新型RAV4アドベンチャーとGグレードの内装の4つの違い【実車画像で比較】

オフロード性能を高めた新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”は、専用のフロントグリルを採用するなど、他のグレードとは全く異なるデザインになっています。

また、オレンジのアクセントカラーを採用するなど、内装・インテリアもアドベンチャー(Adventure)専用デザインとなっていました。

フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー”と人気モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、この2台のモデルの内装は、どんな違いがあったのか?

私が撮ってきた実車画像を使って、”アドベンチャー(Adventure)”と”Gグレード”の内装・インテリアの4つの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 アドベンチャーとGグレードの内装をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジヲして新発売された新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”と”Gグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■アドベンチャーの内装・インテリア
 

■Gグレードの内装・インテリア

助手席側に大きなトレーを配するなど、基本的な内装・インテリアのデザインは、全く同じになっています。また、後部座席周りの装備も全く同じになっています。

>>> 新型RAV4 アドベンチャーの後部座席【デザインや快適性を総チェック】

ただ、”アドベンチャー(Adventure)”と”Gグレード”では、内装に施されているアクセントカラーに違いがあるため、車内の雰囲気や高級感に大きな差がありました。

アドベンチャーではオレンジのアクセントカラーを採用

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”では、内装の至るところに濃いオレンジのアクセントカラーを採用しています。

例えば、ドリンクホルダーやトレイ。

この新型モデルの”アドベンチャー(Adventure)”のダッシュボードでは、鮮やかなオレンジまとったドリンクホルダーやオープントレイを標準装備していました。

■アドベンチャーのドリンクホルダー

■アドベンチャーの助手席オープントレイ

■アドベンチャーのセンターオープントレイ

■運転席オープントレイ

このオレンジに彩られたオープントレイのおかげで、このアドベンチャー(Adventure)の内装・インテリアは、ギア感が溢れるデザインに…。

また、ダッシュボードやシートサイド、ドア内側パネルに施されているオレンジのステッチも良いワンポイントアクセントになっていました。

■ダッシュボードに施されているオレンジのステッチ

■アドベンチャーのシートサイド

■アドベンチャーのドア内側パネル

Gグレードでは落ち着いたダークブランを採用

一方、新型RAV4の人気モデル”Gグレード”のダッシュボードでは、ドリンクホルダーやトレイ部分にダークブラウンを採用。

■Gグレードのドリンクホルダー

■アドベンチャーの助手席オープントレイ

■アドベンチャーのセンターオープントレイ

■運転席オープントレイ

また、シートなどに施されているステッチもシルバーとなっており、アドベンチャー(Adventure)と打って変わって、このGグレードの内装・インテリアは、上質感が漂う落ち着いた雰囲気になっていました。

新型RAV4 アドベンチャーとGグレードは、内装のアイテム・装備も異なる

また、2019年4月にデビューをしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードでは、内装・インテリアに用意されている装備・アイテムにも違いがありました。

この2台のモデルでは、どんなアイテム・装備に違いがあったのか?

実車画像を使って、この2台のモデルの装備・アイテムの違いを紹介したいと思います。

【違い1】シートのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードの大きな違いの一つが、シートのデザインです。

このクルマのアドベンチャー(Adventure)とGグレードのシートは、それぞれこのようなデザインになっています。

■アドベンチャーのシート

■Gグレードのシート

どちらのモデルもブラックの合成レザーシートなのですが、雰囲気が全く異なりますよね。

背もたれの中央にオレンジのアクセントラインを採用しているアドベンチャー(Adventure)のシートは、SUVらしい遊び心のあるデザインに…。

また、シートのメイン部分に施されている幾何学模様の刻印も、SUVらしさを強調しています。

一方、シルバーのステッチを採用しているGグレードのブラックの合成シートは、重厚感のあるデザインに…。高級感があり、街乗りにはピッタリなオシャレなデザインになっていました。

【違い2】ハンドル・シフトレバー

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードでは、ハンドルやシフトレバーに使用されているデザインや素材にも違いがありました。

こちらは、ガソリン車の最上位モデル”アドベンチャー”のハンドルとシフトレバーです。

■アドベンチャーのハンドル

■アドベンチャーのシフトレバー

最上位の”アドベンチャー(Adventure)”のハンドルやシフトレバーは、シンプルなウレタン素材に…。

一方、こちらは、Gグレードのハンドル(ステアリングホイール)とシフトレバーのデザインです。

■Gグレードのハンドル

■Gグレードのシフトレバー

ウレタン製だったアドベンチャー(Adventure)とは異なり、Gグレードのハンドルやシフトレバーは、本革を採用。また、ワンポイントアクセントでサテンメッキも備わっています。

なので、高級感や上質感は、新型RAV4のGグレードの方が良かったです。

ちなみに、本革巻きのハンドルやシフトレバーは、メーカーオプションとなっているため、アドベンチャー(Adventure)でも装着する事が可能です。

展示車や試乗車を見て、アドベンチャー(Adventure)の質感に物足りなさを感じたら、メーカーオプション設定となっている本革巻きのハンドルやシフトレバーを注文しても良いのかなと思いました。

【違い3】スイッチや送風口の加飾

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードでは、ドア内側パネルに備わっているスイッチや送風口の加飾に違いがありました。

■アドベンチャーのスイッチ

 ■アドベンチャーの送風口

■Gグレードのスイッチ

■Gグレードの送風口

アドベンチャーのスイッチや送風口は余計な塗装が施されていないブラックのままなのですが、Gグレードでは、スイッチ部分や送風口にメッキ調の加飾が施されており、高級感のあるデザインに…。

小さな部分ですが、ここらへんの高級感・上質感も、アドベンチャー(Adventure)とGグレードの大きな違いなのかなと思いました。

【違い4】シートヒーター

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードの意外な違いの一つが、シートヒーターです。

Gグレードでは、2段から調整できるシートヒーターがフロントシート(運転席と助手席)に標準装備されています。

■Gグレードのシートヒータースイッチ

真冬の寒い日に、エンジンをかけてスグに暖を取れるシートヒーターは、重宝しますよね。

しかし、残念な事にこのクルマの最上位に位置をするアドベンチャー(Adventure)では、シートヒーターは標準装備されていません。

■アドベンチャーのインパネ中央部分

しかし、このアドベンチャー(Adventure)では、新型RAV4の中で唯一、シートヒーターと座面や背もたれから冷風を送ってくれて、蒸れや汗ばみを防いでくれるベンチレーション機能をメーカーオプションで用意しています。

しかも、メーカーオプションで用意されているシートヒーター&ベンチレーション機能は、3段階から調整できるようになっています。

■アドベンチャーのシートヒーター&ベンチレーション

真夏の暑い日の運転を快適にしてくれるベンチレーション機能を備えているのは、他のグレードには無いアドベンチャー(Adventure)の大きな魅力の一つなのかなと思いました。

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードの内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

アクセントカラーにオレンジを採用したり、専用シートを備えているアドベンチャー(Adventure)は、ギア感が溢れるデザインに…。

ただ、ハンドルやシフトレバーがシンプルなウレタン製になっていたり、シートヒータが標準装備されないなど、高級感・上質感はイマイチです。

高級感・上質感があるクルマに憧れているのなら、アドベンチャー(Adventure)よりも、本革巻きハンドルやシフトレバーを採用しており、メッキ調の加飾を施しているGグレードの方がピッタリなのかなと思いました。

>>> 新型RAV4アドベンチャーの見積もり金額は高い!?【Gグレードと比較】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする