ちょっと物足りない!新型ヴェゼル ガソリン車のメーターの実車画像インプレ

2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車のGグレードは、ハイブリッド車(e:HEV)とは異なる専用デザインのメーターを採用しています。

ただ、実際に確認してみると、気になるところも…。

そんな新型モデルのガソリン車のメーターは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのガソリン車のメーターで気になるところは、どこだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車のメーターのデザインや表示項目、視認性などを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼル ガソリン車のメーター&マルチインフォのデザインをチェック

2021年4月にデビューを果たしたホンダのコンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車のメーターは、このようなデザインをしています。

こちらは、エンジンを立ち上げる前のメーターです。

■エンジンをOFFにした時のメーター

そして、エンジンを立ち上げると、この新型モデルのメーターは、このようになります。

■エンジンをONにした時のメーター

ガソリン車は2眼式メーターを標準装備

今回デビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車では、自発光タイプのスピードメーターに7.0インチサイズのディスプレイを組み合わせたメーターを採用していました。

■ハイブリッド車のメーター

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車では、タコメーターとスピードメーターの間にマルチインフォメーションディスプレイを配した2眼式のアナログメーターを採用。

■ガソリン車のタコメーター

■ガソリン車のスピードメーター

タコメーターやスピードメーターには、メッキ調のリングがあしらわれており、シンプルながらも視認性に優れるデザインになっていました。

マルチインフォメーションディスプレイをメーター中央に配置

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車では、タコメーターとハイブリッド車の間に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを配置していました。

■ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

また、ハンドル・ステアリングスイッチの左側に備わっているマルチインフォメーションディスプレイ切り替えスイッチを用意。

■マルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチ

【家】のような形をしたスイッチを押した後、ホイールをグルグルと回すと、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えることができます。

そして、ハンドルの左側に備わっているスイッチやホイールを操作して、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えてみたところ、次のような表示項目が登場しました。

■航続距離/燃費/トリップメーター

■車速/経過時間

■コンパス

■全席シートベルト

■安全支援情報

■表示設定

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイは、航続距離/燃費/トリップメーター、車速/経過時間などの表示画面を用意していました。

ただ、個人的には、アイドリングストップ時間やガソリンの節約量など、ガソリン車ならではの表示項目を用意しても良かったのかなと思いました。

新型ヴェゼル ガソリン車のメーター【不満&残念なところとは?】

このようにシンプル&スタイリッシュなデザインになっていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車のメーターですが、実際に使用してみると、少し気になるところもありました。

この新型モデルのガソリン車のメーターの気になったところを、包み隠さずお話したいと思います。

マルチインフォメーションディスプレイの画面サイズ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車のメーターを感じて残念に思ったこのとの一つは、マルチインフォメーションディスプレイの画面サイズです。

ハイブリッド車(e:HEV)では、7インチサイズの大画面の液晶ディスプレイにマルチインフォメーションディスプレイの情報を表示しています。

■ハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイ

一方、ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズは4.2インチサイズと、最新のクルマとは思えない小ささに…。

そのため、ハイブリッド車と見比べると、先進さはありません。

個人的には、もう一回りマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズが大きく、視認性に優れるデザインの方が良いように感じました。

ちなみに、メーカーオプションとして用意されているホンダコネクト ディスプレイを装着すると、ハイブリッド車のような7インチサイズの液晶ディスプレイを配したメーターになるようですよ。

■7インチサイズの液晶ディスプレイを配したメーター

ドライブモードを切り替えた時のグラフィック

また、2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のガソリン車に用意されているメーターで残念に感じたことの一つが、ドライブモードを切り替えた時のグラフィックです。

ハイブリッド車では、ドライブモードを切り替えた時、マルチインフォメーションディスプレイの大画面にキレイなグラフィックがマルチインフォメーションディスプレイに表示され、特別感を演出してくれるんですよね。

しかし、4.2インチサイズの画面のマルチインフォメーションディスプレイを備えたガソリン車では、このようなキレイなグラフィックは表示されません。

ECONモードに切り替えると、”ECONマーク”が表示されるだけです。

ここらへんも、7インチサイズの液晶ディスプレイを備えたハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

まとめ:先進性に物足りなさを感じる新型ヴェゼル ガソリン車のメーター

2021年4月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトSUV”新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”のガソリン車のメーターを確認したところ、このようなデザインになっていました。

■ガソリン車のメーターのまとめ

・2眼式のアナログメーターを標準装備
・標準仕様のマルチインフォの画面サイズは4.2インチ
・ホンダコネクト ディスプレイの装着でメーターのデザインが変わる

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車のメーターは、スピードメーターとタコメーターを備えたオーソドックスな2眼式のアナログメーターを標準装備。

誰でも違和感なく使用することができる視認性&使い勝手の良さは魅力ですが、大画面のマルチインフォメーションディスプレイを備えているハイブリッド車と比較すると、見た目のデザイン性&先進性で少し物足りなさを感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02