新型カローラ スポーツGZの内装【5つの専用装備&アイテムを大公開】

オーリス(Auris)の後継車種となるスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの3つのグレードの中で一番スポーティーなデザインになっているのが、最上位に位置する”GZグレード”です。

>>> 新型カローラ スポーツGZの外装インプレ【最上位版ならではの魅力とは?】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の注目ポイントの一つが、スポーツマインドをくすぐる刺激的な専用装備&アイテムを多数用意している事です。

今回トヨタからデビューをした新型スポーツハッチバックの最上位モデル”GZグレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、この”GZグレード”の内装・インテリアには、どのような専用装備&アイテムを用意していたのでしょうか?

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位”GZグレード”のみに用意されているの専用アイテム&装備を、実車画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの内装インプレ:GZグレード専用の装備&アイテムを徹底チェック

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードの標準仕様の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■GZグレードの標準仕様の内装・インテリア

標準仕様の内装・インテリアは、ブラック基調のシンプルなデザインに…。

ただ、本革仕様のハンドルやシフトレバーなどがしっかりと標準装備されており、シンプルながらも十分に上質感を感じられるデザインになっていました。

一方、こちらは、メーカーオプション設定になっているレッドの本革仕様の内装・インテリアです。

■GZグレードのオプション仕様の内装・インテリア

シートのサイド部分やセンターコンソール、ドア内側パネルに赤のアクセントカラーを採用しており、スポーツモデルらしい刺激的なデザインになっていました。

>>> 新型カローラ スポーツGZの内装【最上位モデルならではの魅力とは?】

このようにスタイリッシュなデザインをしている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の内装・インテリアですが、次のような専用アイテム&装備が用意されていました。

専用装備1:スポーツシート

今回、トヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の専用装備の一つが、このクルマのために設計されたスポーツシートです。

■新型カローラ スポーツのスポーツシート

この新型スポーツハッチバックの最上位モデル”GZグレード”では、背もたれの左右の張り出し量や角度を最適化し、ホールド力を高めた”スポーツシート”を標準装備。

他のグレードで採用されている”スポーティーシート”よりもサポート力があり、長時間ドライブでも疲れにくいシートデザインになっているように感じました。

>>> 新型カローラスポーツのスポーツシートとスポーティシート【座席の違いを徹底解剖】

専用装備2:インパネ&センターコンソール

また、シートだけではなく、インパネ(ダッシュボード)もGZグレード専用デザインになっています。

■GZグレードのインパネ

中間モデルのGグレードでは、シルバーのステッチを採用していた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のインパネですが、最上位モデルの”GZグレード”では、インパクトのあるレッドのステッチを採用。

また、アームレストとしても使用する事がでいるセンターコンソールボックスの表面の部分にも、インパネにマッチしたレッドのステッチを標準装備。

レッドのステッチをあしらったGZグレードの内装・インテリアは、他のグレードとは比べ物にならないほどアグレッシブなデザインになっていました。

>>> シンプルだけど使い勝手は良好!?新型カローラ スポーツのインパネ実車画像インプレ

専用装備3:メーター

今回、トヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルスポーツモデル”GZグレード”の注目の装備の一つが、メーターのデザインです。

GZ以外のグレードでは、スピードメーターとタコメーター、マルチインフォメーションディスプレイを配したオーソドックスな3眼式のアナログメーターを採用していました。

■下位モデル”Gグレード”のメーター

一方、最上位の”GZグレード”では、メーターの中央に7インチサイズのカラーの液晶ディスプレイを配したフルデジタルメーターを標準装備。

■GZグレードのメーター

このように2つのモデルのメーターを見比べると、先進性が全く異なりますよね。

運転席に座ると、ワクワクするような未来感のあるコクピットになっているのも、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の良いところなのかなと思いました。

ちなみに、ドライブモードを”スポーツ(SPORT)”に切り替えると、スピードメーターの表示がレッドになり、高揚感を高めてくれるのも要注目ですよ。

>>> 新型カローラ スポーツのHVとガソリンのメーターの違いとは!?【実車画像で比較】

専用装備4:ルームミラー

また、いつもお世話になっているディーラーさんに教えて貰って知ったのですが、ルームミラーにも専用の機能が用意されているようです。

■GZグレードのルームミラー

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード”のルームミラーのデザイン(見た目)やサイズは、他のグレードと全く同じになっています。

ただ、このGZグレードのルームミラーには、後続車のヘッドライトの光などを検知して、防眩機能へ切り替える”自動防眩機能”を標準装備。

それほど注目度の高い機能ではありませんが、夜間運転をする際は、何気に助かるのかなと思いました。

専用装備5:ドア内側パネル

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード”は、ドア内側パネルも専用デザインとなっていました。

■GZグレードのドア内側パネル

この”GZグレード”と他のグレードのドア内側パネルの大きな違いの一つが、アームレスト部分のデザインです。

最上位モデルの”GZグレード”のアームレスト部分は、ピアノブラック調の加飾とシルバー塗装を施したデザインに…。そのおかげもあり、他のグレードよりも上質感のあるデザインになっていました。

また、ドア内側パネルのトリム部分にレッドのステッチを採用し、スポーツモデルらしいデザインになっていたのも好印象でした。

新型カローラ スポーツGZグレードならではの専用オプションも…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、”GZグレード”のみに用意されている専用のオプションも多数用意されていました。

その一つが、車速やシフトレバーのポジションなどの情報をフロントガラスに投影してくれるヘッドアップディスプレイです。

■GZ専用オプションのヘッドアップディスプレイ

>>> 新型カローラ スポーツのヘッドアップディスプレイって必要?【視認性レビュー】

また 新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、”エコ”、”ノーマル”、”スポーツ”の3段階のドライブモードを用意していますが、”GZグレード”では、この3つに”コンフォート”と”スポーツ+”を加えた5段階のドライブモードをオプションで用意しています。

■GZグレードの5段階のドライブモード

このように使い勝手の良い機能や、走りを強化する機能をオプションで追加できるのも、最上位モデル”GZグレード”の魅力の一つなのかなと思いました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の最上位モデル”GZグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

最上位モデル”GZグレード”の内装・インテリアは、スポーツシートを標準装備するなど、他のグレードよりもスポーティーなデザインに…。

また、ヘッドアップディスプレイや5段階式のドライブモードなどの専用オプションが多数用意されているのも、この”GZグレード”の特徴の一つです。

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意していますが、このクルマの魅力を最大限に堪能したいのなら、やはり”GZグレード”は一番良いのかなと思いました。

>>> 意外な違いも!?新型カローラ スポーツのHVとガソリンの内装比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする