(半円型部分)のサイズ 奥行き 約320mm
横幅 約660mm
深さ 約 95mm
後方部分(四角形部分)のサイズ 奥行き 約330mm
横幅 約690mm
深さ 約140mm

一方、こちらは、久しぶりに日本復帰を果たしたホンダの新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様2列シート仕様の床下収納(サブトランク)です。

■ホンダ新型CRV/CR-Vの床下収納

■ホンダ新型CRV/CR-Vの床下収納のサイズ

奥行き 約745mm
横幅 約350mm
深さ 約150mm

ちなみに、先ほども紹介しましたが、トヨタから新発売されている新型RAV4の床下収納(サブトランク)は、このようになっていました。

■トヨタ新型RAV4の床下収納

トヨタ新型RAV4の床下収納のサイズ

奥行き 約210mm
横幅 約750mm
深さ 約235mm

新型RAV4と競合車・ライバル車では、床下収納(サブトランク)のデザインもサイズもまたく異なりますよね。

横幅に関しては、トヨタの新型RAV4が一番広くなっていますが、床下収納(サブトランク)の奥行きは、四角形と半円状の2つの床下収納を備えたスバルの新型フォレスターが一番広くなっております。

■新型フォレスターの床下収納

なので、新型フォレスターの床下収納は、若干深さは足りないものの、奥行きが広いため、収納スペース不足に悩む事は無いのかなと思いました。

逆に、床下収納(サブトランク)が一番狭く、使い勝手が悪そうなのは、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4です。

ディーラーさん曰く、「床下収納のよりも荷室の使い勝手を優先して設計しています。」との事ですが、個人的には、もう少し床下収納の作りや使い勝手にも気を配ってもらいたかったような…。

競合車・ライバル車よりも狭い床下収納(サブトランク)は、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV”新型RAV4″の床下収納(サブトランク)のサイズは、このようになっていました。

このクルマの床下収納のサイズは、新型フォレスターやCRV/CR-Vよりも小さめとなっており、収納力に乏しいです。

子供の玩具や洗車道具、ブースターケーブル等の非常時に役立つグッズなどを床下収納(サブトランク)に積み込みたいを思っている方は、このクルマの収納力にちょっと物足りなさを感じるのかなと思いました。

>>> 使ってみて不便に感じたところとは?新型RAV4の荷室の3つ弱点

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする