全然違う!?新型カローラスポーツGとGXの内装の違いを実車画像で比較

3ナンバーサイズになり、存在感が大幅にアップをしたトヨタのハッチバック車新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルはハイブリッド車とガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しています。

>>> 新型カローラスポーツのグ3つのグレード【各モデルの特徴や魅力を分りやすく紹介】

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”と中間モデルの”Gグレード”では、内装・インテリアの質感に大きな隔たりが…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”それぞれの内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのGXグレードとGグレードの内装を実車画像でチェック

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■GXグレードの内装

>>> 新型カローラスポーツGXの内装の詳細&レビューは、コチラから

■Gグレードの内装

>>> 新型カローラスポーツ Gグレードの内装の詳細&レビューは、コチラから

シートサイドにシルバーのステッチが入ったファブリック素材のスポーティーシートを標準装備しているところなど、基本的な内装・インテリアのデザインは同じになっています。

また、最廉価モデルの最廉価モデル”GXグレード”でも、便利なプッシュ式のエンジンスターターや電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能などが標準装備されているのも好印象でした。

■プッシュ式エンジンスターター

■電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

新型カローラスポーツの内装」GXグレードとGZグレードの違いは?

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアですが、具体的には、どのような違いがあったのでしょうか?

実車を使って、この2台のモデルの内装・インテリアの違いを比較したいと思います。

違い1.インパネ

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアで大きく異なるのは、インパネに使用されている素材です。

■Gグレードのインパネ

■GXグレードのインパネ

中間モデルの”Gグレード”のインパネは、上質感のあるソフトパットにシルバーのステッチを施したスタイリッシュなデザインに…。

一方、最廉価モデルの”GXグレード”のインパネは、シボ加工を施したシンプルなデザインに…。また、ダッシュボードにステッチはありません。

なので、高級感に雲泥の差が…。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)らしい上質感やスタイリッシュさを味わいたいのなら、やはり中間モデルの”Gグレード”の方が良いのかなと思いました。

違い2.ハンドルやシフトレバーに使用されている素材

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアの印象に大きな影響を与えていたのが、ハンドルやシフトレバーに使用されている素材です。

■Gグレードのハンドル&シフトレバー

■GXグレードのハンドル&シフトレバー

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”ハンドル&シフトレバーは、高級感のある本革巻きを標準装備。

■Gグレードのハンドル&シフトレバーの素材

見た目の高級感や上質感だけではなく、ハンドルを握った時のグリップ感も良く、このクルマの車格に相応しいデザインになっていました。

一方、最廉価モデルの”GXグレード”では、シンプルなウレタン製のハンドル&シフトレバーを標準装備。

■GXグレードのハンドル&シフトレバーの素材

ここらへんでも、最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の大きな違いを感じました。

違い3.メーター

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアで意外だったのは、メーターのデザインです。

どちらのグレードも中央にスピードメーター、左右にタコメーターとマルチインフォメーションディスプレイを配置した3眼式のメーターを標準装備しています。

ただ、メーターのデザインに若干の違いがありました。

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”は、スピードメーターにシルバーの加飾が施されたスタイリッシュなデザインに…。

■Gグレードのメーター

一方、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、シルバーの加飾がないシンプルなデザインに…。

■GXグレードのメーター

どちらのモデルも3眼式のメーターを採用していますが、見た目のデザイン性に大きな違いがありました。

違い4.センターコンソールボックス

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”では、インパネだけではなく、運転席の間にあるセンターコンソールボックスのデザインにも違いがありました。

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”のセンターコンソールボックスは、表面に合成レザーとステッチを採用したスタイリッシュなデザインに…。

■Gグレードのセンターコンソールボックス

一方、最廉価モデルの”GXグレード”のセンターコンソールボックスは、シンプルなファブリック素材に…。

■GXグレードのセンターコンソールボックス

そのおかげもあり、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”のセンターコンソールボックスは見た目のデザイン性だけではなく、腕を置いた時の心地よさにも違いがありました。

違い5.ドア内側パネル

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”では、ドア内側パネルのデザインにも大きな違いがありました。

■Gグレードのドア内側パネル

■GXグレードのドア内側パネル

中間モデルのGグレードのにはシルバーのステッチが施されるなど、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”では、ドア内側パネルの上質感が大きく異なります。

また、この2台のモデルの上質感が大きく異なるこの2台のモデルのドア内側パネルですが、様々なパーツにも違いがありました。

ドアハンドルに違いが…

最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”のドア内側パネルで大きく違うのは、ドアハンドルの質感です。

■Gグレードのドアハンドル

■GXグレードのドアハンドル

最廉価モデル”GXグレード”のドアハンドルはシンプルなブラック塗装になっているのに対し、中間モデルの”GXグレード”のドアハンドルは、シルバー塗装に…。

個人的には、メッキ調の加飾を施して貰いたかったですが、このカラーの違いだけでも、見た目の印象が大きく異なりました。

アームレスト部分の素材感にも違いが…

また、この2台のモデルでは、アームレストのデザインにも違いがありました。

こちらは、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”それぞれののドア内側アームレストのデザインです。

■Gグレードのドア内側アームレスト

■GXグレードのドア内側アームレスト

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”では、シルバーのステッチが施された合成レザー張りのドア内側アームレストを標準装備していたのに対し、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、シンプルなファブリック素材に…。

なので、やはり最廉価モデル”GXグレード”のドア内側パネルは、安っぽさを感じてしまいます。

実際にこの2台のモデルを見比べてみると、このドア内側パネルの出事案や質感の違いも、内装・インテリアに大きく影響をしているように感じました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアを見比べてみると、内装・インテリアの質感に大きな差が…。

スタイリッシュなデザインをしている中間グレードの”Gグレード(ハイブリッドG)”と見比べると、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”グレードの内装の質感は、ワンランクもツーランクも劣るような感じがしました。

コストパフォーマンス重視なら最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”でも良いと思います。ただ、内装のデザイン性を求めるのなら、中間モデルの”Gグレード(Gグレード)”以上の方が良いのかなと、実車を見て思いました。

>>> 少し物足りない!?新型カローラ スポーツの収納スペースを徹底チェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする