新型カローラスポーツのスポーツシートとスポーティシート【座席の違いを徹底解剖】

ロー&ワイドを活かしたスタイリッシュなデザインと爽快な走りが魅力のハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

そんな新型スポーツハッチバックの注目ポイントの一つは、シートのデザインです。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、高い走破性に対応した”スポーツシート”と”スポーティシート”の2種類を用意。グレードによって、シートのデザインや座り心地が異なります。

新型モデルに用意されている”スポーツシート”と”スポーティシート”は、それぞれどのようなデザインになっているのでしょうか?また、この2種類のシートには、どのような違いがあるのでしょうか?

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の2種類のシートのデザインや座りご心地の違いなどについて、徹底的に比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのシート比較【スポーツシートとスポーティシートの違いを徹底解剖】

今回新発売されたトヨタのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”は、スポーツシートとスポーティーシートの2種類のシートを用意しています。

こちらは、ハイブリッド車とガソリン車の最上位モデル”GZグレード”に標準装備されているスポーツシートです。

■新型カローラ スポーツのスポーツシート(標準仕様)

また、GZグレードでは、メーカーオプションでシートサイドやショルダー部分に鮮やかな赤を配色したスポーツシートも用意しています。

新型カローラ スポーツのスポーツシート(オプション仕様)

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のために開発された”スポーツシート”は、ヘッドレストとショルダーサポートが一体化したようなスタイリッシュなシルエットに…。

「これが本当にカローラのシートなの!?」と疑ってしまうくらい、座り心地が良いシートになっていました。

一方、こちらは、中間モデル”Gグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”に標準装備されているスポーティーシートです。

■新型カローラ スポーツのスポーティシート

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ヨーロッパで人気を博した新型オーリス(AURIS)の後継モデルと言われていますが、この新型モデルに用意されているスポーティシートは、オーリスのものよりも着座位置を20mmほど低く設定。

腰周りのホールド感も良く、十分にスポーティーさを味わえるシートになっているように感じました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されている”スポーツシート”と”スポーティーシート”ですが、次のような違いがありました。

シートの違い1.デザイン

今回新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されている”スポーツシート”と”スポーティーシート”の大きな違いの一つは、シートデザインです。

この2台のモデルのシートで特に大きく異なるのは、肩回りのデザインです。

最上位モデルの”GZグレード”に標準装備されているシートは、背もたれのショルダー部分が、ヘッドレスト脇まで伸びたデザインに…。

■スポーツシートの肩回りのデザイン

このようにショルダー部分が大きく張り出しているので、体全体をしっかりと包み込んでくれる安心感がありました。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんは、このヘッドレスト脇まで伸びたショルダー部分を”ツノ(角)”と呼んでいるそうです。

このスポーツシートの”ツノ(角)”のおかげで、ヘッドレストと背もたれが一体化されたようなデザインになっており、見た目のスポーティーさがアップしているように感じました。

また、このスポーツシートに備わっている”ツノ(角)”は、しっかりとした強度(硬度)を備えており、体重をかけてもグニャッとたわまないのも好印象でした。

シートの違い2.座り心地

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されている”スポーツシート”と”スポーティーシート”は、座り心地も大きく異なります。

この新型モデルに用意されている2種類のシートを座り比べてみて特に違いを感じたのが、サイドサポートのホールド力です。

最上位モデルの”GZグレード”に標準装備されているスポーツシートは、スポーティーシートに比べて背もたれの左右のサイドサポートの角度や張り出し量を変更して、ホールド力を高めたデザインに…。

最適化された座面と背もたれの形状が、背筋の伸びた心地よい姿勢へと導いて、サイドサポートがこの姿勢を常にキープしてくれるのが好印象でした。

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”スポーツシート”と”スポーティーシート”では、背もたれや座面のクッション性も若干異なります。

この違いを特に感じるのは、ウルトラスエードと本革を組み合わせたGZグレード専用のオプションシートです。

■ウルトラスエード×本革のGZグレードのスポーツシート

GZグレードのメーカーオプションとして用意されているこのウルトラスエードと本革シートを採用しているスポーツシートは、他のシートよりもシートのクッションが若干硬いスポーツモデルらしい座り心地に…。

また、フィット感が良く、シートと一体となっているような快適さがありました。

この座った瞬間に分かるホールド感や座り心地も、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”スポーツシート”と”スポーティーシート”の大きな違いの一つなのかなと感じました。

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”に用意されている”スポーツシート”と”スポーティーシート”は、それぞれこのようなデザインになっています。

また、この2つのタイプのシートは、このような違いがありました。

最廉価モデルの”GXグレード”や中間モデル”Gグレード”に標準装備されているスポーティーシートでも十分に満足できるホールド力や座り心地を備えています。

ただ、最上位モデルの”GZグレード”のスポーツシートの方がホールド感も座り心地もワンランク上になっている感じが…。

特にメーカーオプション設定になっているレッドをアクセントカラーに使用をしたウルトラスエード×本革のスポーツシートは、コンパクトハッチバックの中でも随一の座り心地の良さだと思いました。

もしこれから新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の試乗に行かれる方は、”スポーツシート”と”スポーティーシート”のデザインや座り心地、ホールド感の違いもしっかりと確認してみてくださいね。

きっと、座り心地やホールド感の違いに驚愕すると思いますよ。

>>> レッド本革シートの価格はいくら?【新型カローラスポーツGZ専用オプションシート】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする