新型ヤリスクロスってどんなクルマ?【内外装の特徴や魅力、お金事情のまとめ】

トヨタの人気車種”ヤリス(YARIS)”をベースにしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)が、2020年8月にデビューを果たしました。

最新の安全装備システムや使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースなど、この新型モデルには、競合車・ライバル車にはない様々な魅力が…。

トヨタからデビューを果たしたこの新型モデルは、どのようなクルマに仕上がっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

満を持して登場をしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内外装の特徴や魅力、お金事情などをまとめてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

街中で映える新型ヤリスクロスの外装

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ヤリスクロスの外装・エクステリア

ヤリスよりも存在感のある新型ヤリスクロス

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の全長は4,180mmとコンパクトSUVの中では短い反面、全高&最低地上高が高く、塊感のあるデザインに…。

また、この新型モデルのサイドには、マットカラーのドア下モールディングや大きく張り出したフェンダーアーチモールが備わるなど、SUVらしさを強調したデザインになっていました。

コンパクトSUVの中でトップクラスの低燃費を実現

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ハイブリッド車/ガソリン車と2つのパワートレインを用意していますが、どちらのモデルもコンパクトSUVの中でトップクラスの燃費性能を誇っています。

■新型ヤリスクロスの燃費性能

この新型モデルの中で一番燃費が良いグレードは、ハイブリッドXのFF車なのですが、WLTCモード燃費で30.8km/Lと言うはかなりスゴイ数値ですよね。

この燃費性能の良さも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ヤリスクロスは7つのグレードを用意

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ハイブリッド車3つ、ガソリン車4つ、合計7つのグレードをラインナップしています。

■新型ヤリスクロスのグレードラインナップ

グレードによって、ヘッドライトの光源やタイヤ&ホイールのサイズ、フロントグリルの高級感などに違いがあるので、ご注意くださいね。

使いやすさと質感に優れる新型ヤリスクロスの内装

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型ヤリスクロスの内装・インテリア

グレードによって車内の雰囲気が異なる

SUVらしさを強調した外装・エクステリアとは異なり、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアは、使い勝手にこだわったシンプルモダンなデザインになっています。

ただ、この新型モデルは、グレードによって内装色・インテリアカラーが異なるため、車内の雰囲気に大きな差が…。

また、この新型モデルは、シートの形や座り心地も異なるので、グレード選びをご注意くださいね。

機能や装備は充実

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、USBの数やメーターのデザインなど、グレードによって機能や装備が異なります。

ただ、最廉価モデルのXグレードでも、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド、スマホ/iPhoneを接続して使用するディスプレイオーディオが標準装備されるなど、機能や装備が充実。

■新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ

この機能や装備の充実も今回デビューを果たしたこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

後部座席の居住スペースは競合車よりも狭い

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ベースとなっているヤリス(YARIS)よりも天井が高いこともあり、後部座席の居住スペース(特に頭上空間)は、広くなっています。

ただ、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)や日産のキックス(KICKS)よりも全長が短いこともあり、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、少し狭めになっていました。

多彩なアレンジを備える新型ヤリスクロスの荷室

競合車・ライバル車にはないこの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力&メリットの一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

■新型ヤリスクロスの荷室・ラゲッジスペース

荷室の形を自由自在に変えれる新型ヤリスクロスの荷室

トヨタからデビューを果たしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは、多彩な荷室アレンジです。

FF車のGグレード以上では、6対4分割方式のアジャスタブルデッキボードを標準装備しており、左右別々に荷室・ラゲッジスペースの高さを調節することが可能です。

■新型ヤリスクロスのデッキボード

また、この新型モデルの上位モデルでは、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しており、競合車・ライバル車では行うことができない荷室アレンジを実現。

■新型ヤリスクロスの4対2対4分割方式の後部座席

荷物の大きさや量、後部座席の使用状況に応じて、自由自在に荷室の形を変えることができるのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つなのかなと思いました。

ゴルフバッグを2個収納することが可能

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は全長が短いこともあり、荷室サイズ自体は、競合車・ライバル車よりも狭くなっています。

ただ、9.5インチサイズのゴルフバッグや大型のスーツケースを2個まで積み込むことができる収納力を備えているのは、好印象でした。

最新の安全装備を備えている新型ヤリスクロス

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、最新の安全装備システム全グレードに標準装備しているのも、魅力&メリットの一つです。

競合車よりも優れている新型ヤリスクロスの自動ブレーキ

この新型モデルの安全装備の注目の機能の一つが、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)です。

競合車・ライバル車にも自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)が備わっていますが、この新型モデルは、夜間の歩行者も対応する最新モデルになっています。

また、この新型モデルの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)は、競合車・ライバル車にはない機能も…。

この自動ブレーキの性能の高さは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

クルーズコントロールも最新バージョンを採用

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、クルーズコントロール(クルコン)が、ガソリン車の最廉価モデルに位置をする”XBパッケージ”を除いた全グレードに標準装備しています。
ただ、この新型モデルは、停車も自動で行ってくれる全車速対応のクルーズコントロール(クルコン)を標準装備。

この性能の高いクルーズコントロール(クルコン)も、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

競合車にはない安全装備を搭載

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、競合車・ライバル車には用意されていない安全装備システムが多数用意されています。

その一つが、自動駐車支援システムの”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”です。

ハイブリッド車のみなのですが、今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、ハンドルだけではなく、アクセル/ブレーキの操作も自動で行ってくれる自動駐車支援システムの”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”が用意されています。

【ヤリスクロス】トヨタ チームメイト

また、この新型モデルは、事故に遭った際や急病人が車内で出た際など、専用のオペレーターに接続することができる”ヘルプネット(SOSコール)”も搭載されています。

■新型ヤリスクロスのSOSコール

このような安全装備を備えているのも、競合車・ライバル車と新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の大きな違いの一つなのかなと思いました。

購入のしやすさも魅力の新型ヤリスクロス

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、購入しやすい価格設定になっているのも魅力&メリットの一つです。

新型ヤリスクロスは200万円を切るモデルも用意

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、200万円を切るグレードを用意するなど、競合車・ライバル車よりも安い価格設定になっています。

軽自動車でも250万円オーバーする時代に200万円以下のモデルが用意されているというのは、ちょっとスゴイですよね。

このように幅広い価格設定を用意しているのも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の特徴の一つなのかなと思いました。

グレードによって異なるオプション

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、SUVらしさを強調するアイテムから安全装備を強化するアイテムまで、魅力的なオプションを用意しています。

ただ、高速道路の車線変更をサポートする”ブラインドスポットモニター(BSM)”は最廉価モデルのXグレードには装着することができないなど、グレードによって、装着できるアイテムに違いがあるので、ご注意くださいね。

納期・納車待ちは長め

ただ、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は売れ行きが良い事もあり、納期・納車待ちは、長めになっています。

ただ、いつもお世話になっているディーラーさんに確認してみたところ、パワートレインや選ぶボディカラーによって納期・納車待ちが若干異なるので、ご注意くださいね。

まとめ:競合車にはない様々な魅力を備えている新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”は、このような特徴&魅力を備えていました。

ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)や日産のキックス、トヨタのCHR/CH-Rなど、競合車・ライバル車も魅力的なクルマに仕上がっています。

ただ、使い勝手の良い荷室や最新の安全装備システムなど、この新型モデルには、競合車にはない魅力がたくさんあるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02