【使いやすくなったけど…】新型ヴェゼルと先代モデルの荷室の違いを比較

全方位的に進化を遂げたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、荷室・ラゲッジスペースも先代モデルよりも使いやすくなっていました。

ただ、残念ながら、先代モデルよりも劣るところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、先代モデルよりもドコが進化していたのでしょうか?逆に先代モデルの方が使いやすかったと感じたところは、どこだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの荷室・ラゲッジルームの違い、変わったところを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの荷室はココが進化【先代モデルより良くなったところとは?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの荷室・ラゲッジスペースは、それぞれこのようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの荷室

■先代モデルの荷室

先代モデルの荷室・ラゲッジスペースも十分に使いやすくなっていましたが、今回デビューを果たした新型モデルは、さらに使い勝手が良くなっていた感じが…。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの進化のポイント&良くなった点を紹介したいと思います。

テールゲートの開け閉めのしやすさ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの進化した点の一つが、テールゲートの開け閉めのしやすさです。

先代モデルは、スイッチ一つでテールゲートを自動開閉できるパワーテールゲートの用意はありませんでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”と”Zグレード”に電動パワーテールゲートを標準装備。

■新型ヴェゼルの電動パワーテールゲート

しかも、この新型モデルに備わっている電動パワーテールゲートは、足の動きを検知してテールゲールを開閉してくれる”ハンズフリー機能”や、クルマから離れると自動的にテールゲートを閉めてくれる”予約クローズ機能”も備えています。

ちなみに、予約クローズ機能を備えているのは、コンパクトSUVの中で新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の中です。

このように先代モデルよりもテールゲートを開けしてしやすくなったのは、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つですよ。

荷室・ラゲッジスペースのフラットさ

また、先代モデルよりも今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が良くなったのが、荷室・ラゲッジスペースのフラットさです。

先代モデルの荷室・ラゲッジルーム(特にガソリン車)は、後部座席を収納した時に少し段差ができてしまっていたんですよね。

■段差ができてしまう先代モデルの荷室

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも先代モデルのような段差はありません。

■新型ヴェゼルのフラットさが増した荷室

また、収納した背もたれのところがほぼ傾斜をしておらず、フラットな荷室・ラゲッジスペースを実現しているのも好印象でした。

夜間の荷室・ラゲッジスペースの明るさ

また、先代モデルの荷室・ラゲッジスペースよりも良いと思ったところが、夜間の明るさと荷物の探しやすさです。

先代モデルのヴェゼルは、荷室・ラゲッジスペースの左側に豆球のラゲッジランプを一つ設置しているのみだったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、豆球よりも明るいLEDのラゲッジランプを荷室の左右に1つずつ、合計2個設置。

■新型ヴェゼルのラゲッジランプ

そのおかげもあり、新型モデルの荷室・ラゲッジスペースまわりは先代モデルよりも明るく、夜間でも収納した荷物が探しやすくなっていました。

新型ヴェゼルの荷室のココが残念【先代モデルの方が良かったところとは?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、進化したところがある一方、先代モデルの方が良いと思うところもありました。

新しく生まれ変わった新型モデルの荷室・ラゲッジスペースよりも、先代モデルの方が優れているところは、どこだったのか?包み隠さずお話したいと思います。

荷室・ラゲッジスペースの広さ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも先代モデルの方が良かったと感じたことの一つが、荷室・ラゲッジスペースの広さです。

今回デビューを果たした新型モデルの車内空間は、先代モデルよりもひと回り広くなっています。

ただ、この新型モデルは、後部座席の居住スペースを優先したため、荷室・ラゲッジスペースは、狭くなってしまったんですよね。

■新型ヴェゼルの通常時の荷室

■先代モデルの通常時の荷室

パッと見た感じではそれほど大きな差は感じられないこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースですが、実際のの荷室サイズを比較してみると、これくらいの差が…。

■新型ヴェゼルと先代モデルの荷室比較

このように見比べると、思ったよりも差は大きいですね。

先代モデルと比べるとひと回り狭くなった新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、コンパクトSUVの中では、それでもなお、トップクラスの広さを確保してます。

ただ、ヴェゼルの魅力&メリットが一つ無くなってしまったようで、個人的には、少し寂しい感じがしました。

背の高い荷物の収納力&積載性

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースが先代モデルよりも悪くなったと感じたのが、背の高い荷物の&アイテムの積載です。

スタイリッシュな見た目を追求した弊害で、フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの荷室の開口部は、先代モデルよりも傾斜が厳しくなっているんですよね。

■新型ヴェゼルの荷室開口部

■先代モデルの荷室開口部

ご覧いただければ分かると思いますが、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも荷室開口部の傾斜が大きくなったおかげで、背の高い荷物を積みにくくなった感じが…。

この背の高い荷物&アイテムの積載性の悪さも、今回デビューを果たしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの気になるところでした。

まとめ:機能は充実するも積載性は先代モデルよりも劣る新型ヴェゼルの荷室

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの荷室・ラゲッジスペースを比較すると、このような違いがありました。

■新型ヴェゼルと先代モデルの荷室の違いまとめ

・電動パワーテールゲートを一部グレードに標準装備
・荷室フロアのフラットさがアップ
・LEDラゲッジランプを2個装着
・先代モデルよりも荷室の収納力&積載性は劣る
・荷室開口部の傾斜も先代モデルよりも大きい

ハンズフリー機能&予約クローズ機能付きの電動パワーテールゲートを一部グレードに標準装備するなど、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの機能性&使い勝手は、先代モデルよりも良くなっていました。

ただ、荷室の奥行きが狭くなるなど、積載性&収納力に関しては、先代モデルよりも見劣りするのが気になるところでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02