【本革vs標準仕様】新型カローラスポーツGZの見積もり価格の違いを徹底比較

2018年6月、ハッチバックスタイルに生まれ変わったカローラシリーズの第三弾新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしました。

今回新発売された新型新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されている注目のアイテム・装備の一つが、レッドをアクセントカラーに採用した本革シート仕様です。

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

ただ、メーカーオプション設定になっている本革シートは、オプション価格が高いという欠点が…。また、ガソリン車の場合、本革仕様にすると、自動車取得税も標準仕様の時よりも高くなります。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の本革仕様と標準仕様それぞれの乗り出し価格は、どれくらいだったのか?また、この2台のモデルでは、見積もりの金額にどれくらいの差があったのか?

先日、オプション設定となっている”本革仕様”と標準仕様の2つのタイプのGZグレードの見積もりを貰ってきたので、乗り出し価格・見積もり金額の差を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツGZグレード標準仕様の見積もりはいくら?

今回私は新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のガソリン車のGZグレードの”標準仕様”と”本革仕様”の2種類の見積もりをお願いしたのですが、こちらが、ファブリック素材のシートを採用した標準仕様の見積もりです。

■ガソリン車GZグレード標準仕様の見積もり

ボディカラーは、人気が高いホワイトパールクリスタルシャインを注文。

また、メーカーオプション&ディーラーオプションは、次のようなアイテムをお願いいたしました。

■標準仕様の見積もり時にお願いをしたメーカーオプション
・ホワイトパールクリスタルシャイン特別塗装料
価格:32,400円
・イルミネーテッドエントリーシステム
価格:10,800円
・アジャスタブルデッキボード

価格:8,640円
・スペアタイヤ
価格:10,800円
・パーキングサポートブレーキ
価格:28,080円
・バックカメラ
価格:27,000円
メーカーオプション合計:109,080円

■標準仕様の見積もり時にお願いをしたディーラーオプション
・フロアマット(ラグジュアリータイプ)
価格:28,080円
・ETC車載器
価格:24,581円
・ETCセットアップ料金
価格:2,700円
・サイドバイザー(サンバイザー)

価格:24,624円
・ナビゲーションシステム”NSZT-W68T”
価格:170,208円
ディーラーオプション合計:222,113円

このようなメーカーオプション&ディーラーオプションを装着した時の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の標準仕様の見積もり(乗り出し価格)は、このようになっていました。

■GZグレード標準仕様の見積もり
車体本体価格 :2,419,200円
オプション代 : 359,273円
税金&諸経費 : 252,042円
値引き額       : 30,000円

乗り出し価格:3,000,515円

GZグレードの標準仕様の乗り出し価格は、約300万円。

専用デザインとなっている”スポーツシート”やフルデジタル表示のメーターなど装備、また、キビキビとした爽快な走り心地を考えると、妥当な金額なのかなと思いました。

新型カローラ スポーツGZグレード本革仕様の見積もりはいくら?

一方、こちらが、メーカーオプションの”レッド本革”を注文した時の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の見積もりです。

■GZグレード本革シート仕様の見積もり

ボディカラーは、標準仕様と同じホワイトパールクリスタルシャインを注文。

また、ディーラーオプション&メーカーオプションも、”レッドの本革シート”を除いて、全く同じアイテムにいたしました。

ちなみに、本革シート仕様のメーカーオプション価格は、シートヒーターなども込みで17万5500円となっています。

この時の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードの本革シート仕様の見積もり・乗り出し価格は、このようになっていました。

■GZグレード標準仕様の見積もり
車体本体価格 :2,419,200円
オプション代 : 534,773円
税金&諸経費 : 256,442円
値引き額       : 30,000円

乗り出し価格 :3,180,415円

スポーツカーに採用されてもおかしくないようなデザイン性と座り心地を備えた本革シートを注文した時の乗り出し価格は、約318万円。

GZグレードに用意されている本革シートのオプション価格が高いので仕方ありませんが、標準仕様と比較すると、思ったよりも価格差があるなと感じてしまいました。

GZグレードの標準仕様と本革シート仕様:乗り出し価格の差はいくら?

今回、私が貰ってきた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードの見積もり金額は、標準仕様/本革シート仕様それぞれこのようになっていましたが、この2台のモデルの価格差はどれくらいだったのでしょうか?

■GZグレードの標準仕様と本革仕様の乗り出し価格の差
標準仕様:3,000,515円
本革仕様:3,180,415円

価格差  : 179,900円

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様と本革シート仕様の乗り出し価格の差は、約18万円。

本革シートのオプション価格が17万5500円と高めの設定になっているため、このオプションを装着するだけで、見積もりの金額がグッと跳ね上がりますね。

しかも、今回私が見積もりを貰ったガソリン車の場合、本革シート仕様にすると、自動車取得税もご覧の通り高くなってしまいます。

■GZグレードの標準仕様と本革仕様の自動車取得税
標準仕様:68,600円
本革仕様:73,000円

これもちょっと残念ですよね。

ディーラーさんは、「この本革仕様のオプション価格を聞いて、断念するお客さんも多いです。」と言っていました。ただ、これだけ価格に違いがあったら、レッドの本革仕様の購入を断念するのも仕方ないのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードの見積もり価格は、標準仕様/本革仕様それぞれこのようになっていました。

このGZグレード専用の本革シートのオプション価格は高めの設定になっている事もあり、本革仕様の乗り出し価格は一気に跳ね上がります。しかも、本革シート仕様にした時のガソリン車の乗り出し価格は、ハイブリッド車のGZグレードよりも高くなります。

このように考えると、GZグレード専用デザインとなっている”レッドの本革シート”は、ちょっと割高な感じが…。

ちなみに、このような高価なオプションの場合、ディーラーさんはゴリ推しをしてくる場合が多いです。

GZグレードに用意されているレッドの本型シートは魅力的なアイテムですが、ディーラーさんの言葉に流されずに、本当に必要かどうか一度立ち止まって、じっくりと考えた方が良いかもしれませんね。

>>> 新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする