【欠点&デメリット】競合車にあって新型ルークスにない装備&機能とは?

高速道路での運転を楽にするプロパイロット機能が搭載されるなど、2020年3月にフルモデルチェンジをした日産の新型ルークス(ROOX)は、機能や装備が充実しているのが魅力の一つです。

スーパーハイト系ワゴン車の中でトップクラスの性能を誇るこの新型モデルですが、この新型モデルに備わっている装備やアイテムを改めて確認してみたところ、

「あっ、この機能が欲しかったかも…。」
「競合車には付いているけど、なぜこのクルマには、この機能が付いていないんだろう…」

と、感じた部分も…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車に装着して欲しかった装備&アイテムは、何だったのでしょうか?また、機能や装備面のどこに物足りなさを感じたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)に用意されていなくて残念だった装備&アイテムを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

シートヒーター【新型ルークスに欲しかった装備1】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の残念だった装備&アイテムの一つが、シートヒーターです。

シートヒーターが用意されているのは4WD車のみ

真冬の寒い日に重宝するシートヒーターは、多くのクルマに用意されている一般的な機能&アイテムになっています。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をして新発売をしたこの新型モデルでは、シートヒーターが用意されているのは、4WD車のみ。

FF車では、オプションでもシートヒーターの用意がありませんでした。

ちょっとコレは残念ですよね。

ちなみに、スーパーハイト系ワゴン車の中で、FF車のフロントシート(運転席&助手席)にシートヒーターが用意されていないのは、新型ルークス(ROOX)のみです。

競合車・ライバル車の中にはシートヒーターが標準装備になっていないクルマもありますが、少なくてもオプションで装着できるようになっていました。

■競合車の一つ新型スペーシアのシートヒーター

この新型モデルには、車内を空気を巡回するリヤサーキュレーターが備わっており、真夏の暑い日も快適に過ごせるようになっています。ただ、真冬の寒い日の快適性に関しては、競合車・ライバル車よりも少し見劣りするのかなと思いました。

■新型ルークスのリヤサーキュレーター

兄弟車のデイズのFF車はシートヒーターを用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のシートヒーターの対応で納得できないのが、兄弟車でもある新型デイズ(DAYZ)のFFでは、シートヒーターをオプションで装着できるようになっていたことなんですよね。

なぜデイズ(DAYZ)のFF車では装着することができたシートヒーターが、この新型モデルでは、装着することができなくなってしまったのか…。

何はともあれ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のFF車にシートヒーターを装着することができないのは、かなり残念でした。

補助ミラー【新型ルークスに欲しかった装備2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている装備&アイテムで気になったのは、補助ミラーです。

競合車はすべて補助ミラーを用意

スーパーハイト系ワゴン車は車高が高いこともあり、助手席側の足元に死角ができやすいんですよね。

そこで、他メーカーのスーパーハイト系ワゴン車では、助手席側の死角をカバーするために補助ミラーを備えています。

■新型N-BOXの補助ミラー

■新型スペーシアの補助ミラー

見え方に多少クセもあるし、その名の通り”補助的”にしか使えませんが、路肩に幅寄せをする際など重宝をします。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、助手席の死角をカバーするような補助ミラーの用意はありません。

この新型モデルでは、アラウンドビューモニターやサイドビューのカメラ映像で助手席側の死角を確認することはできます。

■新型ルークスのアラウンドビューモニター

■新型ルークスのサイドビューカメラ

ただ、走行中にこれらの映像を確認するには、スイッチ操作が発生するため、運転中に操作をするには、少しハードルが高いんですよね。

その点、視線をパッとサイドに振るだけで確認することができる補助ミラーは、非常に便利で使い勝手が良いとです。

このようなことを考えると、他のスーパーハイト系ワゴン車と同様新型ルークス(ROOX)も、助手席側の死角の多さをカバーする補助ミラーを用意しても良かったのかなと思いました。

後側方車両検知警報【新型ルークスに欲しかった装備3】

また、競合車・ライバル車に用意されているわけではなかったのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に欲しかった装備&アイテムが、高速道路での車線変更を楽にしてくれる”後側方車両検知警報”です。

先進の安全装備が高速道路での運転をサポートする新型ルークス

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、同一車線自動運転技術のプロパイロット機能をはじめ、玉突き事故を予防する”インテリジェントFCW”や車線からのはみ出しを抑制する”インテリジェントLI”など、高速道路での運転をサポートする機能が充実しているんですよね。

そんな新型モデルの安全装備の中で唯一欠けていると思ったのが、隣の車線を走行するクルマを検知して、車線変更をサポートする”後側方車両検知警報”です。

■日産車の後側方車両検知警報

【日産の安全への取り組み】BSW(後側方車両検知警報)

この機能が用意されていれば、高速道路の運転がもっと楽になると思うのですが…。

2台前のクルマを検知して玉突き事故を防ぐ”インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)”もとても良い機能だと思いますが、使い勝手や使用するシーンを考えると、個人的には、車線変更をサポートしてくれる”後側方車両検知警報”の方を用意して貰いたいなと思いました。

まとめ:競合車にあって新型ルークスにない機能や装備もあるので要注意

2020年3月に日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)は機能や装備の充実度が魅力ですが、このように残念なところもありました。

私がこの新型モデルの機能や装備を確認してみて特に残念だったのは、シートヒーターです。

備わっているの当たり前になってきたシートヒーターが、この新型モデルのFF車に装着することができないのは、少しガッカリしました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、競合車・ライバル車にはない機能や装備を多数用意しています。ただ、競合車にはあって、この新型モデルにはない機能や装備もたくさんあるので、クルマ選びの際はご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする