外装の装備&機能の違いは!?新型カローラスポーツの3つグレードを比較

スポーツモデルらしい精悍なフロントマスクが特徴のコンパクトハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルはハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードをラインナップに加えていますが、グレードによって、外装・エクステリアの趣(おもむき)・方向性が違いがます。

例えば、最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”はスポーツモデルらしさを前面に押し出したデザインに…。一方、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”は、スポーツモデルらしい精悍さよりも、上質さや高級感を強調したデザインになっていました。

>>> トヨタ新型カローラスポーツのグレード差【外装&見た目の特徴を徹底解剖】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアは、グレードによって、装備や機能にも違いが…。

2018年6月にデビューをした新型スポーツハッチバックの外装の装備や機能は、グレードによって、どんな違いがあったのか?

実車画像を使って、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装の装備&機能の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの3つのグレード:外装の装備の違いを実車画像で紹介

2018年6月にデビューを果たしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のそれぞれのグレードの外装・エクステリアは、次の3つのグレードを用意しています。

■新型カローラスポーツの3つのグレード
・GZグレード/ハイブリッドGZ
・Gグレード /ハイブリッドG
・GXグレード/ハイブリッドGX

そんな新型モデルの3つのグレードの外装・エクステリアを見比べたところ、次の4つのパーツ&装備に違いがありました。

■新型カローラスポーツ
・ヘッドライト
・フロントフォグランプ
・各装備の加飾デザイン
・タイヤ&ホイール

この新型モデルに搭載されている4つの装備&アイテムは、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアの違いを紹介いたします。

違い1.ヘッドライト

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のグレードによる違いの一つが、ヘッドライトです。

今回新発売された新型モデルでは、それぞれのグレード、次のタイプのヘッドライトが標準装備されていました。

■新型カローラスポーツのヘッドライト
GZグレード/ハイブリッドGZ…バイビーム式LEDヘッドライト
Gグレード/ハイブリッドG    …3灯式LEDヘッドライト

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、一つの光源でロービームとハイビームを切り替える事ができるバイビーム(Bi-BEAM)式のLEDヘッドライトを標準装備。

■GZグレードのバイビーム式LEDヘッドライト

一方、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”では、オーソドックスな3灯式のLEDヘッドライトを標準装備。

■Gグレード/GXグレードの3灯式LEDヘッドライト

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”とそれ以外のグレードでは、見た目の先進性、スタイリッシュさに大きな違いがありました。

違い2.フロントフォグランプ

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のフロントマスクの大きな違いの一つが、フロントフォグランプの有無です。

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、スタイリッシュなLEDフォグランプが標準装備されています。

■GZグレードのフロントフォグランプ

一方、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”や最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”では、フロントフォグランプは標準装備ではなく、メーカーオプション設定になっています。

なので、標準仕様の”GXグレード/ハイブリッドGX”のフォグランプ部分には、このようにキャップで蓋がされています。

■Gグレード/GXグレードのフォグランプキャップ

このフロントフォグランプの有無も、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のグレード間の大きな違いの一つだと思いました。

ちなみに、このフロントフォグランプはメーカーオプション設定になっているので、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”や最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”でも、装着する事が可能ですよ。

違い3.各パーツの塗装&加飾

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、次の装備・アイテムの加飾やデザイン、カラーに違いがありました。

■グレードによって、外装の塗装&加飾が異なるパーツ
・フロントグリル
・センターピラー
・サイドウィンドウモール
・リヤバンパー

グレードによって、フロントマスクの印象が大きく違う

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の3つのグレードで大きく異なるのは、フロントグリルの質感とカラーです。

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”は、3つのグレードの中で唯一サテンメッキ調の塗装を採用。また、フロントグリル内のメッシュ部分にも、ガンメタリック半艶塗装を採用。

■GZグレードのフロントマスク

この最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”は、他のグレードとは一味異なるスタイリッシュなフロントマスクになっていました。

一方、中間モデルの”Gグレード”のメッシュ部分は、最上位モデルの”GZグレード”と同じガンメタリック半艶塗装になっていたものの、フレーム部分のサテンメッキの加飾は無く、ガンメタリック艶有り塗装に…。

■Gグレードのフロントマスク

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のフロントマスクは、フレーム部分のサテンメッキが無い事もあり、最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”よりもインパクトが劣るのかなと思いました。

一方、最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”の標準仕様のフロントマスクは、塗装が施されたいないシンプルなブラックカラーに…。

■GXグレードのフロントマスク

この”GXグレード/ハイブリッドGX”は、コスパ(コストパフォーマンス)重視のグレードという事もあり、シンプルな見た目になっていました。

センターピラーの塗装にも意外な差が…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、フロントドアとリヤドアの間にあるセンターピラーの塗装にも違いありました。

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”のセンターピラーは、ピアノブラック調の塗装が施されており、艶やかな見た目に…。

■GZグレードのセンターピラー

一方、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”では、艶のないブラック塗装になっており、見た目の高級感に差がありました。

■Gグレード/GXグレードのセンターピラー

サイドウィンドウモールの高級感にも差が…

センターピラーのカラーが異なる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、サイドウィンドウを取り囲むモールの加飾パーツの使いかも、グレードによって異なります。

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”と中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、メッキ加飾を施したサイドウィンドウモールを標準装備。

■GZグレード/Gグレードのサイドウィンドウモール

一方、最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”は、シンプルなブラックカラーのサイドウィンドウモールを標準装備。

■Gグレード/ハイブリッドGのサイドウィンドウモール

キラリと輝くメッキ加飾を施したサイドウィンドウモールを備えている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の上位モデルとシンプルなブラック塗装の最廉価モデルでは、横からのデザインの高級感・上質感に大きな違いがありました。

GZグレードのリヤバンパーはスポーティーさを際立たせたデザインに…

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、リヤバンパーの加飾デザインにも違いがあります。

どのグレードも光沢感のあるブラック塗装を施したリヤバンパーを採用しているのは、共通しています。

ただ、最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”は、唯一、マフラーのような形をしたメッキ調の加飾を採用。

■GZグレードのリヤバンパー

スポーツモデルらしい躍動感のある後ろ姿になっているのも、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”の魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

違い4.タイヤ&ホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアの装備の違いの大きな一つが、タイヤ&ホイールです。

今回新発売された新型モデルでは、グレードによって、タイヤ&ホイールに次のような違いがありました。

グレードによって、タイヤサイズが異なる

今回新発売された新型モデルは、グレードによって、タイヤサイズが異なります。

■新型カローラスポーツのタイヤサイズ
・GZグレード…18インチサイズ(225/40R18)
・Gグレード …16インチサイズ(205/55R16)
・GXグレード…15インチサイズ(195/65R15)

また、グレードによって、装着あされているタイヤメーカーやブランドも異なります。なので、グレードによって、乗り心地が全く異なります。

ホイールのデザインヤ素材にも違いが…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、ホイールのデザインや使用されている素材に違いがありました。

例えば、最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”は、切削加工&ダークグレーメタリック加工が施された専用デザインのホイールだったのに対し、最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”は、シンプルなスチールホイールを標準装備。

なので、この新型モデルは、グレードによって、見た目のデザイン性や迫力に大きな違いが…。

この見た目のデザインや乗り心地に大きな影響を与えるタイヤ&ホイールは、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のグレード間の大きな違いの一つです。なので、グレード選びをする際は、タイヤの違いに注目してみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツのタイヤ【実車画像でメーカーやサイズの違いを徹底解説】

2018年6月にデビューをして新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアは、グレードによって、このような装備&機能に違いがありました。

今回新発売された新型モデルは装備やデザインが異なるため、見た目のデザインに大きな差があります。なので、グレードによって、お客さんの購買層に差があるようです。

>>> 年齢層で違う!?新型カローラスポーツの人気グレードをディーラーに確認してみた

また、外装・エクステリアと同様に内装も、グレードによって、雰囲気や装備に差があります。なので、購入前は、この内装・インテリアの差もしっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツの内装【それぞれのグレードの特徴を実車画像で紹介】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする