新型カローラの後部座席はリクライニング可能!?【座り心地を徹底チェック】

踏ん張り感のある低重心なスポーティーシルエットが魅力のコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、3ナンバーサイズに拡大されていますが、運転席周りの広さを優先した造りに…。そのため、足元空間(ニークリアランス)など、後部座席の居住空間は若干狭めになっています。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席ですが、シートの機能性はどうだったのでしょうか?

この新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調節するリクライニング機能は用意されていたのでしょうか?また、長時間でも快適に過ごせる座り心地の良いシートになっていたのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の座り心地・快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラの後部座席にはリクライニング機能は用意されている?

2018年6月にデビューをしたホンダのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの後部座席

この新型モデルの後部座席は、ハイブリッド車とガソリン車で別設計となっています。ただ、どちらのモデルもサイドサポートがしっかりとしており、スポーティーモデルと呼ぶのに相応しいデザインになっていました。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席はHVとガソリンで別設計!【違いを比較】

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席ですが、背もたれの角度を調節するリクライニング機能は用意されていません。

ちょっと残念ですよね。

この新型モデルの後部座席の肩口には、背もたれをリクライニングする事ができそうなレバーは用意されています。

■新型カローラ スポーツの後部座席のレバー

ただ、このレバーは、後部座席の背もたれを前方に倒して、荷室・ラゲッジスペースを広くしたい時に使用をするレバーです。

私もこの新型モデルを試乗した際に実際に試してみたのですが、このレバーを引いて、背もたれを押してもリクライニングする事はないので、ご注意を…。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのスポーツハッチバック”インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)”の後部座席も、リクライニング機能が用意されていません。

競合車・ライバル車にも用意されていない事を考えると、スポーツ ハッチバックでは、後部座席のリクライニング機能を備えているクルマは少ない感じが…。

個人的には、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)も含めて、スポーツハッチバックは後部座席周りの居住空間が狭めになっています。なので、乗車時の快適性を高めるリクライニング機能は標準装備していても良いのになと思いました。

新型カローラ スポーツの後部座席の座り心地は?

残念ながらリクライニング機能は用意されていない新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、後部座席の座り心地は、どうだっているのでしょうか?

私がこの新型モデルの後部座席に座ってみて良いと思ったところ、気になったところを包み隠さず紹介したいと思います。

後部座席の座り心地で良かったところ

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席に座ってみて良いと思ったところの一つが、サポート力です。

先ほどもお話した通り、今回新発売された新型モデルは、背もたれの凹凸がハッキリとしている立体的な形状に…。

そのおかげもあり、ホールド感が良く、シートに包みこまれているような安心感があります。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は3ナンバーサイズになったことで、左右間の距離が広くなった感じが…。

兄弟車種であるセダン車のアクシオやステーションワゴンのフィールダーよりも後部座席の左右間の距離が広くなり、ゆったりと座れるようになっているのも好印象でした。

後部座席の座り心地で気になった事とは?

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の座り心地で気になった事は、リクライニングをする事ができない背もたれの角度です。

ディーラーさんは、

「今回新発売された新型モデルの後部座席はリクライニングする事はできませんが、背もたれは、長時間座っていても疲れにくい角度に設定してあります。」

と、仰っていました。

しかし、私が実際にこの新型モデルの後部座席にすわってみたところ、ちょっと背もたれの角度が垂直に立ちすぎている感じが…。

改めてこの新型モデルの後部座席の背もたれを確認してみると、このような感じになっています。

なので、後部座席に座っていると、お行儀の良い姿勢を強いられます。また、長時間座っていると、少し腰が疲れるような感じが…。

荷室・ラゲッジスペースを広さを確保する必要があったのかもしれませんが、個人的には、もう少し背もたれの角度を緩やかにした方がリラックスした姿勢で過ごせるのかなと思いました。

この立ち気味になっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の背もたれの角度も、試乗をしていて少々気になるところでした。

2018年8月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席のデザインは、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルの後部座席は、残念ながら、リクライニング機能が用意されていませんでした。

また、この新型モデルの後部座席は、背もたれのホールド力やクッション性など良いところも多々ありますが、背もたれの角度や居住空間の広さなど気になる部分も…。

特に足元空間(ニークリアランス)の広さに関しては、購入前にしっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする