意外と安い!新型ルークスのプレミアムグラデーションの価格

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をするハイウェイスターでは、プレミアムグラデーションインテリアを用意しています。

車内をお洒落に彩ることができるプレミアムグラデーションインテリアですが、価格を確認したところ、思ったよりもリーズナブルな価格設定になっている感じが…。

そんなハイウェイスターに用意されている”プレミアムグラデーション”のオプション価格は、いくらだったのでしょうか?また、装着する価値はあるのでしょうか?

新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”に用意されているプレミアムグラデーションインテリアのオプション価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスのプレミアムグラデーションインテリアの価格はいくら?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスター専用のオプションとして用意されているプレミアムグラデーションインテリアに変更した時の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのプレミアムグラデーションインテリア

標準仕様のハイウェイスター(HighwaySTAR)は、ブラック基調のシックな内装・インテリアでしたが、モカをベースにしたプレミアムグラデーションインテリアは、お洒落な雰囲気の内装・インテリアに…。

また、”プレミアムグラデーションインテリア”と言う名前の通り、シートのカラーがグラデーションになっているのも好印象でした。

このように車内を華やかにしてくれる新型ルークス(ROOX)のプレミアムグラデーションインテリアですが、オプション価格を確認したところ、このようになっていました。

■プレミアムグラデーションインテリアのオプション価格…66,000円

プレミアムグラデーションインテリアは、そんなに高くない

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”プレミアムグラデーションインテリア”のオプション価格は、約66,000円となっていました。

この金額だけ見ると、「ちょっと高いな…。」と、感じてしまうかもしれません。

ただ、”プレミアムグラデーションインテリア”は単体ではなく、リアシーリングファンやパーソナルテーブルなどが含まれたオプション”快適パック”とセットで販売されているんですよね。

■快適パックに含まれるアイテム

・プラズマクラスター搭載リヤシーリングファン
・パーソナルテーブル
・カップホルダー
・USBソケット
・ロールサンシェード
・撥水加工シート

つまり、”プレミアムグラデーションインテリア”と”快適パック”がセットになって、6万6000円と言うことです。

このように考えると、このプレミアムグラデーションインテリアの66,000円と言う価格設定は、決して高い金額ではないのかなと思いました。

新型ルークスのプレミアムグラデーションインテリアはおすすめ?

新型ルークス(ROOX)のハイウェイスター専用のオプションと用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”ですが、装着する価値はあるのでしょうか?

私はこの”プレミアムグラデーションインテリア”を実際にみることができたのですが、このモカ色の内装・インテリアが嫌いではなければ、個人的には、十分に購入をする価値はあるのかなと思いました。

では、なぜこの新型モデルのプレミアムグラデーションインテリアを購入する価値があると思ったのでしょうか?その理由を紹介したいと思います。

【理由1】内装・インテリアの高級感

今回、ハイウェイスター専用オプション”プレミアムグラデーションインテリア”をおすすめする理由の一つは、内装・インテリアの高級感です。

この新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの内装は、シートがファブリック素材だったり、ダッシュボードがハードプラ素材だったり…高級感・上質感と言う点では、イマイチなんですね。

特にハイウェイスターの下位モデルに位置をする”Xグレード”では、ハンドルがウレタン素材になるなど、高級感に物足りなさが…。

■ウレタン素材のハイウェイスターXのハンドル

しかし、オプションで用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”にすると、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールになり高級感がアップします。

■プレミアムグラデーションインテリアのハンドル

また、ダッシュボードやドア内側パネルにレザー調のソフトパッドがあしらわれたプレミアムグラデーションインテリアは、標準仕様とは比べ物にならないほどお洒落な車内空間に…。

■プレミアムグラデーションインテリアの内装

ちなみに、こちらは標準仕様のハイウェイスターの内装・インテリアです。

■ハイウェイスターの標準仕様の内装

この2台のモデルでは、内装・インテリアの高級感・上質感が全く異なりますよね。

競合車・ライバル車よりも見劣りをするシンプルな新型ルークス(ROOX)の内装・インテリアに物足りなさを感じる方には、高級感あふれる車内空間にしてくれるプレミアムグラデーションインテリアは、良いアイテムなのかなと思いました。

【理由2】リーズナブルな価格設定

また、リーズナブルな価格設定も、新型ルークス(ROOX)プレミアムグラデーションインテリアの魅力の一つです。

先ほど、プレミアムグラデーションインテリアのオプション価格は、”快適パック”とセットで66,000円と言いましたが、実は快適パック単体でも33,000円するんですよね。

つまり、プレミアムグラデーションインテリアのみの価格は、33,000円と言うことになります。

この金額で、ワンランク上の高級感を演出する本革巻きハンドルや専用デザインのコンビシートなどを装着できるのなら、かなりお買い得な感じが…。

■プレミアムグラデーションインテリアに含まれるアイテム

・本革巻きステアリング(ブラウン)
・レザー調インストパネル
・レザー調ドア内側パネル
・専用コンビシート(合成レザー×トリコット)

このお値段以上に価値のある価格設定も、プレミアムグラデーションインテリアの魅力&良さの一つなのかなと思いました。

まとめ:お値段以上に価値のあるプレミアムグラデーションインテリア

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”に用意されているオプション”プレミアムグラデーションインテリア”の価格を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルに用意されているプレミアムグラデーションインテリアの価格は、快適パックとセットで66,000円となっていました。

ただ、プレミアムグラデーションインテリアや快適パックに含まれる機能や装備を考えると、この金額は、かなりお買い得なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする