新型カローラスポーツGZのタイヤはどこ製?【メーカー&ブランドを確認してきた】

低重心でワイドなスポーティーシルエットが魅力のハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、外装や内装に専用アイテムを備え、スポーツモデルらしさを前面に押し出したデザインに…。

>>> 新型カローラ スポーツGZの外装インプレ【最上位版ならではの魅力とは?】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の特徴の一つが、タイヤ&ホイールです。

この”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、GXグレードやGグレードと異なる専用出インのタイヤ&ホイールを標準装備しているのですが、タイヤメーカー&ブランドも他のグレードと異なる特別仕様となっています。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の標準装備のタイヤ&ホイールは、どのようなデザインだったのか?また、”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に装着されているタイヤのメーカー&ブランドは、どこ製だったのか?

最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に用意されているタイヤ&ホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツGZグレードのタイヤ&ホイールは、どんなデザイン?

2018年6月、トヨタからデビューをしたスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツGZグレードの外装


このGZグレード(ハイブリッドGZ)では、サテンメッキの加飾を施した専用デザインのフロントグリルを採用するなど、スポーティーさと高級感を兼ね備えたデザインに…。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に標準装備されてるタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

■新型カローラスポーツGZのタイヤ&ホイール

この”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、かなりインパクトがありますよね。

それもそのはず!

中間モデルのGグレードに標準装備されているタイヤ&ホイールは16インチだったのに対し、この”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に用意されているタイヤ&ホイールは、ひと回り大きい18インチサイズに…。

また、この”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のホイールは、切削光輝&ダークグレーメタキック塗装が施されたデザインに…。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のキャラクターにあったアグレッシブなデザインになっていて、今までの”カローラ”とは全く違う雰囲気を漂わせていました。

新型カローラスポーツGZグレードのタイヤメーカー&ブランドは?

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード(ハイブリッドGZ)”ですが、標準装備されているタイヤもスペシャルです。

この”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に用意されているタイヤメーカー&ブランドを確認してみたところ、このようになっていました。

■GZグレードに標準装備のタイヤメーカー&ブランド
ダンロップ スポーツマックス050 (SP SPORTMAXX 050)

Gグレード(ハイブリッドG)など、他のグレードでは、燃費性能を重要視した低燃費タイヤを標準装備していました。

>>> 2つのメーカーから提供!?新型カローラスポーツGグレードのタイヤ画像レビュー

しかし、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、スポーツタイヤの代表格でもあるダンロップのSPスポーツマック050を標準装備。

スポーツマックス050 (SP SPORTMAXX 050)は、スポーツタイヤの中で特別に優れているタイヤという訳ではありません。(低燃費タイヤよりグリップ力やブレーキ力は、断然良いですが…。)

ただ、クルマの車格や車体価格などを考えると、このタイヤが妥当なのかなと感じました。

GZグレードのドライビングフィールは、他のグレードと異なる

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、他のグレードとタイヤサイズやブランドが異なるため、ドライビングフィールや乗り心地にも違いがありました。

18インチタイヤを標準装備しているこの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、他のグレードよりも明らかに硬めの乗り心地に…。また、路面の小さなデコボコも他のグレードよりも拾います。

ただ、この”GZグレード(ハイブリッドGZ)は、コーナーを曲がった時の踏ん張り具合が良く、キビキビと走れる印象が…。ブレーキ性能もワンランク上で、このクルマに乗って、ワインディングを楽しみたいと思わせる仕上がりになっていました。

また、中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”と比較すると、このGZグレード(ハイブリッドGZ)グレードの車体本体価格はかなり高めの設定になっていますが、走るのを楽しみたい人には、ピッタリなモデルなのかなと思いました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーティーハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に標準装備されているタイヤ&ホイールは、ご覧の通り、スポーティーなデザインに…。

また、他のグレードと装着されているタイヤメーカー&ブランドが異なるため、乗り心地やドライビングフィールにも大きな違いが…。

もし新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”しようか、他のグレードにしようか迷っているのなら、ぜひとも乗り比べをしてみてください。

GZグレード(ハイブリッドGZ)”と他のグレードでは乗り心地が全く異なるので、どちらの方が自分に向いているか、試乗をしてスグに分ると思いますよ。

>>> 新型カローラスポーツの安全性【トヨタセーフティセンスの実力は?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする