新型ヴェゼルのサイドミラーも進化【デザインや機能、視認性を徹底解剖】

2021年4月にフルモデルチェンジヲして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は全方位的に進化を遂げましたが、サイドミラーも大きく変わり、見やすくなりました。

また、世代モデルにはない機能&装備も備わり、使い勝手も良くなった感じが…。

そんな新型モデルのサイドミラー(ドアミラー)は、どのようなデザイン&視認性だったのでしょうか?また、この新型モデルのサイドミラーは、どのような機能&装備を備えていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に備わっているサイドミラーのデザインや見やすさ、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのサイドミラー【デザイン&視認性を実車画像でチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのサイドミラー

先代よりも小さくなった新型ヴェゼルのサイドミラー

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のサイドミラーで印象的だったのは、大きさ&サイズです。

先代モデルは、高さもしっかりと確保をしたSUVらしい四角い形をしたサイドミラーを採用していました。

■先代モデルのサイドミラー

しかし、この新型モデルは、先代モデルよりも高さを抑えて、ワイド感を強調したスタイリッシュなデザインのサイドミラーを採用。

■新型ヴェゼルのサイドミラー

先代モデルよりもサイドミラーのサイズ(特に高さ)はひと回り小さくなっていましたが、十分な横幅を確保していたため、先代モデルモデルよりも視認性が悪くなったとは感じませんでした。

新型ヴェゼルはドアから生えるサイドミラーを採用

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目ポイントの一つが、サイドミラーが配置されている場所です。

先代モデルのサイドミラーは、三角窓の付け根の部分に備わっていました。
そのため、斜め前方に死角があり、視認性を妨げているのが欠点の一つでした。

■三角窓の付け根に備わっている先代モデルのサイドミラー

■斜め前方に死角が多い先代モデル

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、サイドミラーをドアパネルに配置。

■ドアパネルから生えている新型ヴェゼルのサイドミラー

そのおかげもあり、新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は先代モデルよりも斜め前方の死角が少なく、安心して運転をできるようになっていました。

■斜め前方の死角が少なくなった新型ヴェゼル

サイドアンダーミラーの使い勝手もアップ

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席側のサイドミラーには、先代モデルと同様、停車時や発進前などに車両左側下部を確認をするのに重宝をするサイドアンダーミラー(補助ミラー)が備わっています。

ただ、先代モデルのサイドアンダーミラーは、後輪付近しか確認をすることができなかったんですよね。

■先代モデルのサイドアンダーミラー

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのサイドアンダーミラーは、助手席側の後輪まわりだけではなく前輪まわりも確認できるように進化。

■新型ヴェゼルのサイドアンダーミラー

そのおかげもあり、この新型モデルは、先代モデルよりも左側の車体感覚が掴みやすくなっていました。

また、新しくなったサイドアンダーミラーのおかげで、先代モデルよりも路肩に停車しやすくなったのも好印象でした。

新型ヴェゼルのサイドミラーに備わっている注目の機能&装備とは?

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のサイドミラーは、快適な運転をサポートする様々な機能&装備を備えているのも魅力の一つです。

この新型モデルのサイドミラーには、どのような機能&装備が備わっているのか?実車画像を交えて、紹介したいと思います。

ブラインドスポットインフォメーション【注目の装備&機能1】

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のサイドミラーに備わっている注目の機能の一つは、車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットインフォメーションです。

ブラインドスポットモニターとは、高速速道路などを走行中、死角になりやすい自車の斜め後方の車両を検知し、インジケーターの点灯によって、クルマの接近を教えてる機能。

また、斜め後方に車両を検知している状態でウィンカーを操作すると、インジケーターを点滅と警告音で注意を促します。

高速道路での車線変更をする際に重宝ををするブラインドスポットインフォメーションですが、競合車・ライバル車の多くは、メーカーオプションで用意しています。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの上位モデルでは、高速道路を運転する時に重宝をする”ブラインドスポットインフォメーション”を標準装備。

■ブラインドスポットインフォメーションのインジケーター

オプションではなく、標準装備されているは、かなり嬉しいですよね。

このように高速道路での安全な運転をサポートしてくれる機能&装備が標準仕様となっているのは、競合車・ライバル車にはない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

■ブラインドスポットインフォメーションを標準装備のグレード

・プレイ(PLay)
・Zグレード

リバース連動ドアミラー【注目の装備&機能2】

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルでは、”リバース連動ドアミラー”が備わっているのも注目ポイントの一つです。

リバース連動ドアミラーとは、助手席側の視認性をよくするため、セレクトレバーを”R(リバース)”に入れた際、助手席側のドアミラーの鏡面を下向きにする機能。

今回デビューを果たした新型モデルでは、バックモニターだけではなく、真上から見下ろしたような視点で自車を確認することができる”パノラミックビューカメラシステム”が用意されています。

■新型ヴェゼルのバックモニター

なので、リバース連動ドアミラーが大活躍をする場面は、それほど多くはないと思います。

ただ、このように安全性を少しでも高める機能&装備が用意されているのは、この新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つなのかなと思いました。

■リバース連動ドアミラーを標準装備のグレード

・プレイ(PLaY)
・Zグレード

親水/ヒーテッドドアミラー【注目の装備&機能3】

また、サイドミラー部分に熱戦を内蔵して、雨天時などに発生するくもりを取ったり、雪や霜を溶かしてくれる”親水/ヒーテッドドアミラー”を備えているのも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目ポイントの一つです。

■新型ヴェゼルのヒーテッドドアミラースイッチ

なので、この新型モデルは、雨や雪が降っている時でも、後方の確認がしやすくなっています。

このように悪天候時でも、安心感のあるクリアな視界の中で運転することができるようになっているのも、今回デビューを果たした新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

■親水/ヒーテッドドアミラーを標準装備のグレード

・プレイ(PLaY)
・Zグレード
・Xグレード(※4WDのみ)
・Gグレード(※4WDのみ)

まとめ:視認性&機能性に優れてる新型ヴェゼルのサイドミラー

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のサイドミラーは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ヴェゼルのサイドミラーのまとめ

・ワイド感を強調したスタイリッシュな見た目
・助手席側の前輪/後輪まわりを映すサイドアンダーミラーを搭載
・安心感のある運転をサポートする様々な機能を搭載

先代モデルよりもスタイリッシュな見た目になったこの新型モデルのサイドミラーですが、ブラインドスポットインフォメーションやリバース連動ドアミラーを搭載するなど、機能性に優れたデザインに…。

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも安心感のあるクルマに仕上がっていました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く際は、サイドミラーに備わっている機能&装備にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02