新型カローラスポーツの助手席は快適!?【足元の広さを計測してみた】

2018年6月、シャープ&ダイナミックなスタイリングに生まれ変わったスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、”スポーツシート”と”スポーティーシート”と言う設計の異なる2つのタイプの運転席を用意。ドライバーが「乗って楽しい。」「運転して楽しい。」と感じられるクルマに仕上がっていました。

>>> カローラスポーツの運転席の魅力とは?【座り心地&快適性を実車画像で徹底解剖】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、運転席の隣にある助手席の座り心地や快適性は、どうだったのでしょうか?足元空間(ニークリアランス)は広々としていたのでしょか?

今回新発売された新型モデルの助手席の快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。また、助手席の足元空間(ニークリアランス)の広さを測ってきたので、公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの助手席の快適性レビュー

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の助手席は、このようなデザインになっています。

■GZグレードの助手席

■Gグレード/GXグレードの助手席

また、メーカーオプション設定になっている”レッドの本革仕様”と”サドルタン仕様”の助手席は、このようなデザインになっています。

■レッド本革仕様の助手席

■サドルタン本革仕様の助手席

今回新発売された新型モデルの助手席は、運転席と同じデザインになっており、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、スポーツシートを採用。

一方、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”と最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、スポーティーシートを助手席に採用。助手席も運転席と同様にホールド感の高い座り心地になっていました。

足元空間(ニークリアランス)も予想以上に広々

今回新発売された新型モデルは、スバルの新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)やホンダのシビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)などの競合車・ライバル車と比較すると、ボディサイズが短くなっています。

なので、助手席の足元空間(ニークリアランス)の広さや居住空間に、多少影響があると思っていました。

しかし、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の足元空間(ニークリアランス)の広さに…。

後部座席に大人が座れるだけの広さを確保した時の助手席の足元空間(ニークリアランス)は、このようになっています。

■新型カローラスポーツの助手席の足元空間の広さ

この状態の時のダッシュボードから助手席の広さを確認してみると、約280mmの広さに…。

ちなみに、実際に身長175cmの私がこの新型モデルの助手席に座ってみると、このような感じになります。

グローブボックスを開閉する際は少し窮屈な思いをしますが、普通に座る分には十分な広さを確保。

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のダッシュボード(インパネ)は薄型のデザインになっており、足の自由度が高くなっています。なので、足を伸ばして座る事も可能です。

このように予想以上に広い足元空間(ニークリアランス)を確保していたのは、この新型モデルの良い意味で期待を裏切られた事の一つでした。

新型カローラスポーツの助手席は、機能や装備も十分

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、助手席にも十分に満足できるレベルの機能や装備を用意していました。

例えば、エアコン&ヒーター。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”以上のグレードでは、運転席と助手席で別々に温度を調節できる左右独立式のオートエアコンを標準装備しています。

■新型カローラスポーツの左右独立式のオートエアコン

また、メーカーオプションとなっているのですが、助手席にも2段階で温度を調整する事ができるシートヒーターも装着する事ができます。

やはりシートヒーターが装着されているのとされていないのでは、真冬のドライブ時の快適性が大きく異なりますよね。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、シートヒーターのみのオプションの用意がなく、レッドの本革シートとセットとなっています。

正直に言って、このGZグレード専用のオプションの”レッドの本革シート”は、オプション価格が高めになっているので、ご注意を…。

>>> レッド本革シートの価格はいくら?【新型カローラスポーツGZ専用オプション】

新型カローラスポーツの助手席の欠点:リクライニング幅は十分だけど…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の助手席には、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能が用意されています。

実際にこの新型モデルの助手席の背もたれを一番後ろまでリクライニングしてみると、このような感じに…。

■新型カローラスポーツの後部座席をリクライニングした時の様子

スポーツシート/スポーティーシート問わず今回新発売された新型モデルの助手席は、水平(180度)ちかくまで、リクライニングする事が可能です。なので、ちょっと仮眠を取りたい時などにも便利です。

ただ、この新型モデルの助手席をリクライニングし過ぎると、元々あまり広く無い後部座席の足元空間(ニークリアランス)がさらに狭くなる言うデメリットも…。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

なので、後部座席に座っている人がいる際は、リクライニングできる角度が制限されてしまいます。

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の前後間の距離(前席と後席の距離)が短さは、助手席をリクライニングする際にも気になるところでした。

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の助手席は、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、運転席と全くシート設計になっているため、ホールド感の高い座り心地に…。また、足元空間(ニークリアランス)も広めにとっているため、とても快適に過ごす事ができました。

なので、お子さんがいないご夫婦やお子さんが独立したご家庭など、家族二人でクルマを使用する機会が多い方には、ピッタリなクルマなのかなと思いました。

>>> 新型カローラスポーツのおすすめはGグレード!普段使いに最適な理由とは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする