どっちがオススメ?新型ルークスのハイウェイスターと標準モデル

2020年3月に日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)は、ハイウェイスターと標準モデルの2つのタイプを用意しています。

この2台のモデルは見た目のデザインだけではなく、機能や装備に大きな差があるため、「こっちの方がオススメです!」とは一概にはいえません。

ただ、このハイウェイスターと標準モデルでは、得意分野や特徴に大きな違いがあるため、使用目的やシチュエーションなどによって、オススメのモデルが変わってきます。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルは、それぞれどのような特徴を備えているのでしょうか?また、この2台のモデルは、それぞれどんな人にオススメなのでしょうか?

新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルはそれぞれの特徴と、どのような人にオススメなのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターはこんな人にオススメ!【特徴を紹介】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をするハイウェイスターは、このようなデザインになっています。

■新型ルークス ハイウェイスター

軽自動車でトップクラスの機能や装備を備えているハイウェイスター(HighwaySTAR)は、次のような方にオススメです。

■ハイウェイスターがおすすめの人

・ファーストカーとして使用する人
・安全装備がしっかりとしたクルマに乗りたい人
・登坂路の地域に住んでいる方

なぜ、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターは、このような方にオススメなのでしょうかか?その理由をもう少し詳しく紹介したいと思います。

プロパイロットを搭載【ハイウェイスターの特徴1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの特徴の一つは、プロパイロット機能を備えていることです。

ペダル操作だけではなく、ステアリング操作をクルマ側で制御してくれるプロパイロット機能が用意されているのは、このクルマの特徴&魅力の一つなのですが、この機能が用意されているのは、上位モデルに位置をする”ハイウェイスター”のみなんですよね。

■ハイウェイスターのプロパイロット スイッチ

私もこのハイウェイスターを試乗した時にプロパイロット機能を使わせて貰ったのですが、高速道路を運転中、アクセルを踏み続ける必要もないですし、ハンドルも軽く触れていれば良いだけなので、めちゃくちゃ楽です。

また、渋滞の際、前走車に追従して停車まで自動的に行ってくれるだけでなく、停車状態を自動的にキープしてくれるのもこのクルマの魅力の一つです。

このように高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能が備わているのは、新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”の大きな魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルに用意されているプロパイロットは、他の日産車と異なる最新版となっています。

他の日産車のプロパイロットと違うところ、進化をしたところが気になる方は、こちらの記事を参考ににしてみてください。

安全装備が充実【ハイウェイスターの特徴2】

また、標準モデルよりも安全装備が充実しているのも、新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”の特徴の一つです。

下位モデルに位置をする”標準モデル”でも、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)や踏み間違い衝突防止アシストなどの安全装備システムは標準装備されています。

また、事故や急病の際、専用オペレーターに繋がる”SOSコール”もオプションで装着することができます。

ただ、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターは、事故に遭った際、運転手の下半身を保護する”ニーエアバッグ”を標準装備。

■ハイウェイスターのニーエアバッグ

そのため、事故に遭った際の安全性に関しては、標準モデルよりもハイウェイスターの方がワンランク上です。

ちなみに、現在のところ、ニーエアバッグをスーパーハイト系ワゴン車の中で用意しているのは、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターのみです。

このようにスーパーハイト系ワゴン車の中でトップクラスの安全性を備えているも、上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”の魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

ターボ車を唯一ラインナップ【ハイウェイスターの特徴3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の中で唯一ターボエンジンを搭載したモデルを用意しているのも、ハイウェイスター(HighwaySTAR)の特徴の一つです。

この新型モデルは、発進時にモーターがエンジンをサポートする”マイルドハイブリッド “を採用していることもあり、出足からスムーズに発進をしていってくれます。

そのため、街中を普通に走る限りでは、ノンターボ車でも十分です。

ただ、山道を登る時や高速道路での追い越しに関しては、この新型モデルは車体重量が重たいこともあり、ノンターボ車では、やはり少し心許(こころもと)ないです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)で長距離ドライブに行こうと思っている方や登坂路の地域に住んでいる方は、パワーにゆとりがあるターボ車の方が良いのかなと思いました。

新型ルークスの標準モデルはこんな人にオススメ!【特徴を紹介】

一方、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスの標準モデル

ハイウェイスターよりも親しみやすい顔つきが印象的な標準モデルですが、次のような人にオススメのクルマになっていました。

■標準モデルがオススメの人

・街乗りメインで使用する方
・できるだけクルマを安く購入したい方
・オラオラ系の顔つきが苦手な方

そんな新型ルークス(ROOX)の標準モデルは、どのような特徴を備えているのでしょうか?上位モデルのハイウェイスターにはない標準モデルの魅力&メリットを紹介したいと思います。

過不足ない機能や装備【標準モデルの魅力1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの魅力の一つは、充実した機能&装備です。

マニュアルエアコンや差し込み式のキーを搭載している最廉価モデルの”Sグレード”は、他のグレードと比較すると、機能や装備で見劣りをします。

ただ、標準モデルの最上位に位置をする”Xグレード”には、アラウンドビューモニター付きのルームミラー、フルオートエアコン、助手席側のハンズフリーオートスライドドアが備わるなど、軽自動車としては十分すぎるほどの機能や装備を備えています。

■標準モデルのXフルオートオートエアコン

また、標準モデルには、運転手の下半身の安全性を守る”ニーエアバッグ”は用意されていないものの、それ以外の安全装備に関しては、ハイウェイスター(HighwaySTAR)と同じアイテムが備わっています。

■標準モデルに用意されている主な安全装備

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い防止アシスト
・車線逸脱防止支援システム
・車線逸脱警報
・先行車発進お知らせ

この新型ルークス(ROOX)の標準モデルには、高速道路を楽にしてくれるプロパイロット機能やブレーキペダルから足を離しても停車状態をキープしてくれる”オートブレーキホールド”など、ハイウェイスターに用意されている最新のアイテムは用意されていません。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの標準モデルは、普段使いで必要と思われる機能や装備をしっかりと押さえています。

なので、近所のスーパーや子供の送り迎えなどプロパイロット機能を必要としない普段使いメインの方は、上位装備ばないものの基本的なアイテムはしっかりと押さえている標準モデルの方がピッタリなのかなと思いました。

コストパフォーマンスの良さ【標準モデルの魅力2】

また、コストパフォーマンスの良さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの魅力の一つです。

この新型モデルのプロパイロット機能が備わっていないタイプのハイウェイスターXと標準モデルのXグレードの機能や装備を比較してみると、LEDヘッドライトとアルミホイール、SOSコールくらいしか大きな違いがありません。

■プロパイロットレス仕様のハイウェイスターX

■標準モデルのXグレード

ただ、この2台のモデルの車体本体価格を比較すると、19万円ちかくの差があります。

■ハイウェイスターと標準モデルの価格比較

ハイウェイスターX(2WD) \1,734,700
標準モデル Xグレード(2WD) \1,546,600
車体本体価格の差 \188,100

また、標準モデルのXグレードは、メーカーオプションでSOSコールを装着できるようになっているのが、このSOSコールを装着したとしても、ハイウェイスターより15万円ほど安い乗り出し価格になっています。

■新型ルークスのSOSコール

このように見ると、いかに標準モデルのXグレードが安いかが分かりますよね。

このコストパフォーマンス(コスパ)の良さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:魅力が異なる新型ルークスのハイウェイスターと標準モデル

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルは、それぞれこのような特徴&魅力を備えていました。

プロパイロット機能やオートブレーキホールドなど最新のアイテムを備えている上位モデルの”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”は、長距離ドライブや車中泊をするのにピッタリなクルマに仕上がっています。

一方、ハイウェイスターのような上級装備は用意していないものの、コスパが良く、必要な機能をしっかと備えた標準モデルは、セカンドカーや街乗りメインの方に最適です。

このようにこの新型ルークス(ROOX)はモデルによって特徴が大きくことなるので、使用するシチュエーションや購入目的を考慮して、モデル選びをするのが良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする