新型ヤリスクロスの荷室を比較【2WD車と4WDの3つの違いとは?】

走行モードを切り替えるダイヤル式のスイッチが備わるなど、走破性や内外装のデザインに違いがある新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車ですが、荷室・ラゲッジスペースが異なるのも見逃せないポイントの一つです。

そのため、2WD車と4WD車では、積載性だけではなく荷室の使い勝手も大きく異なりました。

そんな新型モデルの2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジルームは、どんな違いがあったのでしょうか?

トヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジスペースの違いを、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスの2WD車と4WD車の荷室をチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれこのようなデザインになっています。

■2WD車のラゲッジルーム

■4WD車のラゲッジルーム

荷室サイズ&アレンジに違いはなし

今回デビューを果たした新型モデルの基本的な荷室サイズは、2WD車/4WDで大きな違いはありません。

また、2WD車/4WD車の上位モデルはどちらも、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しており、4人乗車した状態でも釣り竿やスキー板などの長尺物を積み込むことができます。

■後部座席の中央を収納した時の荷室

このように2WD車だけではなく4WD車にも、長尺物を積み込むことができるシート&荷室アレンジを用意しているのは好印象でした。

荷室まわりの機能&装備も大きな違いはなし

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、2WD車/4WD車で機能や装備も、基本的には同じになっています。

例えば、この新型モデルの上位モデルは2WD車/4WD車どちらも、電源を取る時に重宝をするアクセサリーソケットが用意されています。

■荷室に備わっているアクセサリーソケット

また、上位モデルはオプションで、足の出し入れでテールゲートを開け閉めすることができるハンズフリー機能付きのパワーバックドアも用意されています。

このように機能や装備に違いがないのも、この新型モデルの2WD車/4WD車の荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つなのかなと思いました。

新型ヤリスクロスの荷室【2WDと4WDの違いとは?】

サイズや使い勝手に大きな差がなかった新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースですが、2WD車/4WD車の荷室・ラゲッジスペースには、使い勝手に大きな差が…。

この新型モデルの2WD車/4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、どんな違いがあったのか?実車画像を使って、紹介したいと思います。

荷室フロアの高さ【2WD車と4WD車の荷室の違い1】

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジスペースの大きな違いの一つが、フロアの高さです。

この新型モデルの上位モデルは、2WD車/4WD車どちらもデッキボードを荷室フロアに備えており、2WD車では、上下2段階から荷室の高さを調整することができるようになっています。

■デッキボードを上段に設置した時の様子

■デッキボードを下段に設置した時の様子

なので、2WD車では、荷物の大きさや量に応じて、荷室・ラゲッジスペースの高さを調節することができます。

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、荷室開口部と同じ高さに荷室フロアが固定されており、2WD車のように荷室・ラゲッジスペースの高さを調整することができません。

■荷室フロアの位置が固定されている4WD車の荷室

なので、大きい荷物の積み込みに関しては、4WD車よりも2WD車の方が有利な感じが…。

このように新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車/4WD車では、荷室の高さに関して大きな違いがあるのでご注意くださいね。

デッキボードの使い勝手【2WD車と4WD車の荷室の違い2】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車/4WD車では、荷室に用意されているデッキボードの使い勝手も異なります。

この新型モデルの2WD車のデッキボードは、ちょっと珍しい6対4分割方式になっております。

■2WD車のデッキボード

なので、このように左右別々に荷室・ラゲッジスペースの高さを調整することもできちゃいます。

■左右独立して高さを調節できる2WD車のデッキボード

一方、4WD車のデッキボードは一枚板になっているため、2WD車のような使い方をすることができません。

■一枚板になっている4WD車のデッキボード

このようにデッキボードの使い勝手が異なるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車/4WD車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

床下収納の使い勝手【2WD車と4WD車の荷室の違い3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車/4WD車では、デッキボードの下に備わっている床下収納(サブトランク)のデザイン&サイズにも違いがありました。

こちらは、2WD車の床下収納(サブトランク)です。

■2WD車の床下収納

丸い形になっている2WD車の床下収納(サブトランク)は、手前部分だけでなく、奥側にもスペースがあり、様々なアイテムを収納することができます。

一方、こちらは、4WD車の床下収納(サブトランク)です。

■4WD車の床下収納

2WD車とは異なり、4WD車の床下収納(サブトランク)は、スクエア形状になっています。

また、収納スペースが荷室・ラゲッジスペースの前方部分しかなく、2WD車よりも少ない感じが…。

ここらへんも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジスペースの大きな違いの一つなのかなと思いました。

まとめ:荷室の使い勝手が異なる新型ヤリスクロスの2WDと4WD

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車を見比べてみたところ、このような違いがありました。

■新型ヤリスクロスの2WDと4WDの荷室の違いのまとめ

・荷室の高さ
・デッキボードの使い勝手
・床下収納の大きさ

実際にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで特に違いを感じたのは、収納力と積載性です。

悪路の走破性に関しては4WD車の方が明らかに良くなっていましたが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、2段階からを高さを調整することができるデッキボードが標準装備されている2WD車の方が一枚も二枚も上手なのかなと思いました。

このように新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車は、走りだけではなく荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も大きく異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02