新型フィット4のクロスターとホームの外装はこんなに違う!実車画像で徹底比較

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)の外装・エクステリアは、他のグレードとは異なる専用のデザインとなっています。

なので、中間モデルのホーム(HOME)とクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)の外装・エクステリアは、全然異なります。

そんな新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)とホーム(HOME)の外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアは、どんな違いがあるのでしょうか?

特徴的な2台のモデルの外装・エクステリアの違いを、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のクロスターとホームの外装のデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”クロスター(CORSTAR)”と”ホーム(HOME)”は、「この2台って同じクルマ!?」と疑いたくなるくらい見た目のデザインが異なります。

そんな2台のモデルの外装・エクステリアには、次のような特徴&魅力を備えていました。

タフな見た目が印象的なクロスターの外装

こちらが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の外装・エクステリアです。

■クロスターの外装&エクステリア

この新型モデルのクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”は、フロントグリルを備えた専用デザインに…。

また、クロスター(CROSSTAR)は、樹脂製のバンパーやサイドシルバーニッシュなどが備わっており、オフローダーっぽいタフな見た目を演出していました。

親しみやすさが特徴のホーム

一方、新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ホームの外装・エクステリア

詳しい違いは後ほど紹介しますが、フロントグリルを備えないホーム(HOME)は、クロスター(CROSSTAR)よりも親しみやすいデザインに…。

また、樹脂製のパーツが備わっていたクロスター(CROSSTAR)とは異なり、ホーム(HOME)のサイドやリヤにも余計な加飾がなく、スッキリとしたカジュアルな印象の外装・エクステリアとなっていました。

新型フィット4のクロスターとホームの外装の違いは?

このようにパッと見ただけで違いが分かる新型フィット4(Fit4)の”クロスター(CROSSTAR)”と”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアですが、具体的には、どのパーツ&アイテムに違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この2台のモデルの違いを紹介したいと思います。

フロントグリル【ホームとクロスターの外装の違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”クロスター(CROSSTAR)”と”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアの大きな違いの一つは、フロントグリルのデザインです。

先ほども簡単に紹介しましたが、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、フロントグリルのエリアを小さくした【グリルレス】で残を採用しており、親しみやすいデザインに…。

■ホームのフロントグリル

一方、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、ブラック塗装を施したバーが備わったフロントグリルを標準相違。

■クロスターのフロントグリル

そのおかげもあり、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の方が迫力のフロントマスクとなっていました。

フロントバンパー【ホームとクロスターの外装の違い2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のフロントマスクで大きく異なるのは、フロントバンパーの存在です。

親しみやすいカジュアルなデザインが特徴の”ホーム(HOME)”ではフロントバンパーの用意がありませんが、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、樹脂でできた専用デザインのフロントグリルを標準装備。

■クロスターのフロントバンパー

また、”クロスター(CROSSTAR)”は、フォグランプの台座(フォグランプガーニッシュ)も専用デザインとなっており、”どっしり感”を演出しているのも好印象でした。

■クロスターのフォグランプガーニッシュ

■ホームのフロントグリルロアガーニッシュ

サイドミラー【ホームとクロスターの外装の違い3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”クロスター(CROSSTAR)”では、サイドミラーも異なります。

どちらのモデルも、運転席の横に用意されているスイッチでサイドミラーを展開/格納することができる”電動格納機能”が備わっており、機能的には違いがありません。

ただ、サイドミラーのデザインに違いが…。

中間モデルの”ホーム(HOME)”に備わっているサイドミラーは、ボディカラーと同系色になっていました。

■ホームのサイドミラー

しかし、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、高輝度シルバー塗装をあしらったサイドミラーを標準装備。

■クロスターのサイドミラー

シルバー塗装を施したサイドミラーが良いアクセントになって、街中で映えるスタイリッシュなサイドスタイルを上手に演出しているように感じまいた。

タイヤ&ホイール【ホームとクロスターの外装の違い4】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”クロスター(CROSSTAR)”で大きく異なるのが、足回りです。

中間モデルの”ホーム(HOME)”では、15インチサイズのフルホイールキャップ付きのスチールホイール&タイヤを標準装備。

■ホームのタイヤ

一方、クロスター(CROSSTAR)は、ひと回り大きい16インチサイズのタイヤ&ホイールを備えています。

■クロスターのタイヤ

また、クロスター(CROSSTAR)は、切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのアルミホイールを装着しており、ホーム(HOME)よりも洗練されたサイドスタイルを演出していました。

ボディサイドを彩る加飾【ホームとクロスターの外装の違い5】

また、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、ボディサイドを彩る加飾・ガーニッシュにも大きな違いがありました。

中間モデルの”ホーム(HOME)”では、余計な加飾・ガーニッシュが備わっていないシンプルなデザインに…。

■ホームのタイヤまわり

■ホームのサイド下部

一方、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、サイドに大きく張り出したホイールアーチプロテクターを標準装備。

■クロスターのホイールアーチプロテクター

また、前輪と後輪の間には、樹脂製のサイドシルガーニッシュやドアロアガーニッシュを備えており、SUVモデルらしい力強さを感じるサイドスタイルになっていました。

■クロスターのサイドスタイル

後ろ姿【ホームとクロスターの外装の違い6】

新しく生まれ変わった新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、後ろ姿にも違いがあります。

■ホームの後ろ姿

■クロスターの後ろ姿

“ホーム(HOME)”は特に加飾のないシンプルな後ろ姿になっているのに対し、クロスター(CROSSTAR)では、インパクトのあるリヤバンパーを標準装備。

■クロスターのリヤバンパー

大きく後方に張り出したリヤバンパーを備えたクロスターとホームでは、後ろ姿の迫力に大きな差が…。

SUVっぽさを強調した迫力のある後ろ姿も、クロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の大きな魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:他のグレードには迫力を備えているクロスター

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の外装・エクステリアの違いを確認してみたところ、このようになっていました。

専用デザインのフロントグリルを備えた”クロスター(CROSSTAR)”は、他のグレードにはない迫力&インパクトがあります。

他のモデルとは一味違うユニークなモデルに乗りたい方には、SUVっぽさを強調した”クロスター(CROSSTAR)”はおすすめのグレードなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする