乗降性はイマイチ!?新型カローラスポーツの乗り降りのしやすさを確認

2018年6月、運転の楽しさを追求したスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、今までのカローラ像とは一線を画すようなロー&ワイドなスポーティーシルエットが魅力の一つです。

>>> 新型カローラスポーツの車両概要【外装や内装の特徴、魅力を徹底解説】

ただ、このスポーツシルエットの代償のためか、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、乗降性・乗り降りのしやすさで気になるところも…。

2018年6月にデビューを果たした新型モデルの乗り降りのしやすさ(乗降性)は、どうだったのでしょうか?また、このクルマを試乗をして際、乗り降りのしやすさで良かったところ、気になったところは、どこだったのでしょうか?

フロントシートと後部座席に分けて、トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の乗降性・乗り降りのしやすさを徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのフロントシートの乗り降りのしやすさをチェック

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の前席のドア開口部の広さは、このようになっています。

■新型カローラスポーツの前席のドア開口部の広さ

今回新発売された新型モデルは、運転席周りの居住性を最優先にした”ドライバーズ”という事もあり、前席のドア開口部は十分な広さに…。ドアが開く角度も90度まではいかないまでも、大きく開閉する事ができ、乗り降りを妨げないのも好印象でした。

小柄な女性でも乗り降りしやすい高さに…

新型モデルのフロントシートのステップ高(ドア開口部の下端の高さ)は約380mmほどとなっており、コンパクトハッチバックとしては標準的な高さになっています。

なので、小柄な女性でも乗り降りがしにくいと感じる事はありません。

また、今回新発売された新型モデルは、ホンダの新型シビック ハッチバックやスバルの新型インプレッサ スポーツよりも車高が高い事もあり、フロントドアの開口部は、十分な高さを確保しています。

なので、上半身の体の運びもスムーズで、競合車・ライバル車よりもスムーズに乗り降りできるのが好印象でした。

乗り降りをする際の足元の広さに感動

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のフロントシートの乗り降りのしやすさを確認していて良いと思ったの事の一つが、足元空間の広さです。

その足元空間の広さを支えているのが、インパネ(ダッシュボード)のデザインです。

今回新発売された新型モデルのインパネ(ダッシュボード)は、ご覧の通り、スッキリとした薄型デザインになっています。

■新型カローラスポーツのダッシュボード

そのおかげで、乗り降りをする際、この新型モデルのダッシュボードは足の動きを妨げません。なので、競合車・ライバル車よりもスムーズに乗り降りができるような感じが…。

この足元空間の広さ、また、足の動きを妨げないダッシュボードの薄さは、競合車・ライバル車には無い新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の魅力の一つなのかなと思いました。

乗り降りを妨げないシートデザインに…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、サイドのサポートを高めた”スポーティーシート”と”スポーツシート”を前席に備えています。

>>> 新型カローラスポーツのスポーツシートとスポーティシート【座席の違いを徹底解剖】

スポーツモデルのシートの中には、肩や腰周り、大腿部(太もも)をサポートが大きく、乗り降りのしやすさを妨げるクルマもあります。

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のフロントシートは、高いサイドサポートをキープしつつも、乗り降りのしやすさも考慮したデザインに…。

座った時にはしっかりとしたサポート力がありながら、乗り降りのしにくさが気にならないシートになっているのは、この新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

新型カローラスポーツの後席の乗り降りのしやすさをチェック

一方、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の乗り降りのしやすさ(乗降性)は、どうだったのでしょうか?

今回新発売された新型モデルの後部座席のステップ高(ドア開口部の下端の高さ)も、フロントシートと同様に約380mmとなっており、スポーツハッチバックとしては、標準的な高さになっています。

ただ、フロントシートと異なり、この新型スポーツハッチの後部座席の乗り降りのしやすさ(乗降性)は、あまり良いようには感じませんでした。

後席の乗降性が悪いと感じた理由

今回新発売された新型モデルの後席の乗り降りのしやすさを確認していて気になったのは、ドア開口部の狭さです。

この新型モデルではフロントシートのドア開口部の広さを優先したため、後部座席のドア開口部の広さが犠牲になっている感じが…。

■新型カローラスポーツの後部座席のドア開口部の広さ

フロントドアの開口部と比較すると、後席のドア開口部は少し狭いですよね。

なので、身長175cmある私がこの新型モデルの後部座席に乗り込むには、少し体を屈めるようにしないといけません。

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席のドア開口部は、足元スペースがかなり絞られているため、若干窮屈な感じが…。

後席ドアの開閉できる角度も小さめ

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の乗り降りをしやすさを確認していて気になったのは、ドアが開く角度です。

この新型モデルの後部座席のドアは、開く角度が少し狭いような感じが…。

こちらが、実際にこの新型モデルの後部座席のドアを最大限に開いた時の様子です。

■新型カローラスポーツの後部座席ドアの角度

ドアが開く角度がちょっと小さい感じが…。

このように後部座席ドアの開く角度が小さいため、足元空間が狭く、乗り降りをする際の足の運びがスムーズにいきません。また、乗り降りする際、ボリューミーなドア内側アームレスト部分も足がぶつかるのも欠点・デメリットの一つです。

5度~10度くらい開く角度が大きくなっていれば、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の乗降性ももう少し良くなったのかなと、試乗をして感じました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の乗降性・乗り降りのしやすさは、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルのフロントシートの乗降性は、予想以上に良くなっていました。

ただ、後部座席の乗降性・乗り降りのしやすさはイマイチな感じが…。

ドア開口部が狭い事もあり、この新型モデルの後部座席に年配の方が乗り降りをするのは、ちょっと大変な感じが…。

この新型モデルの後部座席を使用する機会が多い方は、乗り降りのしやすさや乗降性もしっかりと確認してみてくださいね。

ちなみに、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、運転のしやすさを優先した設計になっているため、後部座席の頭上空間や足元空間はちょっと狭くなっています。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

この新型モデルを試乗する際は、後部座席の居住性や快適性も忘れずに確認するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする