新型カローラスポーツの後方視界は死角が多い!?【実車画像で欠点を確認】

今までのカローラのイメージを払拭するような若々しいデザインに生まれ変わった新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューしました。

今回新発売された新型モデルの運転席の着座位置は、スポーツモデルらしく低めになっています。ただ、前方の視界性は思ったよりも良く、運転がしやすいクルマに仕上がっていました。

>>> 新型カローラスポーツの前方視界は予想以上に良好【競合車には無い魅力とは?】

ただ、後方の視界に関しては、課題が多いような…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後方&斜め後方の運転席からの視界は、どうだったのか?また、私が実際にこの新型モデルを試乗して、気になった事は何だったのか?

実車画像を使って、トヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後方視界について、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの前方の視界インプレ:真後ろの視認性をチェック

先ほどもお話した通り、今回トヨタからデビューをした新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)の後方視界は、あまり良くありません。

実際に運転席に座り、真後ろ(リヤウィンドウ)を確認してみると、このような感じに…。

■新型カローラスポーツの真後ろの視界

ちょっとリヤウィンドウのサイズが、小さいと思いませんか?

この新型モデルの後部座席のヘッドレストを上げてみると、このような感じに…。

ヘッドレストを上げると、後方の視界がかなり遮られる感じが…。

ヘッドレストを上げるだけでもこれだけ後方の視界が遮られるので、後部座席に同乗者がいると、後方の視認性はかなり劣る感じが…。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんは、

「今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、後方の視界をシッカリと確保するために、リヤウィンドウも大きく取っています。」

と、説明をしてくれました。

ただ、実際に今回新発売された新型モデルを確認してみた限りでは、後方(真後ろ)の視界性は、それ程良いとは感じませんでした。

後方の車体感覚は掴みやすい

このように今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)はリヤウィンドウが狭く、後方の確認がしにくくなっていたのですが、クルマ後方の車体感覚は、思った以上に掴みやすかったです。

その理由の一つは、全長の短さです。

今回新発売された新型モデルは、スポーツハッチバックの中でも特に全長が短くなっています。

■新型カローラスポーツと競合車の全長比較
・トヨタ 新型カローラスポーツ …4,375mm
・ホンダ シビック ハッチバック…4,520mm
・スバル インプレッサ スポーツ…4,460mm

このように競合車・ライバル車と見比べると、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の全長の短さが際立ちますよね。

後方の視界の悪さは気になる部分もありましたが、車体感覚が掴みやすいデザインになっているのは、この新型モデルの良いところなのかなと思いました。

ルームミラーの使い勝手の良さに大満足

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)で良いと感じたのが、クルマの後方を確認する際に使用するルームミラーです。

今回新発売されたこの新型モデルに標準装備されているルームミラーは、フレームの薄いデザインを採用。

■新型カローラスポーツのルームミラー

ルームミラー自体のサイズはそれほど大きくないのですが、ミラーのサイズが大きいため、確認できる範囲は広いので、使い勝手はかなり良いです。

あまり注目をされる部分ではありませんが、この新型モデルのルームミラーは、競合車・ライバル車と異なるこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラスポーツの前方の視界インプレ:斜め後方の視認性をチェック

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の斜め後方の視認性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの斜め後方の視界は、このようになっています。

■新型カローラスポーツの斜め後方の視界

今回新発売された新型モデルは、サイドウィンドウ後方のピラーも太く、サイドウィンドウも切れ上がっているため、死角はかなり多め。なので、視認性が良いとは、お世辞でも言えません。

この新型モデルを試乗してみて、斜め後方の視界に不安を感じたら、駐車場での事故防止をサポートしてくれる”リヤクロストラフィックオートブレーキ”の装着を検討しても良いのかなと思いました。

>>> ディーラーに聞いた!新型カローラスポーツに装着した方が良いおすすめオプション3つ

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)は、サイドウィンドウの後方にリヤクォーターガラスが標準装備されています。

■スバル インプレッサスポーツの後方視界

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)とスバルのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)では、ボディサイズが異なりますが、斜め後方を確認した時の安心感や視認性の良さは、スバルのインプレッサ スポーツの方がありました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後方の視界を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルの前方の視界性は予想以上に良かったのですが、後方の視界・視認性に関しては、イマイチ…。

スポーツハッチバックの中ではボディサイズが小さいので運転がしにくいと言う事はないのですが、死角の多さは、駐車やバックをする際に少々気になりました。

もし今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗する際は、バックや駐車などして、後方&斜め後方の視界を確認するようにしてみてくださいね。

>>> 実車を見る際はココを確認!新型カローラスポーツの欠点&不満

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする