多すぎる!新型ルークスのドリンクホルダーの配置場所&個数を徹底解剖

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)は先代モデルと同様、十分過ぎるほどの収納スペース&小物入れを用意していました。

また、ドリンクホルダーも十分な数が用意されていました。

そんな新型モデルは、ドリンクホルダーをいくつ用意していたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されてるドリンクホルダーの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のドリンクホルダーの個数や配置場所、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスはドリンクホルダーをいくつ用意?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)は、いくつのドリンクホルダーを用意していたのでしょうか?

この新型モデルに用意されているドリンクホルダーの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

新型ルークスのドリンクホルダーの数

運転席まわり 5個
後部座席まわり 7個
ドリンクホルダー合計 12個

新型ルークスは後部座席まわりのドリンクホルダーが充実

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、運転席まわり/後部座席まわりあわせて最大で12個のドリンクホルダーを用意。

軽自動車の最大の乗車人数は4人なので、単純計算で1人あたり3個のドリンクホルダーが使えることに…。

これだけの数を用意していたら、十分ですよね。
…と言うか、十分過ぎます^^

特に後部座席まわりのドリンクホルダーの充実度は、目を見張るものがありました。

新型ルークスのドリンクホルダーの配置場所&使い勝手はどうだった?

このように十分すぎるほどの数を用意している新型ルークス(ROOX)のドリンクホルダーですが、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているドリンクホルダーは、四角い形をした500mlのパックのドリンクも収納できるようになっているなど、使い勝手もかなり良いように感じました。

そんな新型モデルに用意されている各ドリンクホルダーの使い勝手は、どうだったのしょうか?また、この新型モデルのドリンクホルダーは、車内のどの位置に配置されていたのでしょうか?

この新型モデルに用意されているドリンクホルダーの配置場所や使い勝手を確認してきたので、運転席まわりと後部座席に分けて紹介したいと思います。

運転席まわりのドリンクホルダーの使い勝手をチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の運転席まわりは、次の3カ所にドリンクホルダーが用意されていました。

■新型ルークスの運転席まわりのドリンクホルダー

・ダッシュボードの左右…2個
・インパネ中央…1個
・ドア内側パネル…2個

この新型モデルの運転席まわりに用意されている各ドリンクホルダーのデザインや使い勝手を、確認してみることにしましょう

ダッシュボード左右のドリンクホルダー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のダッシュボードの左右には、埋め込みタイプのドリンクホルダーが用意されています。

■ダッシュボードの左右のドリンクホルダー

この新型モデルのダッシュボードの左右に備わっているドリンクホルダーは、500mlのパックの飲み物に対応した四角いデザインに…。

この新型モデルに用意されているドリンクホルダーは四角いデザインをしているため、また、ストッパーの用意がないため、走行中、カタカタと動くのが少し残念です。

ただ、この新型モデルのダッシュボードの左右に備わっているドリンクホルダーはサイズが大きく、スマートキーなどを入れておく小物入れとして活用できるようになっていたのは、好印象でした。

インパネ中央のドリンクホルダー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、ダッシュボードの中央に引き出して使用をするタイプのドリンクホルダーを用意しています。

■インパネ中央のドリンクホルダー

こちらのドリンクホルダーもストッパーの用意がない非常にシンプルな作りになっていましたが、スタバのカップのコーヒーなどを置いておくのに、適しているのかなと思いました。

また、ドリンクホルダーを使用した状態でも、トレーの右側半分は開いており、ドリンクと一緒に購入したスナックや軽食を一緒に置いておけるのも良いと思いました。

ドア内側パネルのドリンクホルダー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、ドア内側パネルにペットボトル専用のドリンクホルダーを用意しています。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー

この新型モデルのドア内側パネルに用意されているドリンクホルダーは、配置されている位置が少し低いため、収納した飲み物を取り出しにくいのが少し残念です。

ただ、ドリンクホルダーまわりの空間が広く、スムーズに飲み物と出し入れすることができるのは、とても良いと思いました。

後部座席まわりのドリンクホルダーの使い勝手をチェック

一方、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席まわりのドリンクホルダーは、どのようになっていたのでしょうか?

この新型モデルに用意されている後部座席まわりのドリンクホルダーを確認したところ、つぎの3カ所に用意されていました。

■新型ルークスの後部座席まわりのドリンクホルダー

・シートバックテーブル…4個
・後部座席横(右側)…2個
・後部座席横(左側)…1個

それでは、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの後部座席まわりに用意されているドリンクホルダーのデザインや使い勝手を見ていくことにしましょう。

シートバックテーブルのドリンクホルダー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のシートバックテーブルは、ドリンクホルダーが2個用意されています。

■シートバックテーブルのドリンクホルダー

シートバックテーブルのドリンクホルダー部分は穴があいており、置いたドリンクが下に沈み込むタイプを採用。

そのおかげもあり、シートバックテーブルのドリンクホルダーは、思ったよりも安定感がありました。

また、この新型モデルのシートバックテーブルのドリンクホルダーは、両側に取っ手が付いた幼児用のカップが収納できるようになっていたのも、競合車・ライバル車にはない魅力の一つなのかなと思いました。

後部座席の右側のドリンクホルダー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、後部座席の横にもドリンクを収納できるスペースが用意されているのですが、右側に用意されているドリンクホルダーは、このようなデザインになっていました。

■後部座席横のドリンクホルダー(右側)

後部座席の右側には、2つ飲み物が収納できるスペースを用意。

ただ、ドリンクホルダー上空のスペースが少し狭いため、500mlのドリンクを置くとギリギリに…。

取り出しやすさなどを考えると、シートバックテーブルに用意されているドリンクホルダーを優先して使う方が良いのかなと思いました。

後部座席の左側のドリンクホルダー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、右側だけではなく、左側にもドリンクホルダーを用意しています。

■後部座席の左側のドリンクホルダー

しかし、後部座席の左側には、スマホを立てかけて置けるスペースが用意されているため、収納することができる飲み物は1つのみとなっていました。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、ドリンクホルダーが2個付いているシートバックテーブルが用意されているため、シートサイドに1つしか飲み物が置けなくても、困ることはないのかなと思いました。

まとめ:十分すぎる数を用意している新型ルークスのドリンクホルダー

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているドリンクホルダーの数や使い勝手は、このようになっていました。

これだけドリンクホルダーを用意していたら、飲み物の置き場に困る心配はなさそうな感じが…。

また、この新型モデルは、小物入れと使えるデザインになっているドリンクホルダーの数が多いく、使い勝手に優れていたのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする