シンプルだけど使い勝手は良好!?新型カローラ スポーツのインパネ実車画像インプレ

2018年6月、爽快な走りスタイリッシュな見た目が特徴のスポーティハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしまいた。

3ナンバーサイズになったこの新型モデルは、フィールダーやアクシオよりも車格がワンランクアップした印象が…。

>>> 新型カローラ スポーツの外装【スポーツハッチバックの魅力を実車画像で徹底解剖】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)と他のカローラシリーズの大きな違いの一つが、内装・インパネのデザインです。

今回新発売された新型モデルの運転席周りは、シンプルながらも上質さとスポーティーさを兼ね備えたデザインに…。新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)と言う名前に相応しいデザインになっていました。

そんな新型モデルのインパネは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ハンドルやシフトレバー、空調パネルのデザインや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

トヨタからデビューをした新型スポーツハッチバックのインパネ(運転席周り)のデザインを、実車画像を使って、徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの内装・インパネの実車画像レビュー

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツのインパネ

今回新発売されたこの新型モデルのインパネは、下側をカットした薄型のデザインに…。
運転席や助手席空間の足元空間(ニークリアランス)が広々としていて、乗り降りがしやすいデザインになっているのが印象的でした。

また、この新型モデルのインパネには、ソフトパットの加飾を効果的に使用しており、スタイリッシュで上質感のあるデザインになっていました。

インパネのステッチのカラーは、グレードによって異なる

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のインパネの中でひと際目立っているインパネのステッチですが、このステッチは、グレードや仕様などによって、カラーが異なります。

例えば、最上位モデルのGZグレードでは、レッドのステッチが助手席側のダッシュボードに施されています。

■レッドのステッチが施されているGZのインパネ

また、Gグレード専用のメーカーオプションになっているブラウンの本革シートを注文すると、このようにブラウンのステッチがダッシュボードにも施されます。

■ブランンのステッチが施されているGグレードのインパネ

ちなみに、最廉価モデルのGXグレードのインパネには、高級感・上質感を演出するステッチが用意されていないので、ご注意を…。

新型カローラ スポーツのインパネ:ハンドルやシフトレバーなど各装備の使い勝手を徹底解剖

このようにスタイリッシュなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インパネですが、ハンドルやシフトレバーの各装備の使い勝手を詳しく確認していく事にしましょう。

操作性の良いハンドルを標準装備

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、このようなデザインの三本スポークのハンドル・ステアリングホイールを採用しています。

■新型カローラ スポーツのハンドル

この新型モデルは3つのグレードを用意していますが、中間モデルのGグレードと最上位モデルのGZグレードは、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

この本革のステアリングホイールは、グリップ感も良く、スポーツモデルらしい握り心地になっていました。

また、ガソリン車の中間モデルのGグレードと最上位モデルのGZグレードには、手元でシフトチェンジを行えるパドルシフトを標準装備しているのも見逃せないポイントの一つですよ。

左右のスポークにはステアリングスイッチを標準装備

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハンドルの左右のスポークには、運転中にハンドルから手を放さずに様々な操作をする事ができるステアリングスイッチを標準装備しています。

ハンドル・ステアリングの左側には、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えるスイッチやオーディオ操作をするスイッチを標準装備。

■ハンドルに用意されている左側のステアリングスイッチ

一方、ハンドルの右側には、ACC(アダプティブクルーズコントロール)とオーディオ操作できるスイッチを装備。

■ハンドルに用意されている右側のステアリングスイッチ

スイッチのサイズは若干小さいのが気になるものの、すべてのスイッチの形状を変えており、迷わずに操作できるようになっているのも好印象でした。

スポーツモデルらしいデザインになっているシフトレバー

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車、それぞれのシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のシフトレバー

■ハイブリッド車のシフトレバー

この新型モデルのシフトレバーは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも一般的なストレートゲート式を採用。

ステッチが施されたシフトブーツを備えており、スポーツモデルらしいデザインになっているのが、とても良いですよね。

また、シフトレバーの周りを取り囲むパネルはピアノブラックとシルバーの加飾を組み合わせたデザインになっており、高級感を演出しているのも好印象でした。

電動パーキングブレーキは全車標準装備

また、今回新発売された新型モデルでは、パーキングブレーキは、ガソリン車/ハイブリッド車問わず全グレード標準装備となっており、シフトレバーの後方に用意されています。

■新型カローラ スポーツの電動パーキングブレーキ

また、電動パーキングブレーキの隣には、ブレーキから足を放しても停車状態をキープしてくれるオートブレーキホールドも用意されています。

このように運転を楽にしてくれる機能が上級グレードだけではなく、下位グレードのGXグレードでも標準装備されているのも、このクルマの魅力の一つだと思いました。

エンジンスターターも全車標準装備

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、エンジンスターターもハイブリッド車/ガソリン車問わず全グレード標準装備されています。

ただ、この新型モデルに用意されているエンジンスタータースイッチは、他のトヨタ車種と同様にハイブリッド車とガソリン車で、カラーに違いが…。

■ガソリン車のエンジンスタータースイッチ

■ハイブリッドのエンジンスタータースイッチ

このようにモデルによって、カラーが異なるのは、良いですよね。

この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは様々な違いがありますが、このスタータースイッチのカラーも大きな違いの一つだと思いました。

ちなみに、この新型モデルでは、プッシュ式のエンジンスターターは、ハンドル・ステアリングホイールの左側に設置されていますよ。

エアコンの空調パネルの使い勝手は、イマイチ!?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエアコン/ヒーターの風量や温度を調節する空調パネルは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの空調パネル

中間モデルのGグレードと最上位モデルのGZグレードでは、運転席と助手席側で別々に温度を調節する事ができる左右独立温度調節機能付きのエアコン/ヒーターを標準装備。

これは、かなり嬉しいですよね。

ただ、空調パネルの下に備わっている各スイッチは、ちょっと小さすぎる感じが…。

空調パネルの高さなどは良かったのですが、運転中にこのスイッチを操作すると、押し間違える可能性があるそうだなと感じました。

ハンドルの右下にまとめてスイッチを用意

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、ハンドル・ステアリングホイールの右側にスイッチパネルを用意しており、様々なスイッチを集約しています。

■新型カローラ スポーツのスイッチパネル

このスイッチベースには、安全装備などに関するスイッチが備わるのですが、ハイブリッド車では、AC電源スイッチもこの位置に設置されます。

また、寒冷地仕様を選択した際に備わるステアリングヒータースイッチやウィンドシールドデザイサーのスイッチもこの場所に設置されるますよ。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのインパネは、スタイリッシュさと上質感を兼ね備えたデザインに…。

収納スペースや小物入れが少ないので、ファミリーカーとして使用するには、少し不便を感じるかもしれませんが、長年使用しても飽きが来ないシンプルなデザインのインパネは、とても良いと思いました。

>>> 少し物足りない!?新型カローラ スポーツの収納スペースを徹底チェック

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、すっきりとお洒落にまとまっているこの新型モデルのインパネにも注目してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする