グレードによって違いが!?新型カローラスポーツのオプションを徹底レビュー

今までのカローラとはひと味もふた味も違うスポーティーなスタイルが魅力のハッチバック車新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

そんな新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しており、外装や内装のデザインなどに違いがありました。

>>> 新型カローラスポーツのグ3つのグレード【各モデルの特徴や魅力を分りやすく紹介】

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、装備できるメーカーオプションにも違いが…。

2018年6月にデビューをしたこの新型ハッチバックでは、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょうか?また、グレードによって、装備できるメーカーオプションにどんな違いがあったのか?

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているメーカーオプションを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのオプション:全グレード共通のアイテムとは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、様々なメーカーオプションを用意しておりますが、次のアイテムに関しては、全グレード共通で装着できるようになっていました。

■新型カローラスポーツのオプション:全グレード共通のアイテム

LEDリヤフォグランプ(寒冷地仕様選択時に装着可能) 10,800円
ブラインドスポットモニターなどの安全装備パッケージ 125,280円
スペアタイヤ(応急用T125/70D71) 10,800円
アジャスタブルデッキボード&コンセント 51,840円
4対2対4アジャスタブルデッキボード 8,640円

※アジャスタブルデッキボード&コンセントのセットは、ハイブリッド車のみ

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、スペアタイヤや安全装備パッケージ、アジャスタブルデッキボードなどの使い勝手の良いアイテムは、全グレードで装着できるようになっていました。

この中でも特に荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くしてくれる”アジャスタブルデッキボード”と安全性を高めてくれる安全装備パッケージは人気が高く、装着率が良いようですよ。

■全グレードに装着可能なアジャスタブルデッキボード

>>> 新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室【標準仕様には無い魅力とは?】

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のメーカーオプションとして用意されている安全装備パッケージには、次のようなアイテムが含まれていました。

■メーカーオプションの安全装備パッケージに含まれる機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・サイドターンランプ付きオート電動格納式リモコンカラードドアミラー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・ブラインドスポットモニター
・バックカメラ

メーカーオプションになっている安全装備パッケージには、高速道路での車線変更をサポートしてくれる”ブラインドスポットモニター”や駐車場からのバックでの出庫をアシストしてくれる”リヤクロストラフィックオートブレーキ”などの使い勝手の良い機能を用意。

オプション価格は12万5000円と若干高めですが、十分に購入する価値はあるのかなと、思いました。

新型カローラスポーツのオプション:GXグレード専用のアイテム

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”では、次のようなオプションを用意していました。

■新型カローラスポーツGXグレード専用オプション

寒冷地仕様 10,800円
本革巻きハンドル&ステアリングヒーター&本革巻きシフトノブ 28,080円
インテリジェントクリアランスソナー 28,080円
バックカメラ 27,000円
タイヤ&アルミホイール(205/55R/16インチ) 76,680円
運転席&助手席シートヒーター 16,200円

GXグレードに用意されているオプションの特徴

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルに用意されているオプションの特徴の一つは、外装や内装のデザイン性を向上させるアイテムが多く用意されている事です。

例えば、ハンドルやシフトレバー。

この最廉価モデルの”GXグレード”に標準装備されているハンドルやシフトレバーはウレタン製となっており、他のグレードよりも安っぽい感じになっています。

■GXグレードの標準仕様のハンドル

■GXグレードの標準仕様のシフトレバー

このように見た目がシンプルなウレタン製のハンドルやシフトレバーを、本革仕様に変更できるメーカーオプションを、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は用意しています。

また、最廉価モデルの”GXグレードは”、3つのグレードの中で唯一スチールホイール(鉄ちん)を標準装備しているですが、16インチサイズのアルミホイールに変更する事ができます。

もしこの最廉価モデル”GXグレード”の外装や内装のデザインに満足できなかったら、このようなアイテムを追加して、外装や内装の質感のアップを目指しても良いかもしれませんね。

新型カローラスポーツのオプション:Gグレード専用のアイテム

老若男女誰からも愛されるデザイン性の良さが魅力の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”ですが、次のようなアイテムをオプションで用意しておりました。

■新型カローラスポーツGグレード専用オプション

寒冷地仕様&ステアリングヒーター 27,000円
サドルタン本革シート 12,4200円
イルミネーテッドエントリーシステム 10,800円
運転席&助手席シートヒーター 16,200円
バックカメラ 27,000円

※バックカメラの設定は、ハイブリッド車のみ

Gグレードに用意されているオプションの特徴

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード”に用意されているオプションの特徴の一つは、何といっても、このグレード専用となっているサドルタンの本革シートです。

この”Gグレード”は、標準仕様でもシルバーのステッチを採用したスタイリッシュな内装になっているのですが、メーカーオプションのサドルタン仕様にすると、グッとオシャレ感がアップするような…。

■サドルタン仕様の内装・インテリア

>>> 新型カローラスポーツのサドルタンのシートはオシャレ!?実車画像で徹底解剖

内装・インテリアのデザインの良さや質感の高さにこだわったクルマに乗りたい方は、サドルタン仕様を選択できる中間モデルの”Gグレード”が最適なのかなと思いました。

新型カローラスポーツのオプション:GZグレード専用のアイテム

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”では、次のようなメーカーオプションを用意しておりました。

■GZグレードのメーカーオプション

寒冷地仕様&ステアリングヒーター 27,000円
レッドの本革シート 175,500円
カラーヘッドアップディスプレイ 43,200円
イルミネーテッドエントリー 10,800円
AVS&5段階ドライブモードセレクト 108,000円
バックカメラ 27,000円

※バックカメラの設定は、ハイブリッド車のみ

GZグレードに用意されているオプションの特徴

ホールド感を高めたスポーツシートを備えるなど、スポーツモデルらしさを前面に押し出した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”。

そんな”GZグレード”に用意されている注目のオプションの一つが、レッドをアクセントカラーに用いた本革シートです。

■レッドの本革シート仕様

レッドの本革シート仕様は、背もたれの上部にサテンメッキ調の加飾が施されるなど、スポーツカーのようなシートデザインに…。運転するのが楽しくなるような刺激的なデザインになっていました。

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”では、他のグレードと異なり、ヘッドアップディスプレイ(HUD)や5つのモードから設定できるドライブモードセレクトをメーカーオプションで用意。

■GZ専用オプションのヘッドアップディスプレイ

■5段階設定のドライブモードセレクト

このように他のグレードでは用意されていない機能やアイテムを装着できるのも最上位モデル”GZグレード”の特徴の一つかなと思いました。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”は、他のグレードと異なり、シートヒーター単体で注文する事ができません。

この”GZグレード”では、レッドの本革シート仕様のセットオプションの一つとなっており、このオプションを注文しない限りシートヒーターは装着されないので、ご注意を…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているオプションを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルでは、スペアタイヤなどの定番から荷室の使い勝手を良くするアジャスタブルデッキボードまで、様々なアイテムを用意。

また、この新型モデルは、レッドの本革シートやヘッドアップディスプレイ(HUD)など、特定のグレードのみ装着できるアイテムも多数用意されていました。

場合によっては、欲しいオプションが装着できない事もあるので、グレード選びをする際は、注意してくださいね。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、「オシャレなサドルタン仕様が気に入ったから、Gグレードで…」など、オプションありきでグレード選びをするお客さんもいるそうですよ。

>>> ディーラーに聞いた!新型カローラスポーツのおすすめオプション3つ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする