新型カローラスポーツのサドルタン仕様の内装インプレ【どこが専用デザイン!?】

今までの大衆車のイメージから脱却を図ったスポーティーモデル新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルのGグレードでは、メーカーオプションで”サドルタン×本革”のシートを用意。このサドルタン仕様のシートは、スポーツモデルとは思えない高級感や上質感がありました。

また、メーカーオプションのサドルタン仕様にすると、内装・インテリアの各所にサドルタン(ブラウン)の加飾が施され、内装全体が華やいだ雰囲気に…。

新型カローラ スポーツの中間モデル”Gグレード”に用意されている”サドルタン×本革のシート”を注文した時の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのパーツにサドルタン(ブラウン)の加飾が施されていたのでしょうか?

Gグレード専用のメーカーオプションになっているサドルタン仕様の内装・インテリアを実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型新型カローラスポーツのサドルタン仕様の内装は、どんな雰囲気?実車画像で徹底解剖

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード”に用意されているサドルタン仕様の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのサドルタン仕様の内装

ちなみに、こちらは最上位モデル”GZグレード”に用意されているメーカーオプション”レッド仕様”の内装・インテリアです。

■GZグレードのレッド仕様の内装

>>> 新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

内装・インテリアの雰囲気が全く異なりますよね。

GZグレード専用デザインのレッド仕様の内装・インテリアは、スポーツモデルらしいアグレッシブなデザインになっていました。

一方、Gグレードに用意されているサドルタン仕様の内装・インテリアは、スポーツモデルらしさは一切なく、上品な内装・インテリアに…。他のグレードとは一線を画す上品さ溢れる内装・インテリアになっているように感じました。

また、他のグレードよりも車内が明るく開放感があるため、他のグレードよりも一回り広く感じました。

新型カローラ スポーツのサドルタン仕様の内装:どこが専用になっているの?

このように上質感漂うデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGグレード専用オプション”サドルタン仕様”ですが、内装・インテリアのどの部分が、専用デザインになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、”サドルタン仕様”に採用されている専用装備を紹介したいと思います。

専用装備1.シート

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGグレード専用オプション”サドルタン仕様”の専用装備の一つが、シートです。

■新型カローラ スポーツのサドルタン仕様のシート

このGグレードに用意されているサドルタン仕様のシートは、メランジ調のファブリック素材と本革を組み合わせたコンビシート標準装備。

シートサイドに施されたブラウン(サドルタン)の本革がオシャレですよね。

また、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGグレードに用意されているこのシートは、見た目のデザイン性が良いだけではなく、スポーツモデルらしいホールド感を確保。

サイドサポートの張り出しが大きめで、カーブを曲がる時でも体をしっかりと支えてくれる座り心地の良さも好印象でした。

ちなみに、こちらの記事では、このサドルタン仕様の座り心地やシートデザインについて、もっと詳しく紹介をしています。もし、このサドルタン仕様のシートの詳細を確認したい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツのサドルタンのシートはオシャレ!?実車画像で徹底解剖

専用装備2.インパネ

また、インパネも新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のインパネもサドルタン仕様専用デザインになっています。

■新型カローラ スポーツのサドルタン仕様のインパネ

標準仕様のモデルのインパネとサドルタン仕様で異なるのは、助手席側のダッシュボードのステッチのカラーです。

標準仕様では、シルバーのステッチを採用していたのですが、このサドルタン仕様では、ブラウンカラーのステッチを採用。

サドルタンとライトグレーを組み合わせたシートとの相性も良く、標準仕様とは異なるオシャレな雰囲気の内装を演出していました。

また、シフトレバー前方に施されているサドルタン色の加飾もワンポイントアクセントになっていて、内装・インテリアの高級感を上手に演出していました。

■サドルタン仕様のシフトレバー

専用装備3.センターアームレスト

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の運転席と助手席の間にあるセンターアームレストも、標準仕様と異なるサドルタン専用デザインになっています。

■サドルタン仕様のセンターアームレスト

ダッシュボードと同様にこのセンターアームレストもサドルタン(ブラウン)色のステッチがあしらわれています。

ただ、このようにちょっと引きで見ると、サドルタン色のシートとブラックカラーのセンターコンソールがちょっとアンマッチな感じが…。

個人的には、サドルタンカラーのステッチを採用するのではなく、センターアームレストの表皮をサドルタン色にしても良かったのかもしれません。

専用装備4.ドア内側パネル

また、ドア内側パネルも新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のサドルタン仕様の注目の装備の一つです。

■サドルタン仕様のドア内側パネル

この新型モデルでは、ドア内側パネルのアームレスト部分にサドルタン仕様の合成レザーを標準装備。

アームレスト部分をサドルタン(ブラウン)にするだけで、グッとオシャレさがアップする感じがしますよね。

また、サドルタン仕様のドア内側パネルのアームレストはクッション性に優れ、腕を置いた時の感触が良いのも好印象でした。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のサドルタン仕様の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このサドルタン仕様の内装・インテリアは、標準仕様や上位モデルのレッドの本革仕様と異なり、高級感・上質感のあるデザインに…。

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のサドルタン仕様の内装・インテリアは、サドルタン(ブラウン)とベースとなっているブラックのバランスが良く、ブラウンの内装色によくありがちなハデハデしさが無いのが、個人的には、とても良いと思いました。

このサドルタン仕様の内装にすると、様々な機能や装備が備わるため、オプション価格はちょっと高めです。

ただ、オシャレなクルマに乗りたいと思っている人には、Gグレード専用のオプションになっている”サドルタン仕様”は、ピッタリのモデルなのかなと思いました。

>>> 意外な違いも!?新型カローラ スポーツのHVとガソリンの内装比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする