新型フィット4のタイヤ全4種類【実車画像で特徴や魅力、サイズを徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4は、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター”やラグジュアリー仕様の”リュクス”など、グレードによって外装や見た目が大きく異なるのが魅力の一つです。

また、この新型モデルでは4種類のタイヤ&ホイールを用意しており、スタイル(グレード)によって、大きな差が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の各グレードは、どのようなデザインのタイヤ&ホイールを装着していたのでしょうか?また、グレードによって、タイヤ&ホイールにどのような違いがあったのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わったこの新型モデルのタイヤ&ホイールを実車画像を使って、徹底解剖していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット/フィット4 ホーム&ベーシックのタイヤをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最廉価モデル”ベーシック”、中間モデルの”ホーム”に用意されているタイヤ&ホイールのデザインは、このようになっています。

■ホーム&ベーシックのタイヤ&ホイール

ホーム&ベーシックはスチールホイールを採用

新しく生まれ変わった新型フィット/フィット4の上位モデルでは、スタイリッシュなアルミホイールを標準装備していましたが、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”では、フルホイールキャップ付きのスチールホイールを採用。

そのため、アルミホイールを採用している上位モデルと比較すると、”ベーシック”と”ホーム”のサイドスタイルの高級感やスタイリッシュさは劣ります。

ただ、シルバーのホイールキャップを装着したこの2つのグレードのサイドスタイルは、スマートで清潔感あふれるシンプルモダンな雰囲気が漂っていました。

タイヤ&ホイールサイズも小さめ

また、タイヤ&ホイールサイズも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”の注目ポイントの一つです。

スチールホイールを履いているこの2つのグレードは、”クロスター(CROSSTAR)”や”リュクス(LUXE)”などの上位モデルよりもひと回り小さいサイズのタイヤを標準装備。

■ベーシック&ホームのタイヤサイズ

15インチ(185/60R15)

そのおかげもあり、”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”は、他のグレードとは一味違った乗り心地に仕上がっていました。

新型フィット/フィット4 ホーム&ベーシックのタイヤをチェック

“フィットネス”に名前の由来も持つ、新型フィット/フィット4のアクティブ仕様”ネス(NESS)”のタイヤ&ホイールのデザインは、このようになっています。

■ネスのタイヤ&ホイール

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”は、スチールホイールを採用していましたが、この”ネス(NESS)”では、専用デザインのアルミホイールを採用。

スチールホイールを履いていた2つのグレードとは違うスタイリッシュで迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

疾走感のあるデザインが魅力

そんな新型フィット/フィット4のアクティブ仕様”ネス(NESS)”のタイヤ&ホイールの注目ポイントの一つは、デザインです。

後ほど紹介をするクロスオーバー仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”とは異なり、この”ネス(NESS)”は、風車の羽が回っているような躍動感のあるデザインに…。

ルーフやガーニッシュに施されているライムグリーンのアクセントカラーに負けないスタイリッシュでスポーティーな足回りを強調していました。

タイヤ&ホイールのサイズもひと回り大きい

また、新型フィット/フィット4のアクティブ仕様”ネス(NESS)”では、スチールホイールを履いてた”ベーシック”や”ホーム”よりもひと回りタイヤ&ホイールのサイズが大きくなっていました。

■ネスのタイヤ&ホイールのサイズ

16インチサイズ(185/55R16)

この新型モデルのアクティブ仕様の”ネス(NESS)”では、16インチサイズのタイヤ&ホイールを装着。

そのため、最廉価モデルの”ベーシック”や中間モデルの”ホーム(HOME)”よりも迫力のある、そして、引き締まったサイドスタイルになっていました。

また、”ネス(NESS)”は、最廉価モデルの”ベーシック”や”ホーム”とは異なるタイヤメーカーのタイヤを装着していました。そのため、下位の2つのグレードとネスでは、乗り心地にも大きな違いがありました。

新型フィット/フィット4 リュクスのタイヤをチェック

新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をするラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■リュクスのタイヤ&ホイール

高級感が漂うリュクスのタイヤ&ホイール

新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”では、細いスポークが特徴のアルミホイールを標準装備。

幾重にも重なった細いスポークが、ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”らしい繊細さと高級感を表しているような感じが…。

また、プラチナ調のクロームメッキをあしらったサイドシルガーニッシュとの相性も良く、プレミアム感があふれるサイドスタイルになっていました。

タイヤサイズはネスと同じ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のラグジュアリー仕様”リュクス(LUXE)”のタイヤ&ホイールのタイヤサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■リュクスのタイヤ&ホイールのサイズ

16インチサイズ(185/55R16)

ラグジュアリ仕様の”リュクス(LUXE)”では、アクティブ仕様の”ネス(NESS)”と全く同じ16インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

なので、見た目の印象は全く異なる”リュクス(LUXE)”と”ネス(NESS)”ですが、ドライビングフィールや乗り心地に大きな差はありませんでした。

新型フィット/フィット4 クロスターのタイヤをチェック

また、外装に様々な専用アイテムを装着した新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”は、タイヤ&ホイールも専用デザインとなっています。

■クロスターのタイヤ&ホイール

力強さを感じるクロスターのホイール

新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様のクロスターは、ネスやリュクスと同様に切削加工&ブラック塗装を施したアルミホイールを標準装備しているのですが、切削面の美しさが際立つワイド感のあるスポークを採用。

クロスター専用デザインのホイールは、SUVらしさを強調するブラック塗装を施したホイールアーチプロテクターやサイドシルガーニッシュに見劣りしない迫力と力強さがあるデザインになていました。

クロスターならではの特別なタイヤサイズ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”は、タイヤサイズも他のグレードとは異なる専用デザインとなっています。

■クロスターのタイヤサイズ

16インチ(185/60R16)

クロスオーバーSUVの”クロスター(CROSSTAR)”に採用されているタイヤ&ホイールのサイズは、”ネス(NESS)や”リュクス(LUXE)”と同じ16インチサイズとなっています。

ただ、クロスター(CROSSTAR)はクロスオーバーSUVらしく、ネスやリュクスなど16インチサイズのタイヤを履いているモデルよりもタイヤに厚みがあります。

■クロスターのタイヤ

■リュクスのタイヤ

そのため、新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”は、16インチサイズのタイヤ&ホイールを装着した他のグレードとは違う乗り味になっていました。

また、装着しているタイヤメーカー&ブランドが異なるのも、”クロスター(CROSSTAR)”のタイヤの注目ポイントの一つですよ。

まとめ:新型フィット/フィット4はグレードで見た目の印象が大きく異なる

2020年2月にホンダからデビューを果たした人気コンパクトカー”新型フィット/フィット4″のタイヤ&ホイールのデザインを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、グレードによってタイヤ&ホイールのデザインが異なる事もあり、全然異なるサイドスタイルに…。

また、タイヤサイズだけではなく、履いているタイヤのメーカー&ブランドが違うこともあり、グレードによって全く異なるドライビングフィールや乗り心地になっていました。

なので、どのグレードを購入しようか迷っている方は、見た目のデザイン性だけではなく、乗り心地や操作感、運転のしやすさもしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする