10万円オーバーも!新型フィット4のカラーバリエーションを価格別に紹介

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は25種類ものカラーバリエーションを用意しています。

ただ、この新型モデルに用意されているカラーバリエーションのほとんどは、追加の塗装料が発生する”有料色”なんですよね…。

しかも、この新型モデルに用意されている有料色の中には、10万円オーバーのカラーも…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のカラーバリエーションの中で、どのカラーが追加料金が発生をする有料色となっていたのでしょうか?また、カラーによって、どれくらい金額が異なるのでしょうか?

この新型モデルに用意されている各カラーの特別塗装料はいくらなのか?価格別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

目次

特別塗装料がかからない無料色【新型フィット4のカラーバリエーション1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で追加料金がかからないノーマルカラーを確認してみたところ、このようになっていました。

■特別塗装料がかからないノーマルカラー

・ルナシルバー・メタリック
・シャイニンググレー・メタリック
・エアーライトブルー・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・サーフブルー(クロスター専用)

無料で選べるボディーカラーの範囲はかなり少ない

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のボディカラーの中で無料で選べるのは、たったの5種類です。

ただ、無料色の中の一つ”サーフブルー”は、クロスオーバーSUV仕様のクロスターの専用色となっています。なので、ベーシック/ホーム/ネス/リュクスで選べる無料のカラーは、たったの4色となります。

一方、サーフブルーが選べるクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、エアーライトブルー・メタリックが選べなくなっています。なので、クロスターも4色からしか選べないようになっています。

■クロスター専用のサーフブルー

つまり、グレードによって選べるカラーバリエーションに若干の違いがありますが、どのグレードを選ぶにしても、無料で済まそうとすると4色から選ばないといけない結果に…。

しかも、そのうち2つは、シルバー系のカラー…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ボディカラー代を節約しようとすると、選べる色が少なくて、ちょっとキツいのかなと思いました。

3万3000円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション2】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のボディカラーの中で3万3000円の特別塗装料がかかる有料色は、次の3色です。

■3万3000円の特別塗装料がかかる有料色

・プラチナホワイト・パール
・プレミアムグラマラスブロンズ・パール
・ミッドナイトブルービーム・メタリック

3万3000円の追加料金でモノトーンの大部分をカバー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、3万3000円の追加料金で3色のモノトーンが選べるようになります。

定番の”プラチナホワイト・パール”や高級感のあるブラウン系のカラーの”プレミアムグラマラスブロンズ・パール”がカラーバリエーションに加わるため、選べるカラーがかなり増える感じが…。

また、この新型モデルに用意されているモノトーンのカラーを、ほとんどカバーしてくれます。

無料カラーのみで自分好みの色を選ぶのは、正直に言ってかなり難しいです。

ただ、3万3000円の有料色を含めると、選べるボディカラーのバリエーションが増えるため、購入前のお色選びが楽しくなると思いますよ。

5万5000円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション3】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、5万5000円の特別塗装料で次の5種類のカラーを選べるようになります。

■5万5000円の特別塗装料がかかる有料色

・プレミアムサンライトホワイト・パール
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック
・ルナシルバー×ライムグリーン(ネス専用)
・シャイニンググレー メタリック×ライムグリーン(ネス専用)
・クリスタルブラック×ライムグリーン(ネス専用)

新色”プレミアムサンライトホワイト パール”を選択可能

ちょっと高く感じますが、5万5000円の特別塗装料を追加すると、この新型フィット4(Fit4)のために開発されたプレミアムサンライトホワイト・パールと、インパクトのある”プレミアムクリスタルレッド・メタリック”を選ぶことができます。

ただ、”プレミアムサンライトホワイト・パール”と同じ白系のカラー”プラチナホワイト・パール”は、近くで見比べてみないと違いはわかりません。

■プレミアムサンライトホワイト・パール

■プラチナホワイトパール

近くで2台のモデルを見比べてみて、ようやくプレミアムサンライトホワイト・パールの方がシルバーがかっているかな…って、くらいの差です。

購入予算を抑えたいと思っている方は、”プレミアムサンライトホワイト・パール”ではなく、”プラチナホワイト・パール”でも良いのかなと言うのが、正直なところです。

ネス専用アクセントツートンカラーを選ぶことも可能

また、ピラーや足回りにあしらわれたビビットなライムグリーンが印象的なネス専用2ボディーカラー”アクセント2トーンカラー”も5万5000円から選べることが可能です。

“アクセント2トーンカラー”を選択すると、シートやダッシュボードにもライムグリーンのアクセントカラーがあしらわれ、気分が高まるアクティブな雰囲気の内装・インテリアになります。

ただ、5万5000円の特別塗装料を高く感じてしまうお客さんも、大勢いるように感じました。

6万500円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション4】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、6万500円の特別塗装料で、次の5色のボディカラーを選ぶこと可能です。

■6万500円の特別塗装料がかかる有料色

・サーフブルー×ブラック
・エアライトブルーメタリック×ブラック
・ルナシルバーメタリック×ブラック
・シャイニンググレーメタリック×ブラック
・クリスタルブラックパール×シルバー

2トーンカラーの価格設定はちょっと高め

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、6万500円から2トーンカラーを選べるようになっていたのですが、競合車・ライバル車と比較すると、ちょっと高い感じが…。

例えば、競合車・ライバル車の一つでもある日産のノートe-POWERに用意されているプレミアムコロナオレンジ×スーパーブラックの2トーンカラーの特別塗装料は、24,200円です。

新型フィット4と比較すると、大きな差ですよね。

競合車・ライバル車と比較すると、この新型モデルの2トーンカラーは、ちょっと高めの価格設定だなと、感じてしまいました。

7万7000円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション5】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)で、7万7000円の特別塗装料がかかるカラーは、次の通りです。

■7万7000円の特別塗装料がかかるボディカラー

・プラチナホワイトパール×ライムグリーン(ネス専用)

7万7000円の特別塗装料がかかるカラーは1色のみ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で、7万7000円の特別塗装料がかかるカラーは、ネス専用のボディカラー”プラチナホワイトパール×ライムグリーン”のみとなっていました。

このプラチナホワイトパール×ライムグリーンの特別塗装料は、クリスタルブラックパール×ライムグリーンなど他のアクセサリー2トーンカラーよりも2万円ほど高い結果に…。

プラチナホワイトパール×ライムグリーンのアクセサリー2トーンカラーはとてもキレイなカラーですが、いかんせん高すぎ!

この金額なら、購入を躊躇(ちゅうちょ)する人も多いのかなと思ってしまいました。

8万2500円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション6】

また、2020年2月にデビューをした新型フィット4(Fit4)では、プラチナホワイトパール×ライムグリーンよりも高い価格設定のボディカラーも用意していました。

■8万2500円の特別塗装料がかかるボディカラー

・プラチナホワイト・パール×ブラック
・ミッドナイトブルービーム・メタリック×ブラック
・プレミアムグラマラスブロンズ・パール×シルバー

上質感あふれるボディカラーの2トーンは価格も高め

この新型フィット4(Fit4)では、”プラチナホワイト・パール”や”プレミアムグラマラスブロンズ パール”など高級感あふれるカラーをベースに天井を黒く塗装したブラックルーフの2トーンカラーの特別塗装料は、8万2500円とちょっとお高め…。

ここまでくると、コンパクトカーの特別塗装料とは思えない感じが…。

2トーンカラーはモノトーンよりも塗装の手間がかかるので、特別塗装料が発生するのは仕方ないと思います。

ただ、プラチナホワイトパールの2トーンカラーは人気色なので、もう少し抑えた価格設定にしても良かったのかなと思いました。

9万9900円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション7】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)で、9万9000円の特別塗装料が発生するボディカラーは、次のようになっていました。

■9万9000円の特別塗装料がかかるボディカラー

・プレミアムサンライトホワイトパール×ライムグリーン

サンライトホワイトの2トーンカラーは、ネスの中で一番高い

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ネス専用色として5種類のライムグリーンをあしらった2トーンカラーを用意しています。

そして、その中で一番高かったのが、新色のプレミアムサンライトホワイトパールをベースに、ピラーなどにライムグリーンをあしらった2トーンカラーです。

このプレミアムサンライトホワイトパールの2トーンカラーは、ライムグリーンが映えるとてもキレイなカラーです。

ただ、お値段がちょっと高めのためか、プレミアムサンライトホワイトパールとライムグリーンの2トーンカラーの売れ行きは、あまり良くないようですよ。

10万4500円の特別塗装料の有料色【新型フィット4のカラーバリエーション8】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で一番価格が高い、10万円オーバーの有料色は、次の2つです。

■10万4500円の特別塗装料がかかるボディカラー

・プレミアムサンライトホワイト・パール×ブラック
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック×ブラック

この2色の特別塗装料が特に高い理由

特別塗装料だけで10万円オーバーとなっており、競合車・ライバル車の中で特に高い価格になっているこの2つのボディーカラーですが、なぜこんなに価格が高いのでしょうか?

先日、この新型モデルの見積もりを貰った際にディーラーさんに聞いてみたところ、プレミアムサンライトホワイトパール/プレミアムクリスタルレッドメタリックどちらも5層塗りとなっており、他のモデルよりも塗装する手間&工程が多いようです。(通常は3層塗り)

しかも、光の当たり具合によって見え方が変わるように、塗装するための材料にもこだわっているそうです。その上、天井をブラックに塗装する手間もあります。

なので、この2色のボディーカラーは、他の色よりも価格が高くなっているようですよ。

ただ、個人的には、もう少し価格を抑えてくれた方が、気軽に選べて良かったのかなと思いました。

まとめ:新型フィット4のボディカラーの塗装料は全体的に高め

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のボディカラーの特別塗装料を確認してみたところ、このようになっていました。

ご覧の通り、この新型モデルは、選ぶボディカラーによって、価格が全然異なります。しかも、10万円オーバーの特別塗装料があるなど、この新型モデルのボディカラーの価格設定は、全体的に若干高い感じが…。

値段を気にせずに自由に選ぶと、予想以上の見積もり金額&乗り出し価格で予算オーバー…、なんてことにもなりかねないので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする