新型カローラスポーツの前方視界は予想以上に良好【競合車には無い魅力とは?】

2018年6月、オーリス(AURIS)の後継車種となるコンパクトハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルで私が心配していた事の一つが、視界の良さ&運転のしやすさです。この新型モデルの運転席は、他のクルマよりも着座位置が低めの設定になっているので…。

>>> 新型カローラスポーツの運転席の魅力とは?【座り心地&快適性を実車画像レビュー】

ただ、実際に新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、、前方&斜め前方の視界性がとても良く、予想以上に運転がしやすいクルマに仕上がっていました。

2018年6月にデビューをした新型の前方&斜め前方の視界は、どうだったのでしょうか?また、今回新発売された新型モデルの前方の視界性は、どこが良いと感じたのでしょうか?

トヨタから新発売された新型スポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の前方視界や見切りの良さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの前方の視界インプレ:正面の視認性&見切りをチェック

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の運転席からの前方視界は、このような感じになっています。

■運転席からの視界

この新型モデルの真正面の視界は、思ったよりも良好。

若干フロントガラスの高さ(縦方向)が思ったよりも無いいので、停車位置によっては、信号が見にくいのかなと言った感じもありましたが、スポーツハッチバックとしては、十分な広さになっているように感じました。

運転席が絶妙な位置に…

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)で印象的だったのが、運転席の位置です。

今回新発売された新型モデルの運転席の着座位置は、先代モデルにあたる”オーリス(Auris)”よりも20mmほど低くなっています。

■新型カローラスポーツの運転席

なので、スポーツモデルらしい低めのアイポイント(視界の高さ)に…。

ただ、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ダッシュボードも位置も低くなっているため、運転のしにくさや視界の悪さは一切感じませんでした。

また、この新型モデルの運転席は、オーリス(AURIS)よりも後方に40mmほど設置されている事もあり、フロントガラスの圧迫感を感じにくいデザインになっているのも好印象でした。

前方の見切りはイマイチ

このようにフロントガラスも広く、前方の視界性は比較的良くなっていた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、ちょっと気になったのは、前方の見切りです。

今回新発売されたこの新型モデルは、競合車の一つでもあるホンダのシビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)やスバルのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)よりもフロントオーバーハング(ボンネット)は、短くなっています。

■ カローラスポーツ

■ホンダ シビックハッチバック

■インプレッサ スポーツ

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ボンネットが低くなっているため、普通に座っている姿勢では、ボンネットの先端まで確認する事ができません。

天井に頭がつくくらいまで背伸びをして、ようやくボンネットの3分の2くらいまで確認できる感じ…。

今回新発売された新型モデルは、意外と全幅があるため、狭い場所での取り回しや運転には、少し注意が必要なのかなと感じました。

新型カローラスポーツの前方の視界インプレ:斜め前方の視認性&見切りをチェック

このようにフロントガラスも大きく、真正面の視界も予想以上に良くなっていた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、斜め前方の視界も思ったよりも良かったです。

三角窓の広さに大満足

まず、この新型モデルの斜め前方を確認してみて良いと思ったのが、広々とした三角窓(フロントクォーターガラス)です。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのシビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)は、このようにフロントガラスを支えているAピラーの付け根の部分が黒いパネルで埋められているデザインになっていたんですよね。

■ホンダ シビックハッチバックの三角窓

なので、斜め前方の死角が多いように感じました。

しかし、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ホンダのシビックハッチバックと異なり、広々とした三角窓(フロントクォーターガラス)を採用。

■新型カローラスポーツの三角窓

この新型モデルのフロントガラス脇にあるAピラーの太さは標準的なサイズだったのですが、手前側のピラーは細めのデザインに…。斜め前方の視界を妨げないように工夫されているので、安心して運転をする事ができました。

サイドミラーの設置位置も注目ポイントの一つ

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の斜め前方の視界を確認してみて感動したのが、サイドミラーの位置です。

車によっては、Aピラーの付け根からサイドミラーが生えているクルマもあるのですが、今回新発売された新型モデルのサイドミラーは、ドアパネルに備え付けられているデザインに…。

■新型カローラスポーツのサイドミラー

このようにサイドミラーがドアパネルに備え付けられたおかげで、Aピラーとサイドミラーの間に隙間ができ、左右の斜め前方の死角が最小限に…。

■新型カローラスポーツの斜め前方の視界

私も実際にこの新型モデルを試乗したのですが、斜め前方の視界がスッキリとしているので、安心して運転をする事ができました。

この斜め前方の視界の良さ、安心感も新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の良いところの一つなのかなと思いました。

2018年6月にトヨタからデビューをした新型スポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の前方の視界&見切りは、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、ボンネットの位置が低いスポーツモデルと言う事もあり、見切りはそれ程良くありません。

ただ、フロントガラスのエリアは意外と広く、また、左右の斜め前方の視界もしっかりと確保されているため、思った以上に運転がしやすかったです。

また、個人的には、コンパクトハッチバックの中でもトップクラスの視界性の良さを備えているクルマだと思いました。

今回新発売された新型モデルは、最新の”トヨタセーフティセンス”が全グレード標準装備されるなど、安全装備も充実していますし、安心して運転できるクルマに仕上がっているなと感じました。

>>> 新型カローラスポーツの安全性【トヨタセーフティセンスの実力は?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする