新型ヤリスクロス4WD(E-Four)の荷室は使いやすい?【特徴やアレンジを徹底解説】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロスの4WD(E-Four)は、内外装に様々な専用装備を備えていますが、荷室・ラゲッジスペースもFF車とは異なる専用設計となっています。

なので、FF車と4WD(E-Four)では、荷室のアレンジや使い勝手などに違いが…。

そんな新型モデルの4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、FF車の荷室・ラゲッジスペースとどのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースの特徴や用意しているアレンジや使い勝手、特徴をどこよりも分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロス4WD(E-Four)の荷室の特徴は?

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■4WD(E-Four)の荷室
グレード:ハイブリッドG 4WD

この新型モデルの4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースのサイズに関しては、FF車と同じになっています。

ただ、使い勝手に関しては、若干違いがありました。

そんな新型モデルの4WD(E-Four)仕様の荷室・ラゲッジルームの魅力や特徴、FF車との違いを紹介したいと思います。

デッキボードの高さは固定【4WD(E-Four)の荷室の特徴1】

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つは、荷室フロアに備わっているデッキボードです。

この4WD(E-Four)でもFF車と同様にデッキボードが用意されています。

■4WD(E-Four)仕様のデッキボード

ただ、2段階から高さを調整することができたFF車とは異なり、この新型モデル4WD(E-Four)のデッキボードは掃き出し口の高さで固定されてしまい、調整することができません。

なので、スーツケースなどの大きい荷物の積載性&収納力は、FF車よりも劣ります。

また、FF車のデッキボードは6対4分割方式になっており、左右別々に高さ調整を行うことがでいるのですが、4WD(E-Four)のデッキボードは、シンプルな一体型となっています。

■FF車に採用されている6対4方式のデッキボード

悪路での走破性に関しては、様々なドライブモードを用意している4WD(E-Four)の方が圧倒的に良いですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、4WD(E-Four)よりもFF車の方が一枚も二枚も上手だなと感じてしまいました。

3分割可能な後部座席を採用【4WD(E-Four)の荷室の特徴2】

また、今回デビューを新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)仕様の上位モデルでは、3分割することができる4対2対4タイプの後部座席を採用しています。

■新型ヤリスクロスの4対2対4分割方式の後部座席

そのため、4WD(E-Four)の上位モデルでは、後部座席の中央部分のみを収納して、4人乗車じた状態でも釣り竿やスキー板の長尺物を積み込むことができちゃいます。

■後部座席の中央部分のみを収納した時の4WDの荷室

実はコンパクトSUVクラスのクルマで、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しているのって、かなり珍しんですよね。

4対2対4分割方式の後部座席を活かした多彩な荷室アレンジを用意しているのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

専用デザインの床下収納【4WD(E-Four)の荷室の特徴3】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)では、デッキボードの下に備わっている床下収納(サブトランク)も専用デザインとなっています。

■4WD(E-Four)の床下収納

この4WD(E-Four)の床下収納(サブトランク)は横幅が約50cmあり、思ったよりも使い勝手が良さそうな感じが…。

FF車とは若干デザインが異なりますが、このように使い勝手の良い床下収納(サブトランク)が用意されているのも、この新型モデルの4WD(E-Four)仕様の荷室の良いところなのかなと思いました。

新型ヤリスクロス4WD(E-Four)の荷室【アレンジ&使い勝手をチェック】

このような特徴を備えていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースですが、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの4WD(E-Four)仕様に用意されている荷室アレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スタンダードモード【4WD(E-Four)の荷室アレンジ1】

後部座席を使用した時の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースは、このようになっています。

■スタンダードモード時の4WD車の荷室

この4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースは、フロアの位置が高いこともあり、FF車よりも荷室容量が狭く感じてしまいます。

ただ、4WD(E-Four)は、荷室フロアの位置が開口部と同じ高さになっているため、荷物の積み下ろしは、スムーズにできるように感じました。

4:2:4モード【4WD(E-Four)の荷室アレンジ2】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の上位モデルでは、後部座席の中央部分のみを収納する荷室アレンジ”4:2:4モード”を用意しています。

■4:2:4モードの4WD車の荷室

後部座席の中央部分の横幅が約19cmとなっているため、収納するできるアイテムは限られてしまいますが、運転席前のダッシュボードまで貫通する広さがあり、細長いアイテムを収納する時には重宝する感じが…。

また、後部座席を収納した部分で大きな段差が生じないのも、この新型モデルの4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースの良いところだと思いました。

6:4モード【4WD(E-Four)の荷室アレンジ3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、後部座席の左右のどちらかを収納する”6:4モード”の荷室・アレンジも用意しています。

■6対4モード時の4WD車の荷室

後部座席の背もたれを収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが一気に広くなりますね。

これならゴルフバックや家電、キャンプ用品などの大きいアイテムもラクラク積み込むことができそうです。

ただ、FF車のように後部座席を収納したサイドだけデッキボードを上段に設置して、もう一方は、デッキボードを下段に設置をすると言った感じの荷物の量や大きさに応じた荷室アレンジにすることができないのは、少々残念でした。

フルフラットモード【4WD(E-Four)の荷室アレンジ4】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席の背もたれをすべて収納すると、荷室・ラゲッジスペースの広さを最優先にする”フルフラットモード”になります。

■フルフラットモード時の4WDの荷室

この新型モデルの後部座席の背もたれは厚みがあるためか、後部座席を収納した時に若干の手前下がりになってしまっているのが、少々残念です。

ただ、荷室フロアと後部座席の背もたれ部分で大きな段差がなく、使い勝手が良くなっていたのは好印象でした。

まとめ:使い勝手の悪さを感じさせない新型ヤリスクロスの4WDの荷室

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室・ラゲッジスペースは、このようにFF車とは全く異なるデザインになっていました。

■新型ヤリスクロス4WDの荷室のまとめ

・4WDのデッキボードは上段に固定
・4WDの上位モデルも4対2対4の後部座席を採用
・専用デザインの床下収納を搭載

この新型モデルの4WD(E-Four)は、FF車のようにデッキボードで荷室・ラゲッジスペースの高さを調整できません。

なので、荷室・ラゲッジスペースのアレンジ性は、FF車よりも劣ります。

ただ、後部座席を収納した時にフラットになる新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD(E-Four)の荷室の使い勝手は、それほど悪いとは思いませんでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02