新型カローラスポーツはブレーキが凄い!?【試乗で分かった良さとは?】

磨き抜かれた足回りとスタイリッシュなスタイルが魅力のスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月、トヨタからデビューを果たしました。

ロー&ワイドなボディを活かしたこの新型モデルは、”カローラ”とは思えない走りの良さを備えていますが、ブレーキも予想以上の仕上がりに…。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のブレーキ性能は、先代モデルに位置するオーリス(AURIS)、同じプラットフォームを採用している新型プリウス(PRIUS)やCH-R/CHRなどよりも、格段に良くなっていました。

2018年6月にデビューをしたこの新型モデルに標準装備されているブレーキペダルは、どのようなデザインだったのか?また、この新型モデルのブレーキは、どこが良かったのか?

トヨタからデビューを果たしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のブレーキペダルのデザインや使用感、良かったところを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのブレーキペダルのデザインをチェック

2018年6月にトヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のブレーキペダルやアクセルペダルは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツのブレーキペダル

今回新発売された新型モデルはスポーツモデルという事もあり、見た目のデザインや踏み心地に優れるアルミ製のスポーツペダルを期待していました。

しかし、今回新発売された新型モデルでは、オーソドックスなゴム製のアクセルペダル&ブレーキペダルを標準装備。

個人的には、スポーツモデルらしさを前面に押し出した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”Gグレード(ハイブリッドGZ)”では、アルミ製のスポーツペダルを標準装備しても良かったのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのシビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)では、アルミ製のスポーツペダルを標準装備していました。

■新型シビック ハッチバックのスポーツペダル

この運転席の足元のデザイン性は、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも競合車・ライバル車のホンダのシビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が優れているように感じました。

新型カローラスポーツのブレーキ性能:試乗をして良いと思ったところとは?

このようなオーソドックスなデザインになっていた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のブレーキですが、性能に関しては、「本当にトヨタのクルマ!?」と思ってしまうくらい良かったです。

私が実際にこの新型モデルを試乗した際に実感をしたブレーキ性能の良さ&魅力を包み隠さず紹介したいと思います。

魅力1:ブレーキの踏みしろ(遊び)

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗していて良いと思った事の一つは、ブレーキが効き始めるまでの踏みしろ(遊び)の量です。

今回新発売された新型モデルのブレーキは、この遊びの量が絶妙に良いです。

クルマによっては、ブレーキペダルの遊びの量が少なくて、ブレーキを踏んだ瞬間に減速や停止をしてしまうため、運転に支障をきたします。また、軽く踏んだだけでも、急ブレーキのような状態になってしまいます。

一方、ブレーキの遊びが大きすぎると、ブレーキが効き始めるまでにタイムラグが生じるため、急ブレーキをかける際に不利に働きます。また、ブレーキ操作が大きくなるため、運転の疲労度が増します。

しかし、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、踏みしろ(遊び)の量が絶妙。

体感的には、3~5mmほどブレーキペダルを踏み込むと減速していき、スムーズに停車してくれます。なので、ブレーキ操作で一切のストレスを感じません。

運転をするのに最適なブレーキ加減になっているのは、今回新発売された新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

魅力2:ハイブリッド車のブレーキフィーリング

また、2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)で一番驚いたのが、ハイブリッド車のブレーキフィーリングです。

減速時にそのエネルギーを発電に使用する”回生ブレーキ”を搭載しているハイブリッド車は、ガソリン車と異なり、ブレーキを踏み込んだ瞬間の減速力(回生力)が大きいんですよね。

なので、ハイブリッド車では、ふんわり停車をするのが難しく、”カックンブレーキ”になりがちです。また、ハイブリッド車の中には、ブレーキを踏んだ際、足に電子的な感触が残るクルマもあります。

しかし、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車は、ブレーキの制御がかなり滑らかに…。

そのおかげで、ハイブリッド車を試乗した際、急に強い減速が働くカックンブレーキになる事はなく、同乗している人も嬉しい快適な”ふんわり停車”になります。

私は色々なトヨタから発売されているハイブリッド車を運転した事があるのですが、トヨタのハイブリッド車で新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のような自然なブレーキフィーリングを味わった事は、ほとんどなかったんですよね。

トヨタの人気SUVのCHR/CH-Rのブレーキもカックンブレーキになりがちでしたし…。

カックンブレーキになりにくい、自然なブレーキフィーリングになったのは、今回新発売された新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

2018年6月にデビューを果たしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のブレーキは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのブレーキペダルは、オーソドックスなゴム製のペダルになっていたの少々残念でしたが、ブレーキの操作性&フィーリングには大満足。

現在、各メーカーから様々なハイブリッド車が発売されていますが、正直にいって、ブレーキのフィーリングだけで言ったら、このクルマが一番良いように感じました。

ちなみに、トヨタの人気ハイブリッド車のプリウス(PRIUS)を所有している私の友人が、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗した際に一番羨ましがっていたのが、ブレーキフィーリングの良さでした。

そのくらいこの新型モデルのブレーキフィーリングは、優れています。

もしこれからこの新型モデルを試乗する際は、自然な感じになったブレーキフィーリングにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツの後方視界は死角が多い!?【実車画像で欠点を確認】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする