新型カローラスポーツのエコカー減税【ガソリンとHVの税金の違いは?】

2018年6月、3ナンバーに拡大され、スタイリッシュさに磨きがかかったスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、1.2リットルターボエンジンを搭載さいたガソリン車と、1.8リットルエンジンを搭載したハイブリッド車の2つのタイプを用意しています。

>>> HV車とガソリンは見分けられる!?新型カローラ スポーツの外装の違いを比較

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車ですが、同じグレード同士の車体本体価格を比較すると、当然のことながら、ハイブリッド車の方が高くなっています。また、この差もかなり大きいです。

ただ、乗り出し価格で計算すると、エコカー減税の影響もあり、ハイブリッド車とガソリン車の価格差は、若干ですが小さくなります。

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車のエコカー減税の減税率は、それぞれどのようになっているのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車のエコカー減税の課税額は、どれくらい違いがあるのでしょうか?

私が貰ってきた見積もりを使って、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のエコカー減税の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのエコカー減税【ハイブリッド車とガソリン車の違いを確認】

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の外装
グレード:ハイブリッドGZ

■ガソリン車の外装
グレード:GZグレード

カローラシリーズ初となる3ナンバーサイズになったこの新型モデルは、切れ長のヘッドライトや大開口のフロントグリルを採用するなど、スポーティーでスタイリッシュなスタイルに進化。

今までとのカローラとは一線を画した若々しいクルマに生まれ変わっていました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車のエコカー減税率を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型カローラ スポーツのエコカー減税率
・ハイブリッド車:100%免税
・ガソリン車      :エコカー減税対象外

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車は、100%エコカー減税対象車となっています。なので、クルマを購入時、自動車取得税&自動車重量税は、かかりません。

実際にハイブリッド車の見積もりを見てみると、自動車重量税と自動車取得税は、このように0円となっています。

■新型カローラスポーツのハイブリッド車の見積もり

これは、かなり嬉しいですよね。

一方、1.2リットルターボエンジンを搭載している新型カローラ スポーツのガソリン車は、2WD/4WD、マニュアル車(MT車)問わず、すべてのモデルでエコカー減税適応対応外となっていおります。なので、自動車重量税&自動車取得税がすべて課税されます。

ちょっとこの結果は残念な感じが…。

自動車取得税や自動車重量税が減税され、支払い金額が少し安くなるだけでも、見積もりを貰った時の印象が大きく変わります。

今回新初ビアされた新型モデルのガソリン車がエコカー減税対象外となっており、自動車取得税と自動車取得税税をまるまる全部支払わないといけないのは、ちょっと残念に感じました。

ガソリン車のエコカー減税の実際の支払金額はどれくらい?

このように今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のガソリン車は残念ながらエコカー減税対象外となっていましたが、実際はどれくらい支払わないといけないのでしょうか?

私が貰ってきた見積もりを使って、この新型モデルのガソリン車のエコカー減税の支払い金額を紹介したいと思います。

今回私が貰ってきた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のガソリン車の見積もりは、コチラです。

■新型カローラ スポーツのガソリン車の見積もり

今回私は、ガソリン車の最上位モデル”GZグレード”の見積もりを貰ってきたのですが、エコカー減税(自動車取得税&自動車重量税)の支払い金額は、それぞれこのようになっていました。

■ガソリン車のエコカー減税の支払額
自動車取得税: 68,600円
自動車重量税: 36,900円
合計金額      :105,500円

自動車取得税&自動車重量税だけで、10万円以上の支払が…。

この新型モデル車体本体価格は、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が25万円以上も高くなっています。

ただ、このエコカー減税の違いもあり、車体本体価格に税金やオプションなどの諸経費を加えた乗り出し価格では、差がかなり縮まります。

なので、ハイブリッド車とガソリン車のどちらを購入しようか迷っている場合は、車体本体価格で値段を比較するのではなく、諸経費などを含めた乗り出し価格で計算する方が良いと思いますよ。

ちなみに、こちらはGZグレードの標準仕様のスポーツシートを装着したモデルのエコカー減税の支払い額となっているのですが、メーカーオプションのレッド本革のスポーツシートに変更すると、さらに支払い金額はアップいます。

■GZグレード専用オプションのレッドの本革シート

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

■レッド本革シートを装着時のエコカー減税の支払い額
自動車取得税: 73,000円
自動車重量税: 36,900円
合計金額      :109,900円

ご覧の通りに、メーカーオプションのシートを追加すると、ご覧の通り、エコカー減税の支払額が約5000円高くなるので、ご注意を…。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車のエコカー減税の支払額、減税率を確認してみたところ、このようになっていました。

ご覧の通り、今回新発売された新型モデルのハイブリッド車はエコカー減税が100%免税になっていたのに対し、ガソリン車は、エコカー減税対象外に…。

そのおかげもあり、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の差は、かなり縮まります。

もしハイブリッド車とガソリン車のどちらのモデルを購入しようか迷っている方は、車体本体価格ではなく、乗り出し価格で比較をしてみてくださいね。

>>> 意外な違いも!?新型カローラ スポーツのHVとガソリンの内装比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする