新型フィット4とフィット3の外装はどこが違う!?実車画像で比べてみよう

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発日をした新型フィット4(Fit4)の外装・エクステリアは、従来のスポーティ路線から一転、親しみやすさを追求したデザインになっています。

そのため、新型モデルの外装・エクステリアは、先代モデルにあたるフィット3(FIT3)とは全く異なるアンニュイな雰囲気が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルにあたるフィット3の外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いがあったのでしょうか?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)とフィット3の外装・エクステリアのデザインを比較してみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

フロントマスクの違いをチェック【新型フィット4とフィット3の外装比較1】

今回デビューを果たした新型フィット4(Fit4)とフィット3(Fit3)のフロントマスクは、それぞれこのようなデザインになっています。

■フィット4のフロントマスク

■フィット3のフロントマスク

親しみやすいデザインに生まれ変わった新型フィット4のフロントマスク

先代モデルは、大型のフロントグリルと薄型のヘッドライトデザインが特徴の”ソリッド ウイング フェイス”を採用しており、キリっとしたシャープなフロントマスクになっていました。

一方、新しく生まれ変わった新型モデルのフロントマスクは、先代モデルよりも丸みのあるデザインに…。また、フロントグリルも薄型化したこともあり、先代モデルよりも柔らかく、親しみのあるデザインになっていました。

ヘッドライトのデザインにも違いが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)とフィット3(Fit3)の大きな違いの一つが、ヘッドライトのデザインです。

先代モデルは鋭さが際立つシャープなデザインのヘッドライトになっていましたが、標準装備では、クリクリっとした丸っこいヘッドライトを標準装備。

■フィット4のヘッドライト

■フィット3のヘッドライト

新しく生まれ変わった新型モデルでは、ライン状に光るポジションランプを採用しており、先代モデルよりも印象に残るインパクトのあるデザインになっていました。

サイドスタイルの違いをチェック【新型フィット4とフィット3の外装比較2】

フロントマスクのデザインに多いな違いがあった新型フィット4(Fit4)と先代モデルのフィット3(Fit3)ですが、サイドスタイルにも違いがありました。

■フィット4のサイドスタイル

■フィット3のサイドスタイル

先代よりもカジュアルな新型フィット4のサイドスタイル

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルの大きな違いの一つが、キャラクターラインの入れ方です。

先代モデルは、彫刻刀で削ったような溝の深いキャラクターラインが2本入っており、シャープさやアグレッシブさを強調したデザインになっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、キャラクターラインを極力排したシンプルなデザインに…。先代モデルとは異なり面全体の美しさを楽しめる柔らかいサイドスタイルになっていました。

タイヤ&ホイールのデザインの方向性にも明確な違いが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、タイヤ&ホイールのデザインのコンセプトにも明確な違いがありました。

先代モデルでは、ハイブリッド車とガソリン車で異なるデザインのタイヤ&ホイールを標準装備。ハイブリッド車では、燃費性能を最優先に考えた空気抵抗を抑える専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備していました。

■フィット3のタイヤ&ホイール

一方、2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ハイブリッド車もガソリン車と同じデザインのホイールを標準装備。

■フィット4のタイヤ&ホイール

新型モデルでは燃費性能よりも見た目のデザイン性を重要視したためか、先代モデルよりも高級感のある足回りになっていました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、タイヤ&ホイールのデザインが異なります。このクルマに用意されているタイヤ&ホイールのデザインを確認してみたい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

後ろ姿の違いをチェック【新型フィット4とフィット3の外装比較3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルのフィット3(FIT3)の後ろ姿は、それぞれこのようなデザインになっています。

■フィット4の後ろ姿

■フィット3の後ろ姿

この2台のモデルは、後ろ姿も全然違いますね。

先代モデルはスポーティーさやアグレッシブさを強調後ろ姿になっていたのに対し、新型モデルは、日常の生活に溶け込むシンプルモダンなデザインになっていました。

新型モデルではルーフスポイラーの用意は無し

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルの後ろ姿の大きな違いの一つが、ルーフスポイラーです。

先代モデルでは、スポーティーさを強調する大きなルーフスポイラーが備わっていました。

■先代モデルのルーフスポイラー

しかし、新しく生まれ変わった新型モデルのリヤにはルーフスポイラーの用意はなく、親しみやすいカジュアルな後ろ姿を演出していました。

リヤコンビネーションランプにも大きな違いが…

また、新型フィット4(Fit4)とフィット3(FIT3)のリヤの大きな違いの一つが、リヤコンビネーションランプのデザインです。

先代モデルでは、縦に長いユニークなリヤコンビネーションランプを標準装備しており、一目見ただけで”フィット3″と分かるデザインになっていました。

■フィット3のリヤコンビネーションランプ

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、横に広いワイド感のあるリヤコンビネーションランプを標準装備。

■フィット4のリヤコンビネーションランプ

この新型モデルのリヤコンビネーションは、見た目のインパクトや派手さは先代モデルに劣ります。

ただ、この新型モデルのリヤコンビネーションランプはライン状に光る”導光ランプ”を採用しており、シンプルながらも上品さを感じるデザインに…。

また、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、プラチナ調のクロームメッキガーニッシュをあしらうなど、グレードによって違いを出しているのも好印象でした。

まとめ:どこか憎めない愛嬌のある見た目になった新型フィット4

2020年2月にフルモデルチェンジをしてい新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルにあたるフィット3(FIT3)の外装・エクステリアを比較してみたところ、このようになっていました。

先代モデルは、迫力のあるスポーティーなデザインになっていましたが、新しく生まれ変わった新型モデルは、親しみやすいキュートなデザインに…。

先代モデルと比較すると、見た目の迫力やインパクトは劣りますが、どこか憎めない可愛げのあるデザインになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、見た目の印象が大きく異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする