新型カローラスポーツのGZとGの外装の違いを実車画像で比較【全然違う!?】

2018年6月、スタイリッシュなデザインが魅力のコンパクトハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタから新発売されました。

今回新発売された新型モデルで人気を二分しているのが、”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と”Gグレード(ハイブリッドG)”です。

>>> 新型カローラスポーツのグ3つのグレード【各モデルの特徴や魅力を分りやすく紹介】

ただ、この2台のグレードの外装・エクステリアには、大きな違いが…。

2018年6月にデビューをした新型スポーツハッチの最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2つのグレードの外装・エクステリアは、どのような違いがあったのか?

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード”と”Gグレード”の外装・エクステリアの違いを、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツGZとGグレードの外装を比較【実車画像で違いを徹底チェック】

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■GZグレードの外装・エクステリア

>>> 新型カローラ スポーツGZの外装インプレ【最上位版ならではの魅力とは?】

■Gグレードの外装・エクステリア

>>> 新型カローラスポーツGグレードの外装の実車画像【オシャレな見た目を徹底解剖】

基本的なデザインは同じですが、見た目の印象がかなり違いますよね。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の方は、スポーティーさだけではなく、上質さも加わり、ワンランク上の存在感がありました。

そんな新型モデルの”GZグレード”と”Gグレード”の外装。・エクステリアを見比べてみたところ、このような違いがありました。

違い1:ヘッドライト

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード”と”Gグレード”の大きな違いの一つが、ヘッドライトです。

どちらもLEDヘッドライトを採用しているのは同じなのですが、デザインや機能性に若干の違いが…。

最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、一つの光源でハイブームとロービームとして扱える”バイビーム(Bi-BEAM)式”のLEDヘッドライトを標準装備。

■GZグレードのバイビーム式LEDヘッドライト

一方、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”では、ハイビームとロービーム、ターンランプが分かれた3灯式のLEDヘッドライトを標準装備。

■GグレードのLEDヘッドライト

このようにヘッドライトを見比べるだけでも、デザインの違いが一目瞭然ですよね。

また、最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、”Jの字型”のクリアランスランプになっており、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”とは異なるスタイリッシュなヘッドライトになっていました。

>>> 新型カローラ スポーツのヘッドライトの点灯時の様子は、コチラから

違い2:フロントグリル

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”では、フロントグリルのデザインにも違いがあります。

■GZグレードのフロントグリル

■Gグレードのフロントグリル

どちらのグレードのフロントグリルも、光沢感のるガンメタリック半艶塗装&ハニカムパターンのメッシュを採用しているのは、共通しています。

ただ、上位モデルの”GZグレード”のフロントグリルには、サテンメッキ調の加飾が…。

このサテンメッキ調の加飾がワンポイントアクセントになっていて、中間モデルの”Gグレード”よりも、ワンランク上の高級感&上質感のあるデザインになっていました。

違い3:センターピラー

また、小さい違いなのですが、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間モデルの”Gグレード”では、フロントシートと後部座席ドアの間に用意されているセンターピラーの加飾デザインにも違いがありました。

■Gグレードのセンターピラー

■GZグレードのセンターピラー

このように2台のモデルのセンターピラーを見比べると一目瞭然ですよね。

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”のセンターピラーは艶のないシンプルなブラック塗装が施されているですが、最上位モデルの”GZグレード”のセンターピラーは、艶のあるピアノブラック調のデザインに…。

艶のある”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のセンターピラーは、メッキ加飾が施されているサイドウィンドウモールとの相性も良く、高級感&上質感のあるサイドビューを演出しているように感じました。

違い4:リヤバンパー

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”では、後ろ姿も異なります。

注目してもらいたいのは、リヤバンパーの下部です。

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッド)”のシンプルなピタのブラック調のリヤバンパーを標準装備しています。

■Gグレードのリヤバンパー

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のリヤバンパーは、ダミーマフラーのようなデザインをしたメッキ調の加飾が…。

■GZグレードのリヤバンパー

キラリと輝くサテンメッキ調の加飾がワンポイントアクセントになっている感じが…。

“GZグレード(ハイブリッドGZ)”の後ろ姿は、他のグレードよりもスポーティーさを強調したデザインになっていました。

違い5:タイヤ&ホイール

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”の大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

どちらもアルミホイールを採用しているのは共通なのですが、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッド)”は、シンプルなシルバーカラーのホイールを標準装備。

■Gグレードのホイール

タイヤサイズも16インチとなっており、良くも悪くも、オーソドックスなデザインになっていました。

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、切削加工&ダークグレーメタリック塗装をされたスタイリッシュなアルミホイールを標準装備。

■GZグレードのホイール

タイヤサイズも18インチとなっており、スポーツモデルらしいアグレッシブなデザインになっているのも印象的でした。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”では、タイヤサイズだけではなく、提供されているタイヤメーカー&ブランドも異なります。

>>> 新型カローラスポーツGZのタイヤはどこ製?【メーカー&ブランドを確認してきた】

なので、乗り心地やドライブフィーリングに違いが…。

この乗り心地や走破性の違いも、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”と中間モデル”Gグレード”の大きな違いの一つなのかなと思いました。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッド)”と中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

また、この2台のモデルの外装・エクステリアは、フロントグリルやタイヤ&ホイールなど様々な違いが…。

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”でも十分に満足できる質感は備えています。ただ、2台のモデルを見比べてしまうと、スポーティーさや高級感どれをとっても、最上位モデル”GZグレード(ハイブリッド)”の方がワンランク上だなと感じてしまいました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、最上位モデル”GZグレード(ハイブリッド)”と中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の外装・エクステリアの違いにも注目をしてみてくださいね。

>>> ディーラーに聞いた!新型カローラスポーツのおすすめオプション3つ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする