GXならではの専用装備は何がある?新型カローラ スポーツGXの外装レビュー

2018年6月、オーリス(AURIS)に変わる新たなスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタから新発売されていました。

先日、この新型スポーツハッチバックの最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”を見る事ができたのですが、安っぽさがなく十分に満足できる仕上がりに…。

>>> 安っぽさは意外とナシ!?新型カローラ スポーツGXの外装の実車画像レビュー

ただ、この”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアを事細かに確認してみると、色々な箇所に最廉価グレードらしさが…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、この”GXグレード”は、どのような専用装備&パーツを備えていたのでしょうか?

他のグレードでは用意されていない”GXグレード(ハイブリッドGX)”のみの専用装備&パーツを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツGXグレードの外装の特徴【他のグレードには無い専用装備&パーツを徹底解剖】

2018年6月にトヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルGXグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツGXグレードの外装・エクステリア

新型カローラスポーツgxの外装画像

今回新発売されたこの新型モデルでは、エントリーモデルに位置をする”GXグレード(ハイブリッドGX)”でもLEDヘッドライトなど最新のアイテムを標準装備。最廉価モデルとは思えない機能や装備を備えています。

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード”とそれ以外のグレードでは、外装・エクステリアの装備や加飾パーツなどに若干の違いが…。

「一番車体価格が安いエントリーモデルだから、まぁ、仕方ないよね~。」と、思う個所がいくつかありました。

そんな最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の専用デザインの装備やパーツを、包み隠さず紹介したいと思います。

GXグレード専用装備1:フロントグリル&フォグランプベゼル

よ~く見ないと分からないのですが、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”のフロントグリル&フォグランプベゼルは、他のグレードとは異なる専用デザインとなっています。

■GXグレードのフロントグリル&フォグランプベゼル

他のグレードでは、光沢感のあるガンメタリック半艶塗装を施したフロントグリルを採用していたのに対し、このGXグレードのフロントグリルは、シンプルなブラック塗装をしたデザインに…。

なので、標準仕様のままでは、フロントマスクの高級感や上質感は、他のグレードよりも若干劣ります。

ただ、メーカーオプションになっている、トヨタの安全装備”インテリジェントクリアランスソナー”を装着すると、ガンメタリック半艶塗装を施したフロントグリルに変更されます。

ちなみに、私が見たモデルは、メーカーオプションの”インテリジェントクリアランスソナー”が装着されていたため、ガンメタリック半艶塗装が施されたフロントグリルになっていました。

■ガンメタリッ半艶塗装を施したGXグレードのフロントグリル

やはりフロントグリルが艶出し塗装になるだけで、高級感がアップする感じが…。

“インテリジェントクリアランスソナー”を装着したら、安全性だけではなく、見た目の高級感もアップするので、意外と良いかもしれませんね。

GXグレード専用装備2:ホイール&タイヤ

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”と他のグレードで大きく異なるのが、タイヤ&ホイールのデザインです。

他のグレードでは、スタイリッシュなアルミホイールを標準装備しているのですが、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、唯一フルキャップ付きのスチール製(鉄ちん製)に…。

■GXグレードのタイヤ&ホイール

また、タイヤ&ホイールサイズも15インチとなっており、中間モデルのGグレードよりもひと回り小さくなっています。

なので、標準仕様のタイヤ&ホイールを装備している”GXグレード(ハイブリッドGX)”のサイドビューのスポーティーさは、他のグレードよりも劣る感じが…。

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、ひと回りサイズが大きい16インチサイズのタイヤ&ホイールをオプションで用意しています。

ちなみに、メーカーオプションの16インチタイヤ&ホイールを装着した”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、このようになっています。

■オプションのタイヤ&ホイール装着時のGXグレード

見た目の印象がだいぶ異なりますよね。
また、タイヤサイズが異なるため、運転した時の走り(キビキビ感)も異なります。

「購入予算を抑えたいけど、走りにはこだわりたい。」と思っている人には、”GXグレード(ハイブリッドGX)”を購入して、タイヤ&ホイールのみを変更するのも良いのかなと思いました。

GXグレード専用装備3:ドアウインドウモール&センターピラー

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、”ドアウインドウモール”やセンターピラーも専用デザインになっています。

こちらは、サイドウィンドウの周りを取り囲んでいる”GXグレード(ハイブリッドGX)”のドアウインドウモールです。

■GXグレードのドアウインドウモール

他のグレードでは、高級感のあるサテンメッキ調のデザインになっているのに対し、この”GXグレード(ハイブリッドGX)”はシンプルなブラック塗装に…。

また、フロントドアと後部座席の間にあるセンターピラーも艶のないシンプルなブラック塗装になっています。

■GXグレードのセンターピラー

なので、他のグレードと比較すると、この”GXグレード(ハイブリッドGX)”のサイドビューは、シンプルなデザインに…。

ちなみに、メーカーオプションを装着する事によって、”GXグレード(ハイブリッドGX)”のフロントグリルやホイールのデザインは変更する事ができましたが、ドアウインドウモールやセンターピラーは変更する事ができません。

なので、このドアウインドウモールやセンターピラーを見ると、”GXグレード(ハイブリッドGX)”と他のグレードの違いを簡単に見分ける事ができると思いますよ。

新型カローラスポーツgxの外装画像

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

高級感や上質感では、上位モデルのGグレードやGZグレードに劣りますが、エントリーモデルとして考えると、十分に満足できるデザイン性を備えています。

ただ、この”GXグレード”と他のグレードでは、フロントグリルやサイドウィンドウモールなどに違いがあり、やっぱり最廉価モデルだなと感じる部分も…。

もし、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード”の購入を検討しているのなら、他のグレードとは異なる専用デザインやパーツの部分に注目をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツの見積もり比較【HVとガソリンの価格差は少ない?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする