新型ヤリスクロスZグレードとGグレードの内装を比較【高級感に大きな違いが…】

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”は、最上位モデルの”Zグレード”に勝るとも劣らない機能&装備を備えています。

ただ、この新型モデルのZグレードとGグレードでは、車内の高級感や上質感に大きな差が…。

また、機能や装備に関してても、若干の違いがありました。

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレードと中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの内装は、どのような機能や装備に違いがあったのでしょうか?

この新型モデルの中でも特に人気が高い”Zグレード”と”Gグレード”の内装・インテリアの違いを比べてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのZグレードとGグレードの内装をチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード”と中間モデルに位置をする”Gグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

十分に満足できる機能を備えているGグレードの内装

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの内装

中間モデルに位置をするGグレードの内装・インテリアは、オーソドックスなブラックを採用。

そのため、Gグレードは、落ち着いた車内空間に…。

また、中間モデルのGグレードは、4対2対4分割方式の後部座席やフルオートエアコンなど十分な機能&装備を備えており、満足度の高いグレードになっていました。

高級感がただようZグレードの内装

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Zグレードの内装

最上位モデルに位置をする”Zグレード”は、中間モデルのGグレードとは異なりブラウンの内装色を採用しており、お洒落な雰囲気に…。

また、電動で運転席の背もたれやシート位置を調整することができるウェイパワーシートなどコンパクトSUVとは思えない機能や装備を備えているのも好印象でした。

新型ヤリスクロスのZグレードとGグレードの内装の違いとは?

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードはどちらも十分に満足できる機能や装備を備えていましたが、実際に見比べてみると、用意されている機能や使い勝手に様々な違いが…。

この新型モデルのZグレードとGグレードの内装・インテリアは、機能や装備にどのような違いがあったのでしょうか?実車画像を使って、2台のモデルの内装を比べてみたいと思います。

インテリアカラー【ZグレードとGグレードの内装の違い1】

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードの内装・インテリアの大きな違いの一つが、インテリアカラーです。

中間モデルのGグレードは、オーソドックスなブラックの内装色を採用しています。

■ブラックの内装色を採用したGグレード

そのため、この新型モデルは、シックで落ち着いた雰囲気の車内空間に…。

一方、最上位モデルモデルに位置をする”Zグレード”は、ダッシュボードやシートサイド、ドア内側パネルにダークブラウンの内装色を採用。

■ブラウンの内装色を採用したZグレード

そのおかげもあり、Zグレードは、Gグレードとは一味異なるお洒落な雰囲気に…。

また、シートのメイン部分にベージュカラーをあしらっているおかげで、中間モデルのGグレードよりも車内空間が明るく、解放感があるのも好印象でした。

メーター【ZグレードとGグレードの内装の違い2】

また、メーターのデザインも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”と中間モデル”Gグレード”の大きな違いの一つです。

中間モデルのGグレードでは、中央に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを備えた2眼式のデジタルメーターを標準装備。

■Gグレードのデジタルメーター

一方、最上位モデルの”Zグレード”は、中央に7インチサイズの液晶ディスプレイを配したオプティトロンメーターを標準装備。

■Zグレードのオプティトロンメーター

Zグレードに標準装備されているオプティトロンメーターは、Gグレードのデジタルメーターよりも先進性がありますよね。

オプティトロンメーターのような先進性が高いアイテムが用意されているのは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

イルミネーテッドエントリーシステム【ZグレードとGグレードの内装の違い3】

また、フロントシートの足元やインサイドドアハンドル、フロントコンソールボックス部分を明るく照らす”イルミネーテッドエントリーシステム”も、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”と”Gグレード”の違いの一つです。

■Zグレードのイルミネーテッドエントリーシステム

なので、ZグレードとGグレードでは、夜間の車内の雰囲気が全然違いました。

サンバイザー【ZグレードとGグレードの内装の違い4】

また、細かい部分なのですが、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードでは、眩しい時に使用をするサンバイザーにも違いがありました。

中間モデルのGグレード/Zグレードどちらも、ミラー付きのサンバイザーを備えているのですが、最上位モデルのZグレードのみ照明付きに…。

■Gグレードのサンバイザー

■Zグレードのサンバイザー

女性にとっては、照明付きのサンバイザーが備わっている最上位モデルのZグレードの方が適しているかもしれませんね。

シート【ZグレードとGグレードの内装の違い5】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”と中間モデル”Gグレード”の大きな違いの一つが、シートのデザイン&素材です。

中間モデルの”Gグレード”は、ファブリック素材のブラックシートを採用していたのに対し、最上位モデルの”Zグレード”は、シートサイドにブラウンの合成レザーをあしらったコンビシートを標準装備。

■Gグレードのシート

■Zグレードのシート

そのおかげもあり、中間モデルのGグレードよりも最上位モデルのZグレードの方が高級感&上質感のあるデザインになっていました。

運転席の機能【ZグレードとGグレードの内装の違い6】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードでは、運転席に備わっている機能&装備も異なります。

中間モデルの”Gグレード”では、手動でシートの位置や高さを調節するようになっていましたが、最上位モデルの”Zグレード”では、自動でシート位置や高さを調節することができる6ウェイパワーシートを標準装備。

コンパクトSUVで6ウェイパワーシートを備えているのは、ちょっと珍しいですよね。

このように便利な機能&装備が備えているのも、最上位モデル”Zグレード”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートヒーター【ZグレードとGグレードの内装の違い7】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”と中間モデルの”Gグレード”では、快適装備も異なります。

この新型モデルでは、最上位モデルの”Zグレード”のみ真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターを標準装備。

■Zグレードのシートヒーター

一方、中間モデルの”Gグレード”では、シートヒーターはメーカーオプション設定に…。

エアコン/ヒーターや電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドなどなど基本的なアイテム&装備に関しては、GグレードとZグレードどちらもしっかりと備わっています。

ただ、シートヒーターのような快適性を高めるアイテムや装備に関しては、GグレードとZグレードで大きな差があるのでご注意くださいね。

後部座席まわりの装備【ZグレードとGグレードの内装の違い8】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”と中間モデルの”Gグレード”では、後部座席まわりの装備が異なります。

その一つが、シートバックポケットです。

この新型モデルでは、雑誌やタブレット端末を収納する時に重宝をするシートバックポケットが備わっているのは、最上位モデルのZグレードのみです。

■Zグレードのシートバックポケット

また、アシストグリップを備えているのも、最上位モデルのZグレードのみです。

■Zグレードのアシストグリップ

■Gグレードの天井

アシストハンドルを使う機会はそれほど多くないですが、備わっていないと安っぽく感じてしまいます。

このように新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードでは、後部座席まわりの装備&アイテムに違いがあるので、ご注意くださいね。

アクセサリーソケット【ZグレードとGグレードの内装の違い9】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードを見比べてみて気づいたのですが、この2台のモデルは、アクセサリーソケットの数も異なりました。

中間モデルのGグレードは、センターコンソールの最前部にあるトレー部分のみにアクセサリーソケットが用意されていました。

■センターコンソール前方のアクセサリーソケット

一方、最上位モデルの”Zグレード”では、センターコンソールトレイに加えて、荷室・ラゲッジスペースにもアクセサリーソケットを用意。

■荷室のアクセサリーソケット

車中泊やキャンプに行く方は、荷室・ラゲッジスペースにもアクセサリーソケットが用意されている最上位モデルの”Zグレード”の方が良いかもしれませんね。

まとめ:快適装備&機能に差がある新型ヤリスクロスのZグレードとGグレードの内装

2020年8月にデビューを新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード”と中間モデルに位置をする”Gグレード”の内装の装備やアイテムを比較してみたところ、このような違いがありました。

■GグレードとZグレードの内装

・インテリアカラー
・メーター
・イルミネーテッドエントリーシステム
・シートのデザイン&素材
・サンバイザー
・運転席6ウェイパワーシート
・シートヒーター
・後部座席のシートバックポケット&アシストグリップ
・アクセサリーソケット

中間モデルのGグレードでも十分に満足できる機能&装備を備えています。

ただ、シートヒーターやオプティトロンメーターなどのワンランク上の機能や装備が欲しい方は、最上位モデルの”Zグレード”の方が良いかもしれませんね。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード”と中間モデルの”Gグレード”の乗り出し価格差は、思ったよりも小さいです。

これくらいの価格差なら、中間モデルの”Gグレード”よりも最上位モデルの”Zグレード”の方がお得感があるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02