新型カローラスポーツ ハイブリッドは加速力&パワー不足って本当!?【試乗インプレ】

3ナンバーサイズとなり、上質さと存在感が増したトヨタの新型スポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

先日、トヨタから新発売されたこの新型ハッチバックの試乗に行ってきたのですが、私が一番気になっていたのは、加速力&パワー不足です。

ネットだけではなく、私も友人も、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、パワー&加速力が思ったよりも良くなったと話を聞いていたので…。

2018年6月にデビューを果たしたこの新型ハイブリッド車は、満足できるだけの加速力&パワーを本当に備えていたのでしょうか?また、実際に試乗をしてみて、どのように感じたのでしょうか?

今回新発売されたトヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車の加速力について、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツ ハイブリッドは加速力&パワー不足!?【試乗の感想】

2018年6月にトヨタからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車を半日ほどお借りして、試乗させて貰ったのですが、個人的には、十分に満足できる加速力&パワーを備えているように感じました。

また、この新型モデルのハイブリッド車は、現行型のプリウスと全く同じ1.8リットルエンジンを搭載しているのですが、かなりブラッシュアップされた感じが…。

■新型カローラスポーツ ハイブリッドのエンジン

ただ、その一方、私の友人が、「加速力やパワーに満足できなかった…」と、言った理由もわかった気が…。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車の加速力&パワーの魅力や特徴、気になったところを紹介したいと思います。

発進時のスムーズな加速力にビックリ!

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車を試乗で驚いた事の一つが、発進時の加速のスムーズさです。

この新型ハイブリッド車のアクセルを踏み込むと、初めはモーターのチカラで発進し、ある程度のスピードに達すると、エンジンが駆動するのは、アクア(AQUA)やプリウス(PRIUS)などの他のトヨタのハイブリッド車と同じになっています。

ただ、今回新発売されたこの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車は、他のトヨタ車と異なり、モーターのみの駆動で走行する時間&距離が遥かに長くなっていました。

私が運転をこの新型モデルのハイブリッド車を試乗した時は、発進時から時速50km/hくらいまで、モーターのみの駆動で走行した事も…。(もちろん周囲の状況やアクセルの踏み込み量などの影響もあったと思いますが。)

以前、現行型のプリウス(PRIUS)を試乗した際は、時速20km/h~30km/hくらいでエンジンが駆動して、モーターとエンジンの両方のチカラで駆動をするハイブリッド走行になっていたんですよね。

そのことを考えると、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッドシステムは、かなり進化をしたなと感心してしまいた。

また、今回新発売された新型モデルは、モーターのみで走行できる距離が長くなっている分、プリウス(PRIUS)やアクア(AQUA)などよりも、ハイブリッド車らしいシームレスな加速を楽しむ事ができます。

スムーズに、そして、静かに加速が伸びていくこの新型モデルの加速感は、ハイブリッド車よりも電気自動車の加速感に近い感じが…。

地面を滑るようにス~~と伸びていく気持ち良い加速感とその持続時間の長さは、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車の魅力の一つなのかなと思いました。

山道や坂道での加速力&パワーも十分

また、私は新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車で、箱根の山道を試乗させてもらったのですが、急こう配の山道や坂道を運転した時の加速力やパワーも十分。

さすがに急こう配の山道や坂道を登る場面では、エンジンの負担も大きくなるため、町中を走っていた時と比べ物にならない程、静寂性は劣ります。

ただ、「ブォ~~ン、ブォォ~~~ン」とけたたましいエンジン音はするものの、エンジンの回転数は3000回転くらいで、箱根の急こう配の山道&坂道をグイグイと力強く駆け上がっていってくれました。

また、まだ若干ですが、パワーに余裕がある感じが…。

ちなみに、以前、同じ道を1.5リットルエンジンとモーターを組み合わせたカローラ フィールダーのハイブリッド車で試乗した時は、エンジンの回転数が5000回転くらいまでいき、かなり頑張っている感があったんですよね。また、坂道の途中で息切れ感もありました。

ハイブリッド車らしい静かさは味わえないものの、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グイグイと力強く坂道&山道を登って行ってくれるので、普段の運転で、パワー不足や加速力不足で困る事は無いのかなと思いました。

新型カローラスポーツ ハイブリッドの加速力で残念に感じたところとは…

このように十分に満足できる加速力&パワーを備えている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車ですが、試乗をしていて残念に感じたのは、良くも悪くも滑らかすぎる加速感です。

同じエンジンとハイブリッドシステムを搭載しているプリウス(PRIUS)の延長線上にある燃費性能を重要視した走りとなっており、スポーツモデルらしさは皆無。

スポーツモデルらしい後ろからグッと押されているような豪快な加速感は、一切感じる事はできませんでした。

ちなみに、今回新発売された新型モデルのハイブリッド車では、ターボ車と同様に鋭い加速を楽しめるスポーツモードが用意されています。

■新型カローラスポーツのドライブモード切替スイッチ

■スポーツモード時のメーター

確かにスポーツモードにすると、アクセルの踏み込みに対する反応がクイックになり、気持ちよく運転をする事ができます。

ただ、あくまでレスポンスが、少しアップするだけ。スポーツモデルらしい豪快で、ちょっと荒々しい刺激的な加速感は味わえません。

もし、今回新発売されたクルマの名前が新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ではなく、燃費重視の”新型カローラ ハッチバック”と言う名前だったら、満足度は高かったと思います。

しかし、スポーツモデルとしてこの新型モデルを考えると、少し名前負けをしているような感じが…。

個人的には、車種名に”スポーツ”と名前を入れるのなら、燃費重視というよりも、運転の楽しさを追求したハイブリッド車にしても良かったのかなと思いました。

また、多くの方が、今回新発売された新型モデルの加速力やパワーに不満を感じているのは、これが理由なのかなと思いました。

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車の加速&パワーは、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車は、発進時の加速の伸びが良く、気持ちよく運転できるクルマに…。また、ブレーキのタッチも良く、運転がしやすいクルマになっています。

なので、この新型モデルをファミリカーとして考えると、かなり優秀な部類に入ると思います。

ただ、今回新発売された新型モデルのハイブリッド車は、良くも悪くも燃費を最重要視したようなマイルドな加速感に…。なので、アクセルを踏み込んだ瞬間にシートに背中を押し付けられるような刺激的な走りを楽しむ事はできませんでした。

もし、スポーツモデルらしい爆発力のある速力を楽しみたいのなら、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも他のクルマの購入を検討した方が良いのかなと思いました。

>>> 新型カローラスポーツはブレーキが凄い!?【試乗で分かった良さとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする