ココが凄い!新型ノートe-POWERの内装のデザインや魅力、欠点を徹底解説

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目ポイントの一つが、スタイリッシュなデザインに生まれ変わった内装・インテリアです。

また、この新型モデルの内装・インテリアには、競合車・ライバル車にはない魅力やメリットが…。

そんな新型モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの内装・インテリアの注目ポイントは、どこなのでしょうか?

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアのデザインや特徴、欠点をまとめてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの内装のデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERの内装

(引用:日産公式ホームページ

ブラック基調のオシャレな車内空間になっているこの新型モデルですが、内装・インテリアは、次のような特徴がありました。

コンパクトカーとは思えないスタイリッシュなダッシュボード

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、ダッシュボード(インパネ)です。

■新型ノートe-POWERのダッシュボード

この新型モデルでは、メーターとセンターディスプレイ(ナビ)を一体化したスタイリッシュなデザインのダッシュボードを採用。

また、タイプCのUSBポートやワイヤレス充電など、先進性のアイテムをオプションで装着することができるのも、今回デビューを果たした新型モデルの特徴の一つでした。

収納力&使い勝手に優れる大型センターコンソール

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアの特徴的なアイテム&装備の一つが、センターコンソールです。

競合車・ライバル車の中には、簡易的なセンターコンソールしか備わっていないクルマもあるなか、今回デビューを果たした新型モデルでは、大型のセンターコンソールを全グレードに標準装備。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール

この新型モデルのセンターコンソールには、アームレストも備わっており、長時間ドライブでも快適に運転をすることができます。

また、この新型モデルのセンターコンソールは、上下2段になっており、下段は大きな収納スペースになっているのも好印象でした。

ファブリックシートを全グレードに標準装備

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、グレードによって若干デザインは異なりますが、ファブリックシートを全グレード標準装備しています。

■新型ノートe-POWERのファブリックシート
グレード:Xグレード

なので、見た目の高級感や上質感は、競合車よりも少し劣ります。

ただ、この新型モデルのフロントシートには、背もたれが”く”の字状に中折れしている”スパイナルシート”を採用しており、背中全体を優しく包み込んでくれているかのような座り心地になっているのは、好印象でした。

新型ノートe-POWERの内装の魅力とは?

このようにスタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアですが、実際に車内を確認してみると、競合車・ライバル車にはない魅力がたくさんありました。

そんな新型モデルの内装・インテリアの魅力やメリットを包み隠さずお話したいと思います。

機能&装備が充実

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアの魅力の一つは、機能や装備が充実していることです。

例えば、メーター。

この新型モデルでは、スタイリッシュなデザインをした液晶デジタルメーターを全グレードに標準装備しています。

■新型ノートe-POWERのメーター

また、コンパクトカーでは珍しい車内Wi-fiも用意しているのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つです。(※車内Wi-fiは別途使用料が掛かります。)

長距離ドライブをする際など、通信料を気にすることなく車内でYouTubeや動画配信サービスなどを思う存分楽しむことができる車内Wi-fiを用意しているのも、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

広々とした後部座席

また、コンパクトカーの中でトップクラスの広さを誇る後部座席を備えているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つです。

実はこの新型モデルは、先代モデルよりも全長が55mmほど小さくなったおかげで、後部座席まわりの足元空間も少し狭くなってしまったんですよね。

しかし、それでもなお、この新型モデルは、コンパクトカーの中でトップクラスの足元空間(ニークリアランス)の広さとなっており、大人でも快適に過ごすことができます。

■新型ノートe-POWERの後部座席の足元空間

また、この新型モデルの最上位グレード”Xグレード”では、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能を備えているのも、競合車・ライバル車にはない魅力の一つですよ。

充実した安全装備

また、充実した安全装備も、競合車・ライバル車なはない新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つです。

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)など、競合車・ライバル車よりも少し性能が劣るものもあります。

ただ、余裕をもって回避行動ができるように2台前の車両の動きを検知する”インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)”など、競合車・ライバル車には用意されていない安全装備を搭載。

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、メーカーオプションで”インテリジェントルームミラー”や”アラウンドビューモニター”を装着できるようになっています。

■新型ノートe-POWERのインテリジェントルームミラー

■新型ノートe-POWERのアラウンドビューモニター

この新型モデルは、”インテリジェントルームミラー”や”アラウンドビューモニター”のおかげで、クルマの周囲が確認しやすく、安心して運転ができるようになっていました。

新型ノートe-POWERの内装欠点&デメリットとは?

このように競合車・ライバル車にはない魅力やメリットがある新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、ちょっと残念だったところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?私がこの新型モデルの内装・インテリアを観て残念に感じたところを、包み隠さずお話したいと思います。

競合車よりも劣る車内の質感

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアを見て気になったことの一つが、車内の高級感&上質感です。

競合車・ライバル車の上位モデルでは、合成レザーをシートサイドにあしらったコンビシートを採用しているのですが、この新型モデルでは、最上位グレードの”Xグレード”でも、シンプルなファブリックシートが標準装備となっています。

■新型ノートe-POWERのシート

また、ハンドル・ステアリングホイールも本革巻きではなく、ウレタン製が標準仕様となっています。

■新型ノートe-POWERのハンドル

そのため、この新型モデルの内装・インテリアは、少しチープさが…。

このように競合車・ライバル車よりも車内の質感で劣るのが、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアの気になるところでした。

気軽にオプション装着することができない

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、様々なメーカーオプションを用意しているのですが、オプション価格が高く、気軽に装着することができないのも、欠点&デメリットの一つです。

と言うも、この新型モデルのオプションはすべて、他のアイテムとセットになったパッケージオプションとして用意されているんですよね。

例えば、高級感のある車内空間にアップグレードすることができる本革シートは、LEDヘッドライトやアルミホイールなどとセットで、33万5500円(税込み)となっています。

■新型ノートe-POWERの本革シート

また、真冬の寒い時に重宝をするシートヒーター(前席ヒーター付きシート)は、寒冷地仕様として用意されていおり、オプション代は、7万3700円(税込み)となっています。

■新型ノートe-POWERのシートヒーター

パッケージに含まれている機能や装備を確認すると、このくらいのオプション価格になってしまうのは、仕方ないと思うのですが、このオプション価格だけを見ると、少し高く感じてしまいますよね。

このようにメーカーオプション価格が高く、気軽にオプションを装着することができないのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の気になるところでした。

まとめ:コンパクトカーとは思えない内装に生まれ変わった新型ノートe-POWER

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、このような魅力やメリットを備えていました。

■新型ノートe-POWERの内装のまとめ

・コンパクトカーとは思えない洗練されたデザイン
・使い勝手&収納力に優れたセンターコンソール
・充実した機能&装備
・最新の安全装備を用意
・シートやハンドルの質感は競合車よりも劣る

今回デビューを果たした新型モデルは、コンパクトカーとは思えないスタイリッシュなデザインの内装・インテリアに…。

ただ、この新型モデルは、オプション価格が高く、欲しいアイテムをどんどん装着すると、思った以上の乗り出し価格になるのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02