新型フィット4のハイブリッド車の外観の注目ポイントは?見た目&装備を徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の特徴&魅力と言えば、親しみやすいデザインに生まれ変わった外観&エクステリアです。

また、この新型モデルの外観は颯爽感があり、ハイブリッド車らしい爽やかなデザインに…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルのハイブリッド車の外観・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?このハイブリッド車の外装・エクステリアのパーツは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わった新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の外観・エクステリアの特徴や魅力を、余すところなく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

愛嬌のあるフロントマスクをチェック【新型フィット4 ハイブリッドの外装1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のフロントマスク
グレード:ネス(NESS)

新しく生まれ変わったこの新型モデルは、角を丸めたエッジのないデザインにするなど、全体的には柔らかいデザインに…。

また、この新型モデルのフロントマスクを最初に見た時には、「ちょっとシンプルすぎるかな!?」と思ったのですが、見慣れてくると愛着がわいてくる”日常の相棒”のようなクルマになっていました。

LEDヘッドライトを全グレード標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のフロントマスクで印象的なのが、クリクリっとした大きなヘッドライトです。

ただ、この新型モデルのハイブリッド車では、U字に輝くデイライト(ポジションランプ)が印象的なLEDヘッドライトを全グレードに標準装備。

■ハイブリッド車のLEDヘッドライト

また、この新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…

ハイブリッド車の最廉価モデルに位置をする”ベーシック(BASIC)”でも、オシャレなLEDヘッドライトが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

実は1.3リットルエンジンを搭載したガソリン車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”では、LEDヘッドライトではなく、ハロゲンが標準装備となっていたんですよね。

ここへんが、新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車の外観・エクステリアの大きな違いの一つなのかなと思いました。

ハイブリッド車専用のエンブレムを装着

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の注目アイテムの一つが、ノーズ部分に装着されている”H”をモチーフにしたホンダエンブレムです。

このハイブリッド車では、エンブレムの内側にブルーをあしらった爽やかなデザインに…。

■ハイブリッド車のホンダエンブレム

また、エンブレムのベースも艶やかなピアノブラック調になっており、高級感&上質感のあるフロントマスクを演出していました。

丸みを帯びたサイドスタイルをチェック【新型フィット4 ハイブリッドの外観2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のサイドスタイル

この新型モデルは、キャラクターラインなどを極力減らしたこともあり、スッキリとしたシンプルなサイドスタイルに…。

また、大きな三角窓が印象的で、外観・エクステリアからも運転のしやすさを感じるサイドスタイルになっていました。

ガソリン車と共通デザインになったタイヤ&ホイール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車を見て印象的だったのが、タイヤ&ホイールのデザインです。

先代モデルでは、空気抵抗や燃費性のを考慮した黒いフィンを備えたハイブリッド車専用のホイールを用意していたんですよね。

■先代モデルのハイブリッド車のタイヤ&ホイール

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、グレード別に4種類のタイヤ&ホイールを用意。

■新型フィット4のハイブリッド車のタイヤ&ホイール

上位モデルに位置をする”クロスター(CROSSTAR)”やネス(NESS)、リュクス(LUXE)ではアルミホイールを装着するなど、先代モデルよりも洗練されたサイドスタイルになっているように感じました。

新型フィット4のタイヤ全4種類【実車画像で特徴や魅力、サイズを徹底解剖】

LEDのウィンカー付きのサイドミラーを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、LEDのウィンカー付きのサイドミラーを全グレードに標準装備。

■ハイブリッド車のサイドミラー

コンパクトカーの場合、最廉価モデルでは、サイドミラーにウィンカーが備わっていないことが多いです。

ただ、この新型モデルのハイブリッド車では、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”でもLEDのウィンカー付きのサイドミラーを標準装備。

ここらへんも、この新型モデルは、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC”の人気が高い理由の一つなのかもしれませんね。

ただ、この新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のサイドミラーで残念だったことも…。

それは電源のON/OFFに連動して、サイドミラーが自動的に展開をする”オートリトラ機能”が標準装備となっておらず、ディーラーオプション設定となっていました。

この新型モデルのハイブリッド車のリュクス(LUXE)などの上位モデルは、乗り出し価格で300万円以上もします。

このちょっと高めの価格設定を考えると、サイドミラーを自動的に展開&収納するオートリトラ機能ぐらい標準装備にしても良かったのかなと思いました。

落ち着いた雰囲気の後ろ姿をチェック【新型フィット4 ハイブリッドの外装3】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の後ろ姿は、このようなデザインになっています

■ハイブリッド車の後ろ姿

この新型モデルの後ろ姿は、フロントマスク同様に角を丸めたソフトなデザインに…。

また、先代モデルのような迫力や派手さはありませんが、どこか気品の高さを感じる落ち着いた雰囲気の後ろ姿になっていました。

おしゃれな後ろ姿を演出するリアコンビネーションランプ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のリアコンビネーションランプは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のリアコンビネーションランプ

実際にライトを点灯してみると、このような感じに…

■リヤコンビネーションランプを点灯した時の様子

この新型モデルのリアコンビネーションランプは、帯状に光る導光ランプを備えており、オシャレなデザインに…。

先代モデルと比較すると落ち着いた雰囲気のリアコンビネーションランプとなっていましたが、フランス車のような上品さがあふれる後ろ姿になっていました。

ハイブリッド車専用のエンブレムを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、右側のリアコンビネーションランプの下に、2モーター&1エンジンを組み合わせたハイブリッド車を表す”e:HEV(イー エイチ イー ブイ)”エンブレムを装着。

■ハイブリッド車のe:HEVエンブレム

また、フロントマスク同様にリアの”ホンダ エンブレム”も青でコーティングされており、ガソリン車とは一味異なるデザインになっていました。

まとめ:ハイブリッド車らしいスマートな外観

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の外観・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルでは、ブルーをあしらった専用デザインのエンブレムを採用するなど、ガソリン車の外装・エクステリアとは若干の差が…。

ブラックやブラウンなど濃いボディカラーでは、青があしらわれたハイブリッド車専用のホンダ エンブレムが目立ちません。

ただ、この新型モデルの新色の”プレミアムサンライトホワイト パール”などホワイト系のカラーでは、エンブレムにあしらわれたブルーが良いワンポイントアクセントになっているように感じました。

ここを読めばすべてが分かる! 新型フィット4の記事一覧
スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする