新型カローラ スポーツのシートヒーターはオプション設定!価格はいくら?

歴代随一のスポーティーなデザインを備えているトヨタのコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルはロー&ワイドなスタイルを活かしたスポーティーな走りや、その走りを支えるホールド感の良いシートが魅力ですが、機能や装備面で若干の不満が…。

その中の一つが、シートヒーターです。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、シートヒーターは標準装備ではなく、全グレード対象のメーカーオプションに…。また、グレードによって、シートヒーターのオプション価格は、異なります。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にメーカーオプションとして用意されているシートヒーターの価格は、いくらなのでしょうか?

また、この新型モデルのシートヒーターの使い勝手や操作性は、どうだったのでしょうか?

使い勝手や操作性、オプション価格など、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にオプションで用意されているシートヒーターを徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツに用意されているシートヒーターのオプション価格は?

先ほども紹介した通り、今回デビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、シートヒーターは全グレードメーカーオプション設定になっているのですが、グレードによって、価格設定や条件などが異なります。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードをラインナップしていますが、それぞれのグレードのシートヒーターのオプション価格は、次のようになっていました。

■新型カローラスポーツのシートヒーターのオプション価格
・GX系グレード
オプション価格:16,200円
・G系グレード
オプション価格:16,200円
・GZ系グレード
オプション価格:175,500円

最廉価モデルの”GX系グレード”と”G系グレード”では、シートヒーターを単体で装着する事ができるようになっています。なので、オプション価格も約1万6000円と、買いやすい価格設定に…。

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”では、レシートヒーターは、レッドをあしらったウルトラスエード×本革のシートなどと一緒になっているため、オプション価格は高めの設定になっていました。

■GZグレードに用意されているオプションシート

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”では、シートヒーター単体のオプションの用意がないため、標準仕様のスポーツシートにシートヒーターを装着する事ができません。

■GZグレードの標準仕様のスポーツシート

個人的には、最上位モデル”GZグレード”でも、他のグレードと同様にシートヒーター単体のオプションを用意しても良かったのかなと感じました。

新型カローラ スポーツに用意されているシートヒーターの機能性&使い勝手を徹底解剖

このようにグレードによって、オプション価格や条件が異なる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートヒーターですが、機能性や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

メーカーオプションのシートヒーターを注文すると、運転席と助手席に”ハイ(High)”と”ロー(Low)”の2段階で調節できるシートーヒーターが設置されます。

温度調整機能が用意されているのは、嬉しいですよね。

また、こクルマによっては、座面しか温めないシートヒーターもありますが、この新型モデルに用意されているシートヒーターは、座面だけではなく、背もたれも温めてくれます。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているシートヒーターは、加温してくれるエリアも広くなっており、スグに暖を感じやすいのも好印象でした。

ちなみに、今回新発売された新型モデルの後部座席には、シートヒーターは用意されていません。

後部座席にシートヒーターが装着されていないのは少々残念でしたが、ホンダのシビック(CIVIC)など競合車・ライバル車も装着されていないクルマが多い事を考えると、仕方ない事なのかもしれませんね。

新型カローラスポーツのシートヒーターで残念に感じた事とは?

このように温かさを感じやすいデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートヒーターですが、ちょっと残念に感じた事もありました。

それは、シートヒータースイッチの使い勝手です。

今回新発売された新型モデルのシートヒータースイッチは、ご覧の通り、センターコンソールの前方、シフトレバーとトレーの間に設置されます。

■新型カローラ スポーツのシートヒータースイッチ

ただ、このシートヒータースイッチは、サイズがちょっと小さめ…。

また、この新型モデルに用意されているシートヒータースイッチは運転席から少し距離が遠いため、操作がしにくくなっています。

個人的には、もう少し運転席から距離が近い位置にシートヒータースイッチを用意して貰いたかったです。

2018年6月にデビューをしたトヨタのコンパクトハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”では、残念ながらシートヒーターは標準装備になっておらず、全グレード共通でメーカーオプション設定となっていました。

シートヒーターが標準装備されていないのは少々残念でしたが、シートヒーターを単体で注文できるGグレードやGXグレードなら、積極的に購入を検討しても良いのかなと思いました。

また、ハンドルをじんわりと温めてくれるステアリングヒーターが装着される寒冷地仕様とセットで購入するのも良いのかなと思いました。

ただ、最上位モデルのGZグレードのシートヒーターは、レッドをあしらったウルトラスエード×本革シートとセット販売となっており、単品で購入する事ができません。

シートやインパネ、ドア内側パネルにレッドをあしらったオプション仕様は、スポーツモデルらしい刺激的なデザインは魅力的ですが、その分、オプション価格もちょっと高め…。

>>> 新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”にシートヒーターを付けたい方は、値段と装備のバランスが釣り合っているかもしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする