実車を見る際はココを確認!新型カローラスポーツの欠点&不満

2018年6月、オーリス(AURIS)に変わる新たなコンパクトハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしました。

3ナンバーサイズに生まれ変わったこの新型モデルは、今までのカローラ像とは一線を画したスタイリッシュなデザインに…。

>>> 新型カローラスポーツGグレードの外装の実車画像【オシャレな見た目を徹底解剖】

ただ、実際にこの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装や内装を見てみると、若干気になる部分も…。

2018年6月にデビューをしたトヨタの新型スポーツハッチバックを実際に確認をしてみて、気になった事は、何だったのか?また、実車を見る際に確認をした方が良い場所はドコなのか?

トヨタから新しく発売されたこの新型モデルの実車を見て気になった欠点・デメリットを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの欠点1:後部座席の快適性

2018年6月にトヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内外装を確認して少々残念に感じた事の一つが、後部座席の快適性です。

今回新発売されたこのクルマは、スポーツモデルと言う事で、後部座席に座ってみると、色々と気になる部分が…。

後部座席の居住空間の広さがイマイチ

まず、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席に座ってみて気になったのは、足元空間(ニークリアランス)の広さです。

運転席を私が運転するのに最適なドライビングポジション(中間よりやや後ろ)に設定した時のこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、このようになっています。

■新型カローラスポーツの後部座席の足元空間の広さ

身長175cmある私が実際にこの新型モデルの後部座席に座ってみると、このような感じに…。

膝頭からフロントシートの裏側まで拳1個半のゆとりしかなく、大人が座るには、若干窮屈感が…。

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は低重心なスポーツモデルと言う事で、頭上空間(ヘッドクリアランス)もあまり広くないのも、少々気になるところでした。

>>>  新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

後部座席のリクライニング機能も無し

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能の用意もありません。

なので、この新型モデルの後部座席の背もたれはこの角度で固定され、自分好みに調節する事ができません。

とりあえずこの新型モデルの背もたれは、長時間座っていてもつかれにくいように、最適な角度に設定されています。

ただ、やはり背もたれの角度を調節できるリクライニング機能が装備されていたら、かなり嬉しいですよね。

ちなみに、後部座席の背もたれの角度を調節できるリクライニング機能を備えているスポーツハッチバックは、少ないです。

だからこそ、後続車種の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)には、後部座席のリクライニング機能を備えて貰いたかったです。

新型カローラスポーツの欠点2:収納スペース・小物入れ

また、今回新発売されたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の欠点・デメリットの一つは、収納スペースの少なさです。

センターコンソールトレイやグローブボックスなど、基本的な収納スペース・小物入れは用意されていますが、この新型モデルに用意されている収納スペースは、必要最小限といった感じ…。

また、この新型モデルには、ボックスティッシュを置いておけるような大きな収納スペース・小物入れの用意はありません。

唯一大きいのは、助手席の目の前に用意されているグローブボックスくらい…。

■新型カローラスポーツのグローブボックス

ただ、この新型モデルに用意されているグローブボックスは、競合車・ライバル車のものと比較すると、若干小さめ…。なので、車検証を入れてるといっぱいになってしまい、他のアイテムを収納できる余裕はありません。

また、一見すると、大きそうに見えるセンターコンソールボックスですが、蓋を持ち上げてみると、この通りボックスのサイズは意外と狭くなっています。

■新型カローラスポーツのセンターコンソールボックス

 

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は収納スペースが少ないがため、生活感のないスタイリッシュな内装・インテリアになっているというメリットもあります。

ただ、この新型モデルをファミリカーとして使用したいと思っている方には、この収納スペース(小物入れ)の少なさは欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラスポーツの欠点3:荷室・ラゲッジスペース

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の欠点・デメリットの一つです。

今回新発売された新型モデルはスポーツハッチバックとしては、十分に満足できる広さの荷室・ラゲッジスペースを備えていると思います。

■新型カローラスポーツの荷室・ラゲッジスペース

>>> 新型カローラ スポーツの荷室サイズは意外と広い!【ラゲッジ寸法を計測してみた】

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、後部座席を収納した時の使い勝手です。

こちらは、実際にこの新型モデルの後部座席を収納した時の様子なのですが、ご覧の通り、後部座席の背もたれ部分で約125mmほどの段差ができてしまいます。

ちょっとコレは残念ですよね。

なので、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、お世辞でも良いとは言う事ができません。

この後部座席を収納した時に生じる荷室・ラゲッジスペースの大きな段差は、この新型モデルの使い勝手を妨げる欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、この荷室・ラゲッジスペースの段差を解消するためのアイテムとして、”アジャスタブルデッキボード”をメーカーオプションで用意しています。

オプション価格もお得ですし、荷室・ラゲッジスペースを有効活用したい人には、重宝するアイテムなのかなと思いました。

>>> 新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室【標準仕様には無い魅力とは?】

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗するなど、内外装を確認してみたところ、次のような欠点・デメリットが目に付きました。

特に気になったのは、後部座席周りの足元空間(ニークリアランス)や収納スペース・小物入れの少なさです。

なので、この新型モデルをファミリーカーとして使用する事を考えている方は、購入前に後部座席の広さや収納スペースの数、乗り降りのしやすさなどを、しっかりと確認してみてくださいね。

>>> ディーラーに聞いた!新型カローラスポーツのおすすめオプション3つ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする