【機能や装備の充実度を徹底解剖】新型カローラ スポーツの後部座席インプレ

スポーティなデザインと爽快な走りが魅力のスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは運転の楽しさを最優先したクルマになっているので、後部座席の居住性・快適性は二の次に…。なので、乗車する人によっては、若干の窮屈さや圧迫感を感じると思います。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、後部座席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席周りには、快適に過ごせるような機能や装備は用意されていたのでしょうか?

2018年6月にデビューをしたトヨタの新型スポーツハッチバックの後部座席のデザイン、機能や装備を確認してきたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの後部座席周りの機能や装備を徹底解剖

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの後部座席

足元空間(ニークリアランス)は若干の狭さを感じるものの、シートサイズは十分。

シートのメイン部分が大きく凹んでおり、スポーツ仕様のクルマらしくサイドサポートがしっかりとしていて、ホールド感の高い座り心地になっているのが印象的でした。

また、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、ハイブリッド車とガソリン車で別設計になっているため、座面のクッション性に若干の違いがあったものの、長時間ドライブでも快適に過ごせる座り心地になっていました。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席はHVとガソリンで別設計!【違いを比較】

そんな新型スポーツハッチバックの後部座席の機能や装備には、次のような機能や装備が用意されていました。

使い勝手の良いセンターアームレストを標準装備

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の中央には、引き出して使用をする収納式のセンターアームレストを全グレード標準装備しています。

■新型カローラ スポーツのセンターアームレスト

ホンダの新型シビック ハッチバックなど、競合車・ライバル車の後部座席にもセンターアームレストが用意されているクルマが多いですが、このクルマに用意されているセンターコンソールは、設定されている高さが秀逸。

ちょうど腕を置きやすい高さになっているため、車内でくつろぐのに最適なのかなと思いました。

また、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席のセンターアームレストには、ドリンクホルダーを2個用意。

兄弟車種のフィールダーやアクシオの後部座席にもセンターアームレストは用意されているのですが、ドリンクホルダーは用意されていないんですよね。

しかも、この”スポーツ(SPORT)”に用意されているセンターアームレストは頑丈な作りになっており、垂直をシッカリとキープ。そのため、安定感もあり、置いた飲み物がこぼれる心配もありません。

このドリンクホルダーとしての使い勝手の良さも、今回新発売された新型モデルの後部座席の魅力の一つなのかなと思いました。

シートバックポケットの数は仕様によって異なる

今回トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、仕様によって、フロントシートの裏側に備わるシートバックポケットの数が異なります。

■新型カローラ スポーツのシートバックポケット

標準装備されているシートバックポケットは、助手席側のみ1つとなっています。

ちなみに、標準仕様の運転席の裏側はこのような感じに…。

しかし、”Gグレード”、”GZグレード”のメーカーオプション”本革シート”を注文すると、助手席側に加えて運転席側の後ろにもシートバックポケットが追加されます。

■本革シート注文時に装着される運転席側のシートバックポケット

なので、メーカーオプション設定になっている本革シートの方が収納スペースが多く、使い勝手が良い感じが…。

シートバックポケットは、地図や雑誌を収納するだけではなく、タブレット端末の置き場としても重宝するんですよね。

個人的には、助手席側だけでなく、運転席側のシートバックポケットも標準装備して貰いたかったです。

後席用のエアコンの送風口は無し

今回新発売されたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の機能や装備を確認していて残念に感じた事の一つが、後部座席用のエアコンの送風口が用意されていなかった事です。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)では、後部座席用の送風口が用意されていたのですが…。

■新型シビック ハッチバックの後部座席用送風口

、暑い日の後部座席の快適性は、エアコンの効きが良いホンダの新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が良い感じが…。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、センターコンソールの後方には、送風口ではなく、小型ポケットが用意されています。

■新型カローラ スポーツのコンソール後方の小型ポケット

この小型ポケットの使い勝手が悪いわけではないんですが、個人的には、エアコンの送風口の方がありがたいです。

ここら辺は、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも競合車・ライバル車の新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が優れている部分の一つだなと思いました。

また、この新型モデルの後部座席には、スマホやタブレット端末、携帯ゲーム機を充電する時に重宝をするUSBポートも用意されていません。

競合車・ライバル車にも後部座席用のUSBポートは用意されていないので、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されていたら、大きなメリットになったと思うのですが…。

このトヨタの新型モデルは競合車・ライバル車よりも遅れて登場をして後発車種と言う事を考えると、後部座席用のUSBポートを装着して、他の車種との差別化を図っても良かったのかなと思いました。

>>> いくつ用意されている!?新型カローラ スポーツのUSBの数&使い勝手をチェック

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、このようなデザインになっていました。また、このような装備・機能を備えていました。

今回新発売された新型モデルは、ドリンクホルダー付きのセンターアームレストなど、後部座席に座る人が、快適に過ごせるための必要最低限のアイムや機能は用意されていました。

ただ、エアコンの送風口やUSBポートが用意されていません。

後部座席の座り心地や装備、リクライニング機能などを考えると、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも競合車・ライバル車の方が後部座席の快適性は優れているのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、後部座席周りの機能や装備もしっかりとチェックをしてみてくださいね。

>>> 新型カローラ スポーツの荷室サイズは意外と広い!【ラゲッジ寸法を計測してみた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする