新型RAV4 TRDの見積もり公開【アドベンチャーとの乗り出し価格の差は?】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4では、SUVらしさや無骨さを強調したカスタム仕様”TRDフィールドモンスター”を用意しています。

先日、このTRDフィールドモンスターの見積もりを貰ってきたのですが、予想以上のお値段に…。

新型RAV4に用意されているTRDフィールドモンスターの見積もり価格は、いくらだったのでしょうか?また、TRDフィールドモンスターのベースとなっているアドベンチャー(Adventure)との価格差は、どのくらいあったのでしょうか?

私が貰ってきたカスタムモデル”TRDフィールドモンスター(Firld Monster)”の見積もりを公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 TRDフィールドモンスターの見積もり【乗り出し価格はいくら?】

こちらが、今回私が貰ってきた新型RAV4の”TRDフィールドモンスター(Firld Monster)”の見積もりです。

■TRDフィールドモンスターの見積もり

そして、私が貰ってきた”TRDフィールドモンスター(Firld Monster)”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■TRDフィールドモンスターの乗り出し価格

私が貰ってきた”TRDフィールドモンスター(Firld Monster)”の見積もり金額の総額は、約511万円。

■TRDフィールドモンスターの乗り出し価格の詳細

車体本体価格 \3,195,500
オプション代合計 \1,565,080
諸経費&税金 \353,968
乗り出し価格合計 \5,114,548

今回私は、TRDフィールドモンスターのアクセサリーに加えて、アドベンチャー(Adventure)に用意されているメーカーオプションをほぼすべて装着した事もあり、500万円オーバーという高額見積もりに…。

ただ、ディーラーさんも、

「これだけのアイテムを装着すれば、絶対に満足できますよ!」

と、太鼓判を押すくらい装備やアイテムが充実したモデルとなりました。

そんな新型TRDフィールドモンスターの見積もりでは、どのようなメーカーオプション/ディーラーオプションをお願いしたのでしょうか?また、各アイテムの価格は、いくらだったのでしょか?

私が貰った見積もりの内訳を紹介したいと思います。

新型RAV4 TRDフィールドモンスターの見積もりに装着をしたメーカーオプション

今回、私が貰った新型RAV4の”TRDフィールドモンスター(Firld Monster)”の見積もりを貰う際、次のようなメーカーオプションを一緒にお願いをいたしました。

■今回の注文をしたメーカーオプション

スペアタイヤ \11,000
インテリジェントクリアランスソナー \28,600
アクセサリーコンセント(AC100V/100W) \8,800
バックカメラ \27,500
リヤクロストラフィックオートブレーキ \68,200
シートヒーター&シートベンチレーション \81,400
デジタルインナーミラー \44,000
パノラマムーンルーム(サンルーフ) \143,000
ハンズフリーパワーバックドア \77,000
置くだけ充電 \13,200
メーカーオプション合計 \502,700

このTRDのベースになっているアドベンチャーの欠点・デメリットの一つが、GグレードやGZパッケージよりも劣る安全面と言うことで、メーカーオプションでインテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキを装着して、安全面を強化。

また、背もたれの熱のこもりを背もたれ側に吸い出すことで背中の蒸れを抑えてくれる”シートベンチレーション”も装着して、真夏日の快適性も高めました。

メーカーオプション代だけで50万以上もかかってしまいましたが、機能や装備が充実度が魅力のGZパッケージに勝るとも劣らない機能やアイテムを備える事ができました。

今回貰った新型RAV4 TRDフィールドモンスターの見積もりに装着をしたディーラーオプション

また、今回の新型RAV4の”TRDフィールドモンスター(Firld Monster)”の見積もりを貰うにあたり、ディーラーさんに、「おススメのアイテムをお願いします。」とお願いをしたところ、次のようなディーラーオプションを用意してくれました。

■TRDフィールドモンスターに装着したディーラーオプション

プレミアムコーティング \165,000
フロアマット(ラグジュアリータイプ) \36,300
アームレスト(スライドタイプ) \15,840
トノカバー \25,300
ラゲッジソフトトレイ \13,200
サイドバイザー \35,640
ETC車載器 \41,030
9インチモデル カーナビ”NSZT-Y68T” \272,140
ETCセットアップ料 無料
ディーラーオプション合計金額  \604,450

今回ディーラーさんは、9インチサイズのカーナビやフロアマット、サンバイザーなど、基本的なアイテムを中心にピックアップしてくれました。

■ディーラーオプション設定になっている9インチナビ

ただ、アームレストの使い勝手がグッと高まるという事で、スライド式のアームレストをオススメしてくれました。

また、荷室・ラゲッジスペースに置いた荷物の目隠しとして使えるだけではなく、エアコン/ヒーターの効率を高めてくれるという事で、巻き取り式のトノカバーもオススメしてくれました。

■新型RAV4のトノカバー

私も実際にこの新型RAV4に用意されているトノカバーを確認する事ができたのですが、使用しない時は、荷室・ラゲッジスペースの床下に収納できるようになっているなど、使い勝手の良さが好印象でした。

ちなみに、こちらの記事では、トノカバーを使った時や収納した時の様子を記事にまとめています。

トノカバーの装着を検討している方は、是非ともチェックをしてみてくださいね。

今回の新型RAV4の見積もりで装着をしたTRDフィールドモンスターのアイテム

今回、新型RAV4の見積もりを貰う際、次のようなTRDフィールドモンスター(Firld Monster)のパーツ・アイテムを装着しました。

■今回の見積もりでお願いをしたTRDパーツ・アイテム

フロントバンパーガーニッシュ \97,570
フロントロアガーニッシュ \49,720
オーバーフェンダー \150,040
マッドフラップ(ブラック) \48,840
サイドデカール \42,020
バックドアガーニッシュ \31,020
バックドアロアガーニッシュ \38,720
合計金額  \457,930

今回の見積もりでは、TRDフィールドモンスターのすべてのパーツ・アイテムを装着して頂きました。

ただ、ベースとなっているアドベンチャー(Adventure)に標準装備されている19インチのタイヤ&ホイールの方が街中を走るには適しているという事で、17インチサイズのTRD専用のタイヤ&ホイールは、見送りました。

■TRDフィールドモンスターに用意されているタイヤ&ホイール

また、SUVらしさを強調するアイテムの一つ”ルーフラック”や”ルーフラック用のクロスバー”を装着する人が少ないとの事で、これらのアイテムも装着を見送りました。

しかし、タイヤ&ホイール、ルーフラックなどを見送っても、TRDフィールドモンスターのアイテムだけで、オプション価格は約46万円に…。

野性味あふれる外装・エクステリアにしてくれるTRDフィールドモンスターのアイテムですが、やっぱりそれなりの金額がするんだなと感じてしまいました。

新型RAV4 TRDとアドベンチャーの乗り出し価格の差はいくら?

新型RAV4のカスタム仕様”TRDフィールドモンスター”は500万円を超える乗り出し価格となっていましたが、このモデルのベースになっているアドベンチャー(Adventure)とどれくらいの価格差があるのでしょうか?

こちらが、オプションやボディカラーを全く同じにして貰ったアドベンチャー(Adventure)の見積もりです。

■アドベンチャーの見積もり

全く同じ条件にして貰った時のアドベンチャー(Adventure)の乗り出し価格は、このようになっていました。

■アドベンチャーの乗り出し価格

車体本体価格  \3,195,500
オプション代合計  \1,107,150
諸経費&税金  \346,468
乗り出し価格合計  \4,64,9118

TRDフィールドモンスターのベースととなっているアドベンチャー(Adventure)の乗り出し価格は、約465万円。

私が貰ったTRDフィールドモンスター(Firld Monster)がおおよそ511万だったので、ベースとなっているアドベンチャーとの差は約46万円に…。

もしTRDフィールドモンスターのアイテムを装着すると、ベースとなっているアドベンチャーの乗り出し価格に50万円くらい(ホイールやルーフラックを装着するともっと)上乗せを覚悟する必要がありそうですね。

2019年4月にフルモデルチェンジをしてトヨタから新発売された新型RAV4のカスタム仕様”TRDフィールドモンスター”の見積もりを貰ってきたところ、乗り出し価格は、このようになっていました。

このTRDフィールドモンスターの乗り出し価格は、ベースとなっているアドベンチャー(Adventure)よりも約46万円も高い結果に…。

しかも、TRDフィールドモンスター専用タイヤ&ホイール、ルーフラックなどを備えると、この差はさらに広がります。

もともとシンプルな装備が特徴のアドベンチャー(Adventure)にメーカーオプションやTRDパーツをあれやこれや…と付けていくと、私のように500万円オーバーの見積もりになってしまうので、ご注意くださいね。

ちなみに、ディーラーさんにおすすめのオプションを聞いてみたところ、このようなアイテムを紹介して貰いました。

やはり安全装備や質感を高めるアイテムの人気が高いみたいですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする