【容量&使い勝手を徹底解剖】新型カローラスポーツの床下収納

若々しいデザインに生まれ変わったスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月、トヨタから新発売されました。

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロア下には、床下収納(サブトランク)が用意されています。

ただ、この新型モデルに用意されている床下収納(サブトランク)は、思ったよりも狭く、使い勝手もイマイチな感じが…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインだったのか?また、この新型モデルの床下収納(サブトランク)の容量や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型スポーツハッチバックの床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手、容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの床下収納の床下収納の広さ&使い勝手をチェック

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの荷室サイズは、ホンダのシビック ハッチバックやスバルのインプレッサ スポーツなど、競合車・ライバル車と比較すると、ひと回り小さめ。

>>> 新型カローラ スポーツの荷室サイズはどのくらい?【ラゲッジ寸法を計測してみた】

ただ、普段使いなら十分に満足できるサイズを備えているように感じました。

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、買い物袋などを吊り下げて置けるコンビニフックなども用意。思った以上に使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっていました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースのフロアの下には、床下収納(サブトランク)が用意されていますが、サイズは小さめ…。

実際にこの新型モデルの荷室フロアを持ち上げてみると、このような感じに…。

■新型カローラスポーツの床下収納(サブトランク)

ちょっとサイズが小さいと思いませんか?

今回新発売された新型モデルの床下収納(サブトランク)には、パンク修理キットやジャッキなどが備わるため、実際に収納スペースとして使用できるのは、床下収納(サブトランク)の後方部分のみとなっています。

なので、この床下収納(サブトランク)に洗車用のブラシやスポンジ、タオルなどを置くと、スグにいっぱいになってしまう感じが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の荷室下に用意されている床下収納(サブトランク)は、このようなサイズになっています。

■新型インプレッサ スポーツの床下収納

この2台のモデルを見比べると、床下収納(サブトランク)の広さの違いが一目瞭然ですよね。

新型インプレッサ スポーツと同じくらいの広さのの床下収納(サブトランク)を、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にも用意して貰いたかったです。

新型カローラスポーツの床下収納の容量はどれくらい?

このように小さいサイズになっていた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の床下収納(サブトランク)ですが、どれくらいの容量を確保していたのでしょうか?

先日、いつもお世話になっているディーラーさんに確認してみました。

■新型カローラスポーツの床下収納の容量…約19リットル

今回新発売された新型モデルの床下収納(サブトランク)の容量は、約19リットルに…。

クルマによっては、30リットル以上もある事を考えると、この新型モデルの床下収納(サブトランク)の容量は、やはり少ないのかなと感じました。

デザインが異なるデッキボード仕様の床下収納の容量は?

今回、トヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、メーカーオプションでアジャスタブルデッキボードを用意しております。

■新型カローラスポーツのデッキボード仕様の荷室

>>> 新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室【標準仕様には無い魅力とは?】

また、アジャスタブルデッキボード仕様にすると、床下収納(サブトランク)のデザインも若干異なります。

■アジャスタブルデッキボード仕様の床下収納

ただ、デッキボード仕様の床下収納(サブトランク)の容量は、標準仕様と全く同じ19リットルになっているようですよ。

スペアタイヤ装着仕様の床下収納は容量が劣る

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、メーカーオプションでスペアタイヤを用意しています。

ただ、スペアタイヤは荷室フロアの下に装着されるため、床下収納(サブトランク)の容量が少なくなります。

■スペアタイヤ装着時の床下収納の容量…約5リットル

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の床下収納(サブトランク)の容量は少ないですが、スペアタイヤ仕様にするとさらに少なると言う結果に…。

私自身はスペアタイヤ仕様の荷室・ラゲッジスペースを確認する事はできなかったのですが、いつもディーラーさんの話によると、スペアタイヤ仕様にすると、ほとんどアイテムを収納するスペースは無いとの事。

スペアタイヤ仕様でも一応床下収納(サブトランク)は用意されていますが、かなりサイズは小さいので、無いものと考えた方が良いのかなと思いました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の床下収納(サブトランク)の広さや容量を確認してきたのですが、予想外の小ささに…。

なので、この新型モデルの床下収納(サブトランク)は、お世辞でも使い勝手は良いとは言えません。

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、床下収納(サブトランク)だけではなく、荷室・ラゲッジスペース自体の容量も、競合車・ライバル車よりも劣ります。

もしこの新型モデルをファミリーカーとして購入する事を検討しているのなら、荷室や床下収納(サブトランク)の使い勝手や使い勝手などを、購入前にしっかりと確認した方が良いのかなとと思いました。

>>> カローラスポーツの荷室容量はどれくらい?【標準仕様とデッキボードの違いを紹介】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする